GuitarRoom&MusicWorld 

ギターと音楽のお気楽日記

FGN テレキャス

昨日の夕方に到着したFGNのテレキャスについて、取りあえずの感想を書きます。
今日はギターが弾きたくて残業はキャンセル・・・テレキャス弾きまくりました。

昨年の暮れあたりからカッティングの練習がしたくて、ギター選びをしていました。。。
候補はストラトかテレキャスでしたね。レスポールでもそれなりに弾けはしますが、やたらとフェンダー系のギターが弾きたくて仕方がなくなってしまいました。まぁ私の性格の物欲も大きく影響しています(笑)。

買うギターは最初からFGNと決めていました。サークルフレットのコードの響きが素晴らしいのと前回のレスポールそしてSGの出来が完璧でしたから。
テレキャスにした理由は単純な理由です。ストラトは現役時代に弾きすぎたのとハーフトーンの音が今はあまり好きではないからです。

迷ったのはネックをローズネックにするかメイプルネックにするかでした。メイプルネックは中学生の時のフェルナンデスのストラト以来でしたから・・・(←何年前だ)。
そんな訳でずっとローズネックばかりでしたが、今回は思い切ってメイプルネックにしました。
メイプルネックなら当然色はナチュラルしか考えませんでした。キースリチャーズのイメージがありますが、個人的には木目のボディーがメイプルネックに合うと思います。

FGNの担当の方にはメールで、とにかくボディーの色の濃いのを選んでほしいと伝えました。全く持ってわがままなユーザーですよね。前回のレスポールの時もローズ指版の色の濃いのを選んで下さいと伝えたら、快く対応して頂きました。
今回も担当の方は本当に親切で、メールで画像まで送ってくれました・・・メーカーの良心だと思いますね。この場をお借りして担当の方にはお礼申し上げます。

届いたギターは相変わらず完璧に調整されていました。私がしたのは5弦6弦を少しだけ下げた事とオクターブ調整だけです。
よくありがちな楽器店にあるギターで全く調整のなっていないギターとは全然違います。さすがのメーカーだと思いますね。

現役時代にもテレキャスは使っていましたシェクターのこれです。ツーハムのテレキャスでしたので、シングルコイルのテレキャスは人生初です。

ずっとギブソンスケールのギターばかり弾いていたので、スケールが少し違うので慣れませんでしたが30分も弾いたら違和感なく弾けるようになりました。
ネックに関してはナット幅がギブソン系より少し広めですが、私の好みのナット幅で凄く弾きやすいです。あとはチョーキングがしやすくてビックリしました。練習不足の私がチョーキングが上手くて驚きました。ネックの形状が良いのかなと思います。
フェンダー系のネックは何とかシェイプとか色々あるみたいですが、私は良く分かりません。弾きやすいので満足しています。
メイプルネックも全く気になりませんでした、違和感は全然感じませんでした。メイプルネックのおかげなのか、音の立ち上がりが早く感じます。そこまではさすがにメイプルネック慣れしていなかったので、嬉しい誤算ですね。

フレットも思っていたのと違っていて高さも適度にあるし幅も広いですね・・・昨今はジャンボフレットばかり人気がありますが、このギターのフレット凄く弾きやすいです。エッジの処理ももちろんしっかりしています。フレットは適度な高さと幅がある方が私は好きですね。フレーズに表情がつけやすいのが理由です。極端なジャンボフレットは苦手です。あの手はメタル系の速弾きには向いていると思います・・・強く押さえなくても音が出ますから。
ネックの話に戻りますが、昔のUSA製のF社のギターなんかは6弦がハイフレットで落ちそうになっているギターもありました。FGNのテレキャス・・・ネック関係の出来は完璧です。
正直なところ私が今まで数多く弾いて来たギターの中でも相当にいいネックだと断言できます。

まだアンプを通して弾いていませんが、生鳴りはかなり良いです。私は昔からギターを選ぶ時には生鳴りを何より重要視していました。(フロイトローズ付のギターは別です・・・その分EMGを搭載して何とかしていました)
生で鳴るギターは確実にアンプで鳴らしてもいい音が出るからです。

ピックアップはFGN製ですが交換する気は全くありません・・・世間的にはダンカン等の有名ブランドのピックアップを使いたがりますが、私はアンプの方が重要だと思いますしギターの音はアンプ込みな訳ですから。それにピッキングとか左手のタッチでいくらでもいい音は出ます。
どんなに良いピックアップを使ってもピッキングの悪いギタリストは絶対に良い音はしません。そんなギタリストを数多く見てきました。なので私はFGN製のピックアップで十分だと考えています。どんな音を求めているのかで初めてピックアップを選択するべきです。

ギター本体もそうです・・・USA製の素晴らしい値段のギターは確かに作りは良いです(ほとんど値段は木材の値段です)。
だからと云ってそのギター本来の良い音を何人が出せるでしょうか?サンタナの素晴らしいトーンはPRSを使っているだけではないのです・・・ブギーとダンプルを同時に鳴らしてあの音が出るのです。ベックもライブ映像を見る限りフェンダーのアンプを何台か同時に鳴らしています。なのでギターの音はアンプ込みだと考えて下さい。

カッティングの練習がしたくて買ったギターですが、メインでも使いたいくらい良いギターですね。値段を考えたら驚くばかりです。
次のギターもFGNで狙っているのがあるので・・・へそくりが貯まったら買います。

年齢的な衰えと練習を相当さぼっていたので、かなりキツイ練習しないとヤバイです。年齢は取りましたがリズム感に関しては聴く耳は衰えていないので、自分の弾くカッティングが情けなくて困り果てています。
せっかくいいギターが手元に来たので、モチベーションを上げて練習するしかないです。

いつになったらYouTubeにアップ出来るか見当もつかない状態ですが、練習するしかないですね。
とにかくFGNのテレキャスはお勧めできます。次のギターもFGNを買う予定でいますが・・・まずは自分の腕を何とかしないとです。
本格的に使っての感想はまたの機会に記事にします。

弦の事ですがいつも使っているエリクサーはサウンド的には恐らくですが合わないかなと思うので、アマゾンでダダリオを注文しました。ケージは0.10です。レスポールは全て0.11ですが、テレキャスには絶対にダダリオが合うと思います。届いたギターにはダダリオの0.10が張ってありました・・・いい音してます。

余談ですが飼い猫のhanaが臭い付けをしたがって追い払うのが大変です。かみさんも私が相談せず勝手に買ったので少し機嫌がよろしくないみたいです。その二点が今回の買い物の困っている事です(笑)。

画像はヘッドの画像です・・・FGNのロゴがなんとも似合っていてお気に入りです。

KIMG0051.jpg


  1. 2018/01/24(水) 20:57:41|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TOTOのベスト・テイク

この大雪で明日の仕事はお休みするので、夜中Hanaと遊びながらブログを書いています。

この曲大好きです。アルバム”ターンバック”はTOTOの中では一番好きですね。特にこの曲は最高に好きです。
リアルタイムでアルバムを買ってすぐにコピーした曲ですね。
ルカサーのイントロのリフもカッコいいけど・・・ポーカロのドラム最高です。まずチューニングが良いですよね。当時のLAサウンドはこの音じゃないと駄目ですね。
ドラムを聴くだけでも鳥肌モンですね。本当に凄いですね。ポーカロ得意のTOTOシャッフルではない8ビートがいいですね。

この曲には個人的にエピソードがあって、京都の明治座で中条きよしさんのお芝居と歌のセット公演が一週間あって東京からギターとアンプをかついで演奏しに行きました。ビックバンドは大阪のバンドでした。こんな事言っては失礼ですが・・・東京のビックバンドより演奏のレベルはちょっと低かったですね。

大阪弁の中で確か20才くらいの私一人が東京からギターで参加したわけですね。大阪のバンドの人は通いで来ていたので、公演の間は一人でホテル住まいでしたね。
明治座から歩ける確かロイヤルホテルでしたね。中々の対応でしたね・・・まぁ一人だけ東京からギター弾きに京都まで行ったんですから・・・それくらいは良しとしましょう。
初見で演奏でしたが、中条さんのヒット曲”嘘”のイントロのギターソロ凄く弾きにくかったです。最後まで馴染めませんでした。

一日二回公演だったので、大阪のバンドの人とは中々仲良くなれなくてステージの合間に一人でコピーしたてのこの曲を弾いていたら、ドラマーがやって来て黙って一緒に付き合ってくれました。2回演奏が終わってお互いに初めて話したらドラマーは気さくで明るい若者でしたね。メチャメチャ上手かったので名刺交換しました。
名刺には菅沼幸三と書かれていました・・・今は超一流の手数王として有名な彼です。その後彼は東京に出て来て超一流のドラマーになってしまいましたね。
一曲だけですが彼と二人でこの曲を演奏したのは鮮明に覚えています。やっぱりみんな当時は流行りの曲は取り敢えずコピーしていたんですね。

ドリカムのバックの女性ドラマーがとてつもなく上手いので、調べたら彼の娘さんでした。それも驚きでした。
私の友人のドラマー松永君の息子さんも、すでにプロデビューしていて相当上手いですね・・・明日斗君です。
我が家の一人息子も中学の時にベースを弾いていたのですが、私が厳しく教えすぎてしまい辞めてしまいました・・・(涙)。

とにかくドラムのカッコいいこの曲・・・今でも好きで聴いています。


  1. 2018/01/23(火) 03:29:05|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テレキャス注文しました

今日衝動的にテレキャスが欲しくなって注文してしまいました。
本当はストラトでもよかったんですが・・・シンプルイズベストなテレキャスが今の自分の気分に合ってしまいました。
勿論フジゲンのテレキャスです。サークル・フレットに慣れると他の選択肢はありませんでしたね。コードを弾くと本当に響きがいいので。。。
メイプルネックのギターは中学生の時のフェルナンデスのストラト以来2本目ですね。

カッティングの練習をしたくて買った感じですね。昔持っていたカスタムメイドのテレキャス以来2本目のテレキャスターです。
到着を心待ちにしています。このテレキャスが来る予定です。

NTL
  1. 2018/01/22(月) 22:18:09|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スローバラードの弾き方

毎度毎度の石川ひとみさんのライブ映像です。
歌伴でスローバラードは正直大変です・・・今回の動画はその大変さが伝わるかと思って記事にします。
ツインギターのバランスも良く聴いてみて下さい。私ともう一人のアレンジャー兼ギタリストの山田直樹さんはお互いのバランスを考えて、音色やなるべくかぶらない様に暗黙の了解が出来ていました。

まずは山田直樹さんのギターソロ・・・ファンの間では有名でしたね。歌心・フレージング・音の太さはほぼ完璧でしね。途中少しだけディストーンがありますが、そこはさすがのテクニックで上手く乗り切っています。
一度リハで私が代わりにソロを弾いたら全然ダメでしたね。この曲のソロは本当に難しいです。

結果としては私は極力クリーンな音でアルペジオを中心に弾いています。クリーントーンは全て私ですね。
途中ドラムはハイハットの刻みを止めますが・・・そんな時ギターのアルペジオでのリズムキープが重要なのです。ですから自分の中でしっかりとしたキープが出来ないとこの手の曲は弾けません。この演奏は二人のギターが上手く絡み合っていると思います。



2:07後のブレイクを聴いてみて下さい。バラードでこの合わせは完璧だと思います。全員の呼吸がピッタリですし音符の切れも問題ないです。これがバラード系では、曲にメリハリをつける重要な部分なのです。
後はバラードに限りませんが・・・特にバラードではフォルテとピアニシモは特に意識しなくてはなりません。

歌を引き立てるのがバックで演奏するバンドの最大の課題ですから・・・歌う側に気分良く歌ってもらうのが一番だと考えて下さい。
バラードではミストーンは本当に目立ちます・・・この動画の演奏では誰もミスはありませんでした。

スローだから楽ではないのです・・・演奏はテンポが遅くなれば更に難しくなりますから。
山田直樹さんのギター・・・素晴らしいのでそこも聴いてみて下さい。

エンディングのバッキングのオカズはその時の雰囲気で弾いた記憶があります。曲調にあったフレースやバッキングは、ミュージシャンの腕の見せ所ですから。

ちなみに私も演奏をYouTubeにアップ出来る機材を買い揃えました。まだ人に聴いてもらえる演奏は出来ませんが、近いうちに演奏をアップしたいと思います。


  1. 2018/01/21(日) 06:33:29|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

何とか見つけました

百恵さんのバンドの時の動画は随分前にはっきり私と分かる動画があったのですが、削除されてしまいました。
何とか探して見つけたのがこの動画だけです・・・途中バンドが映りますが、向かって右手でギターを弾いているのが20才になる直前の私です。アコギを弾いているのが私の先輩ギタリストです。

この時のホリプロのイベントはハッキリと覚えていますね・・・売れる前のツービートが司会進行をやっていましたから。
一瞬だけ見えますが確実に私ですね。
ちなみに百恵さん以外のお二方の演奏は初見でした・・・。この程度の曲なら当時は楽に初見で弾けましたね。

一度歌番組で榊原郁恵さんの曲で、イントロのフレーズとキーがとてつもなく難しかった曲がありました。あの時は参りました。
弾けはしましたが・・・ビックリでした。確か曲名は”ラブジャック・サマー”だったと思います。難しかったので記憶にあります。



3曲目・・・エンディングのコード弾き終わったらギター膝に置いています(一番年下なんだから真面目にやれ・・・!)。本当に今思うと生意気な若造でしたね・・・もう少し苦労してプロになっていれば現役生活も長かったと思いますね。
この時期はピークに忙しくて、百恵さんのバンド以外にも狩人・石野真子・柏原芳恵(ライブアルバムでは私のクレジットも載っています)そしてテレビの歌番組のレギュラーと、結構仕事していました・・・。

今は懐かしい良い思い出です。
  1. 2018/01/16(火) 23:06:13|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

What's New

Comments

Categories

Rink

このブログをリンクに追加する

Sarch

Archive

TrackBack

RSS Feed

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる