ギタリストとリズム・PartⅡ

ギタリストにとって個人的なリズムの訓練は当然必要な事な訳で、前提として当たり前なので個人的な練習は個々のギタリストが自分なりの方法を見つけて行うのが一番かと思います。

ガットの様に単純なリズムのキックとスネアのバランスだけを延々と行うドラマーも数々いると聞きました。ギターに置き換えればピッキングのアップ時のバランスやキープに近いんでしょうか・・・?

次にリズム的な課題はアンサンブル上での表現になってきます。
参考までに半年程まえに私が弾いた ボーカリスト のライブ映像を載せることにしました。

1曲目はジャズではスタンダードな“サテン・ドール”です。リズムを4ビートでは無くシャッフルに代えてコードも随分と代えてあるアレンジがされています。



この時はドラム&ベースは比較的シンプルなビートをキープしていて、シャッフル感みたいなものをギターで出そうとしたんです。
必要だったのはバッキングの雰囲気で、ブルースみたいなジャカジャカしたバッキングでは雰囲気が合わないので肝心な部分だけを弾いてシャッフル感を出すように気を使いました。

当然グルーブさせる最大の部分はギターソロだった訳です。
チョット突込み気味で弾いています。前ノリのベースに合うように弾かないと全体のグルーブがまったりとしちゃうので、緊張感を出す意味でも突込み気味に弾きました。
最後のオクターブで弾く部分はアドリブの〆なのでここは逆にどちらかと言えば引張り気味に弾いています。
ここを引張る事で盛り上がり感・・・みたいな物が表現出来たと思います。

次の曲はこれ又スタンダードな曲の“テンダリー”です。
これは完全にスローの16物にアレンジされています。コードも練りに練ったコードになっていて、とても弾き難かった事を思い出します。



この曲のイントロではギターのアルペジオだけで全体を引張っています。勿論ベースとの呼吸は合わせています。
この手のテンポの16は昔からかなり演っていたので基本的に苦手ではありません。
アルペジオ・・・と言っても弾き続けるアルペジオでは無く、やはり要所を弾くのがベストだったと思いましたの1拍目に重要度を置いて弾いています。
1拍目の16の分散で回りにキープすべきリズムを伝えられるように弾きました。

曲中の複音のオブリガードはニューミュージック系では常套句とも言われるフレーズを使いました。
ここでも重要な事はリズムに対してのノリな訳です。
突っ込んでは絶対にいけないし、モタるのも最悪だし、ジャズトだと硬くなっちゃうのでここはジャストより少しだけ遅らせる弾き方がいいと思います。

曲を通してドラムもベースもシンプル極まりないパターンを刻んでいるので、ギターとしてはとにかく16の雰囲気を如何にして出すか・・・に拘りました。

問題はソロな訳です。
まったり弾いちゃうとダラ~ンとした演奏に聞こえてしまうし、弾きまくっても全体の雰囲気に合わないので随分悩みました。
前半は邪道ですが、軽くチョーキングを交えてシンプルにグルーブさせる方法にしました。
後半に早弾きを持って来ましたが、抑揚のあるフレーズでリズムに少しでも変化・・・と言うか味付けを付けるつもりで弾きました。

ソロ終わりの下降フレーズは完全に仕込みです。
ここで全体のリズムをギターが引張って歌に持って行く訳で、ここでのフレーズによるリズム出しはギタリストには重要なポイントになると思います。

こんな訳でギタリストは色々な場面でリズムを要求される訳です。
経験する中で自分で模索しながらリズムに対してどうアプローチするかはそれぞれの判断・・・としか言えません。

音楽業界では有名なエピソードで、私の尊敬するドラマー山〇秀夫さんは25年以上前に日本を代表するジャズギタリストY・Kさんと共演した際に、「あんなにリズムの悪いギターとは一緒に演れない!」と激怒してそのバンドを降りてしまいました。

お2人共未だにギター・ドラムでは日本のトップクラスで活躍されていますが、それ以降一切一緒に演奏している姿を見た事はありません。

そんな訳でギタリストのリズムって独りよがりなリズムでは無く、いかにしてアンサンブル上でリズムを表現するかを訓練する事が大切なんだと思います。


スポンサーサイト

コメント

すばらしいです!

リズムについての話をここまで丁寧に、そしてすばらしいギター演奏にて教えてくださっている事に感激しました。

リズム感の大切さを改めて思い知らされました。
これからの自分のギター演奏の教訓とさせていただきます。


landyさん。

コメントありがとうございます。

リズムって文章で伝えるのって凄く難しいと思ったので、自分の演奏で手前味噌になってしまいますが、自分がどういった気持ちでリズムを捉えているかは自分の演奏が一番だと思ったのでこういう形になりました。

どんなギタリストも現場ではこれでもか・・・ってくらいリズムを強調した演奏をしていると思います。
私が見て来たギタリストは例外なくそうでした。

比較的コメントの少ないブログにコメントを頂いて私の方こそ感謝しています。

No title

テンダリーのリズム、いいですねぇ。
通常は、バラッドの4ビートですが、こういうアレンジ好きです。

まやじさん。

コメントありがとうございます。

レコーディングのままの譜面で演らせてもらったので、とてもいいアレンジでした。
リズムだけではなくて、コードも凝っていて私個人には少々手強い曲でした。

いい曲ですね♪

また、また文章、飛ばして動画だけ見てしまいました(;^_^A
LesPaul-L5さんのギターも素敵ですね。。。
素敵な歌声に素敵なギターでお客様も感激でしょうね
早く、奥様との一緒でのライブ演奏、出来るといいですね

シフォンさん。

文章を飛ばされちゃうと映像の意味が3分の1くらいになちゃうので、よかったら文章も読んでみて下さい(笑)

猫アレルギーを克服して夏休みには又お会いしたいです。

No title

テンダリーのギターソロ
かっけーーーーーーーーですね

いやーーーー昼間から良い気分になりました
cool

クラフトマンさん

お褒めのコメントありがとうございます。。。

2年ほど前の演奏ですがあと5歳若かったら
もう少々勢いのあるギター弾けたんですが・・・。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO