私のバッキングワークやコード解釈など・・・。

現役時代は99%ボーカリストのバックで多種多様なジャンルの音楽を演奏して来ました。

ボーカルのバックで一番目立つのは、やはりギターソロなんですが・・・。
しかし、歌があってのソロなんですよね。

したがって、曲中の大半はバッキングワークが殆どな事の方が多いい訳でバッキングには随分こだわって研究しました。

歌中のバッキングといっても・・・・
>コードのカッティング
>アルペジオ
>単音のカッテイング
>ミュートした単音
>2~3音でのスラーやダブルストップ
>白玉で流したり
>オブリを挟んだリフっぽいバッキング
その他にもかなりのバリエーションが書ききれない程沢山あります。

大体がツインキーボードでやる事が多かったのでギターがガンガン5~6音でリズム刻んじゃうとアンサンブル的にはNGでした。
そんな時ギタリストは割と1・2・3弦でコード感を出せる音を選んで刻んでいました。

もう一つ大事な事は、歌メロにぶつからない音を選ぶ事は勿論ですが、鍵盤ともぶつからない音を選択する事です。

私が良く研究したのは、“ニール・ラーセン”と“バジー・フェイトン”のコンビの演奏でした。
のちに2人はバンドでやるのですが、随分参考になりました。
アンサンブルの中でいかにバランスの良い音を選ぶとサウンドが際立って良くなります。

基本的にはギターと鍵盤がトップノートを合わせると音抜けが良くなりますよね。

余談ですが“バジー・フェイトン”の一番好きなプレイはスティービー・ワンダーの“スパー・ウーマン”ですね。シンプルなプレイですがツボを押さえた素晴らしいバッキングワークをしています。

これも余談ですが、若き日のカールトンとデビット・Tのバッキングが抜群な“マリーナ・ショウ”のアルバムもかなり勉強になりました。
噂では、デビット・Tのパートは歌入れ後に録音したらしいです。なるほどな・・・と思います。

バッキングでは音色の選び方以上にコードに対して何の音を選ぶかがギタリストの生命線でした。テンションを使うか使わないか、何番目にテンションの音を入れるか・・・色々です。

開放を使ったオープンコードも随分研究しました。

例えば循環進行の典型的なA→A7→D→Dm を変化させて・・・
Amai7→A7onG→Dmaj7onF#→Dm7onF にします。
低音を半音進行に変えて9thのテンションと開放を使うと素晴らしく拡がりのあるサウンドが得られます。

最初のコードは・・4弦7f/3弦6f/2弦開放/1弦開放
次のコードは・・・4弦5f/ ↑ 同上
次のコードが・・・4弦4f/弦2f/2弦3f/1弦開放
最後のコードは・・4弦3f/ ↑ 同上
この後Bm7onE にでも行けばアルペシオでもコードを流してもいい感じのサウンドになる筈です。

歌伴の仕事では当たり前の押さえ方のコードでは仕事にならない事が多々あります。
自分で常にボイシングを工夫して演奏していました。

オープンコードを上手く使ったのはクリストファー・クロスのニューヨークシティ・セレナーデがいい例でした。
弾いていたのはルカサーでしたが、音色、音の選択、歌とのタイミング、どれを取っても完璧でした。

その後は、マイケル・ランドウなども数々の歌伴で素晴らしい音使いでバッキングしていましたよね。
彼のコードワークは完璧だと思います。ギターが出せる響きを研究しまくったんでしょうね。

エリック・ジョンソンも似た感じのコードワークですが、歌伴をやらないので一度歌のバックで弾く彼のギターは是非聴いてみたいですね。

そんな訳でコードに対しての音の積み方や響きや流れには随分気を配って仕事してました。
当然、リズムにもシビアに対応する事が最低の条件としてあります。

アンディー・サマーズも“ポリス”の有名な曲で延々と3度抜きのコードでアルペジオを弾いていましたし、坂本龍一さんも3度抜きコードを随分使っていた時代でした。

今もジャズを弾く時には当たり前のコードより少し考えたコードを弾くようにしています。
昔からのクセで m7-5の時に-5の音を一番下で弾いてしまいます、ベースがいれば成立するのですが・・・ソロだと厄介な弾き方です。

ギタリストの弾くコードはソロ以上に個性の出るモノだと考えています。
なにしろ例外を除いてギターは最大で6音しか出せないんですから・・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO