LINE6・PODの話し。

ギターを再開して“ゴダン”のギターを買って家でチマチマ弾いていたんですが、アンプを持っていなかったので慣れるにしたがって物足りなさが出て来ました。

やはりエレクトリックギターはアンプから音が出て成立する楽器なので、当然と言えば当然です。

アンプを買う事も考えたのですが、その時は人前で演奏する予定もその気もさらさら無かったのでアンプの必要性は感じませんでした。
現役当時も家でアンプを使う習慣は無かったものでチョット考えました。

昔はヘッドフォンアンプなんて物が存在していて、私も持っていました。早い話がヘッドフォンにちゃちなアンプが内蔵されていてギターに繋ぐと何となく生音よりはいい感じがした覚えがあります。

それから時代を経て、ギターの周辺機器は目覚しい進歩を遂げていました。

PODの事は雑誌で読んだりしていて知ってはいましたが、あそこまで進化している物だとは夢にも思いませんでした。

ギターを買った楽器店に相談したところ、PODのフロアタイプがあるとの事で早速試させてもらいました。

pod.jpg

私がギターを弾いていた頃にPODが存在していたら一体幾らするのか見当も付かない程の性能でした。

同じタイプのBOSSの物も試したんですが、PODにした理由は音の太さだけでした。
どちらも甲乙つけ難い性能でした。

PODで一番気に入っているのは“LINE6クリーン”と言われるクリーントーンです。
取説を読むと、JCの音にマーシャルの低音を加えた・・・とあります。
このクリーントーンは本当に絶品です。同じ音のするアンプがあればすぐにでも手に入れたいんですが、PODはヘッドフォンでモニターするので多分スピーカーを通して同じ音を作るのは大変だと思います。

一度も空気を通らずに作られた音は、スピーカーから空気を通して耳に届く音とは相当な差がある事は間違いないと思います。
アンプシュミレーターの共通の問題点だと思います。

PODは買って暫くは随分と研究して色々な音を作っては遊んでいました。
マーシャルの歪み系の音はかなり気持ち良くて、意外と気に入っていました。

ただ気に入る音ってやはり昔と変らなくて、何となく昔自分が弾いていた音に近づいて行ってしまうんですよね。
音の好みはやはり何年経っても極端に変らないんだと考えさせられました。

私の考えでは、PODはやはりそこだけで完結する物だと思います。PODからアンプに通して使うのはもの凄く無理がありました。
一度出来上がった音を更にアンプに通すのはやはり無理があるんでしょうね。
逆に、PODから直接パワーアンプに繋いで使うと少しはましだと思いますが、やはりライン専用のペダルボードと考えるのが正解なんではないでしょうか。

やはりギターはギター本体とアンプの2つがあって成立する楽器なんだと思います。

PODもやはり“ゴダン”のギターと共にアメリカに渡ってしまい私の手元にはありません。

スポンサーサイト

コメント

ピックについて

LesPaul-L5さん、こんにちは。毎回楽しく読んでいる一読者です(笑)。
ピックは3mmという厚いものを使用しているようですが、ピックの弦に対する角度はどんなものなのでしょうか?。ソロの場合で順アングル、水平、逆アングルと分けた場合、一概には言えないでしょうがどんな感じでしょうか。私は今51歳ですがハードロックが好きで昔は順アングルのみでしたが太い音は逆アングルみたいな記事が雑誌に出ると気になりニール・ショーンのピッキングに憧れています。昔、バウワウの山本恭司が極端な順アングルで弾いていたと思いますが音が細いように感じた事
があります。ピックの材質で音も変わりますがLesPaul-L5さんはどんな感じですか?

jun102さん

コメント有難うございます。

3mm厚のピックは昔は使っていませんでしたが、ギターを再開してジャズを意識して厚めのを探していたらハマッてしまいました。
音の輪郭やふくよかさは違いますね。

ピックの角度ですが逆アングルはかなり昔に練習しましたが音の立ち上がりは確かに良くなりますが、腱鞘炎になり掛けて断念しました。

比較的ピックは角度を付けています。カールトンをかなり研究して、単音を弾く時に角度を付けると音に表情が出るんですよ。あまり水平には当てていません。

ピックよりも握った指には力を入れて、手首はリラックスさせる方に意識を持って行っています。
当然肘も力を入れない様にしています。

これは昔ギタリスト4~5人が集まって皆で色々な意見を言い合って盛り上がった話題です。
手首のリラックスは音にかなりの影響が出ますよ。

サンタナとニール・ショーンは一緒にやっていた事もあって確かに独特ですね。

ありがとうございます。

LesPaul-L5さん。確かにカールトンは角度がついていますね。あのトーンの秘密はそこにあったのかもしれませんね。握った指には力を入れて、手首はリラックスさせる・・・参考になりました。また気になる事があったら質問させてください。どうもありがとうございます。

junさん

書き忘れた事があります。
早いパッセージを弾く時は、弦に対して水平に当てています。
粒立ちが揃うのと弦の移動が楽なんですよね。

70年代のロスのスタジオギタリスト“トミー・テデスコ”が言っていましたが、弦を移動する際はアップで移動した方がスムーズにピッキング出来るとの事でした。
私も練習しましたが確かに楽に弦移動が出来ます。今でも役にたっています。

ロックっぽいフレーズを弾いていた時期は普通のティアドロップ型のハードでやっていました。
弦のゲージが細かった事もありますがアタック感が出ていたと思います。
そんな時でも少しアングルを付けるとメローなトーンも出せていたと思います。

ピッキングはギタリストの永遠の課題でしょうね・・・。
ピックを捨ててしまったギタリストもいるのも現実ですし。

又コメントして下さい。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO