過去のライブ体験・TOTO編

TOTO・・・70年代にはスタジオミュージシャン達が脚光を浴び始めて、当然彼らも気の合ったミュージシャン同士でバンド活動を始めて行った時代でした。

イギリスではスタジオ活動を一切止めて、ロックバンドに専念するミュージシャンは60年代からいましたよね。クラプトンやジミー・ペイジやリッチー・ブラックモアやらビッグネームもそうだったはずです。

70年代のアメリカではイギリスとは少しばかりニュアンスが違っていました。
スタジオ活動では出来ない自分達の好きなサウンドを気の合った仲間とセッションに近いノリで始めたんではないでしょうか?
ニューヨークではその筆頭が“Stuff”でしたよね。

ロスの場合ニューヨークとは少し状況が違っていましたよね・・・どちらかと言えばビッグアーティストのバックバンドがそのままバンドとしてデビューするパターンが多かった様に思います。

リンダ・ロンシュタットのバックを努めていたバンドが70年代のアメリカンロックの最高峰と言われる“イーグルス”でしたし、その後の彼女のバンドも“RO-NIN”なんてバンドでデビューしましたからね。"マクサス"もランドーがいましたよね。
“ザ・バンド”もディランのバックを長くやっていたようですし。

TOTOもボズ・スキャッグスのレコーディングやツアーでバックを努めていたバンドです。
正確に言うとツアーでは初期の頃はTOTOプラス、ギターにレス・デューディックが加わっていましたが・・・。レス・デューディックのソロアルバムでは若かりし頃のジェフ・ポーカロが参加していました。(当時のポーカロは17~18歳だったと思います)

イギリスと違ってアメリカのセッションバンドはどのバンドもセッション活動は個々に続けていました。
アメリカ人らしい・・・と言えばそれまでですが、TOTOはあそこまでビックなバンドになるとは当初は思いませんでした。

デビューアルバムとセカンドアルバムはかなり聴き込みました。
TOTOシャッフルと我々が呼んでいた跳ねる16物はだいぶ練習しました。
余談ですが、キーボードプレーヤーはTOTOが良く使うホルン系の音をトトホルン・・・とシンセにインプットしていました。

セカンドが出た直後、確か80年にTOTOが初来日したんですよね。
当然見に行きました。渋谷公会堂でした。
今時だったら武道館かドームでやると思うんですが、当時のTOTOは何故か渋谷公会堂でした。

TOTOを見るのは最初で最後でした。私個人は個々のメンバーに関して言えばセッションでのプレイの方が好きだったからです。
ちなみにルカサーのナンバー1セッションは“ウィルソン・ブラザース”のアナザー・ナイトと“ボズ”のミドルマンだったっと思います。

話しは横道にそれましたが、来日公演の事ですが全体的にあまり好印象は持っていません。
ボーカリストがやたらとはしゃぎまくっていたのと、レコードと比べると随分とラフ・・・と言うか全体があまりいいバランスで演奏が出来ていなかったと思いました。
基本的にスタジオで音作りをするバンドだと思うので、初期のライブは良くなかったんだと思います。

ルカサーも途中でアンプの調子が悪かったのか、何度かローディーが出て来てアンプの調整を一生懸命にやっていました。音が出なかった部分もあったんですよね。

ただ、ジェフ・ポーカロは大好きなドラマーだったので若い時の彼のプレイを見れたのはとても良い経験でした。

ポーカロも他界してしまい、TOTOとしてのメンバーチェンジも何回かあって当時のTOTOは音源でしか聴く事が出来ませんが、今でも頑張っているのはとても嬉しい事です。

先頃来日したみたいですが、新メンバーのベースのリー・スクラーの加入には個人的にびっくりしています。
私の印象ではユーミンの中央フリーウェイのベースプレイがフェイバリットなので、TOTOでのプレイが想像付かなかったです。

ルカサーは今も昔のままのギタープレイを突き進んでいるようで、勇気付けられます。
今の彼が弾くクリーントーンでのソロを聴いてみたいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO