ピックの話し。

ピック・・・これが無いとギターが弾けない私です。
ウェスやベックのようにピックを捨ててしまったギタリストも確かに指で素晴らしいプレイをしていますが、私は何度か指弾きに挑戦したんですが結局ピックを手放す事が出来ませんでした。

ウェス張りに弾くベンソンもやはり単音の時はピックを使っていますし、ベックはちょっと別格・・・と言うかチョット超越しちゃってますよね。

ギターを弾き始めた頃から現役を辞めるまではピックの硬さは色々変化しましたが、一貫して使っていたのは“ティア・ドロップ”型でした。
弾き始めた頃はソフトとかミディアムで弾き易さ優先で選んでいましたが、上達するにつれてピッキングが強くなってハードタイプを使うようになりました。

俗に言うおにぎり型のピックは何だかうちわを持っているようで、当時から馴染めませんでした。

フージョンブームの頃、カールトンやリトナーがマンドリンタイプのかなり小さいピックで弾いていて私も暫く試したんですが、当時の私のピッキングスタイルにはイマイチでした。。。

仕事ではカッティングからソロまでを一個のピックで弾ききる訳ですから、ハードのティアドロップ型が使い勝手の面で一番私に合っていました。

色々試した中から一番良かったピックは“フェルナンデス”から出ていたピックで他のメーカーのハードタイプより少し硬めで私にはぴったりでした。日本のロックバンドのあるギタリストのレプリカモデルだったと思いますが、名前が思い出せません。
使い始めたのは22~23歳くらいからで、100枚単位で買っていました。

本当はファンク系のカッティングにはレイ・パーカーが使っていたようなソフトからミディアムタイプのピックの方が向いている・・・とは思うんですが、ソロを弾く時にとにかく頼りなくなってしまうのでハードで押し通していました。

アコギやエレキでやるアルペジオも全てピック弾きでこなしていました。(アコギの3フィンガーだけは例外です)
中々器用だったと思います。
ディレイなんかで広がりが作れる場合のアルペジオは低音弦をピックで高音弦を指で弾くと高音が強調されていい感じだったんですよね。

そんな時期でも色々なピックは試してはいました。
ブライアン・メイみたいにコインで弾くなんて人もいたくらいですから・・・。

まず一度試して挫折したのは、ジョニー・ウィンターに代表されるサムピックでした。
なんともぎこちなくて、全く弾けませんでした。
親指が多分人より太いので中々手頃なサイズが無かったのも原因です。

余談ですが、指が太いって事でボトルネックも断念しました。全く弾けません。

次に試したのはべっ甲のジャズピックで、これはかなり自分でも使えるピックだと思いました。

べっ甲のピックで有名なのはリッチー・ブラックモアですが、形が奇抜過ぎてあのタイプは試しませんでした。

私が試した形はティアドロップ型とマンドリンタイプの中間くらいの大きさで、厚みも多少あって硬さがやたらと硬くて私好みでした。
ただ、そのままだとあまりにも弦に当たった時にアタックばかりが強調されてしまっていたので、自分の好みの音になる様にヤスリで弦に当たる部分に丸みを付けたんですよね。
10枚くらいまとめて買って全部ヤスリを掛けて5枚くらいが成功して中々使えるピックになりました。
このピックは仕事でもたまに使いましたし、家でジャズの練習をする時には絶対に必要なピックでした。

現役を辞めてからもこのピックだけは大事に大事に取って置いたんですよね。
ところが5年位前に紛失しました。残念なピックだったと思います。今はもうべっ甲のピックってナントカ条約で作って無いと思うんですよね。

ギターを再開して、一番悩んだのはピックでした。それこそ店中のピックから私に合うピックを探すのに2~3ヶ月位掛かりました。

やっと見つかったピックは“ジム・ダンロップ”のプラスティックのティアドロップ型です。名前があるみたいですが、よく分かりません。

ピッック

このピックは厚さが3mmで、色も変なパープルでちょっと品が無い感じなんですが厚みがあるお陰でピックを持つ部分に丁度いいくぼみがあって、とても握り易いピックです。

このピックの最もいい点は、ティアドロップの先端で普通に弾くとなんて事無い普通の音なんですが、丸みのある部分で弾くと(パット・メセニーもこの部分で昔から弾いていたと思います)何ともふくよかで、甘いトーンが出るんですよね。

早弾きやカッティングには多少の慣れが必要でしたが1週間もすればすぐに慣れました。
今はこのピック以外でギターを弾く気にはなれません。

このピックも実は問題点があって、プラスティックで作ってあるので弾く事を想定していない丸い部分はバリが出ているのが多くて好みの音が出ないのが殆どです。
私の経験上10枚に1~2枚くらいしか好みの音が出るのがありません。

最初の頃はまとめて買って使えないのは捨てていたんですが、楽器店と相談して200枚注文して気に入ったのだけを買う事にしました。
1フレーズ弾けば良いか悪いかすぐに分かるので、選ぶのにはあまり時間は掛かりませんでした。
200枚注文して、実際に買ったのは30枚くらいでした。

その中でもまともに今使えるのは5~6枚です。メチャメチャ大事にしています。
ピックによって音って本当に変わるものなんですよね。
その5~6枚でも1個1個音が違うんですから・・・。

最近は、ジャズを弾く時のバッキングはピックと指を同時に使っている感じです。
メロディーを弾く時にはやはりピック100%で弾いています。

もっといいピックが見つかればいいんですが・・・中々無いんですよね。
目標の音はあるんですが、パット・マルティーノみたいにふくよかで芯のある音が出せたら幸せなんですが・・・。

スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした!

今日はとても素敵な思い出ができました!v-10
ありがとうございました。
メンバーのみなさんにも宜しくお伝え下さい。
寒くなってきたのでお元気でお過ごしください。
それでは。v-209

みちこママさんへ。

お越しいただいて嬉しかったです。
演奏面は色々問題ありましたが、楽しく出来ました。
本当に有難うございます!
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO