過去のライブ体験・VSOP編。

VSOP・・・今でもジャズ界の巨匠であるハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、フレディー・ハバード、ロン・カーター、故トニー・ウィリアムスが70年半ばに1度だけ(実は1度で終わらなかったんですが・・・)と言う事で結成したスーパーグループでした。

高校生だった私はVSOPってお酒の名前かな?と思ったんですがVerry Srecal Oneナントカの頭文字を繋げたネーミングだったんですね。正確には忘れてしまいましたが、1回だけの特別企画・・・って意味だったと思います。
アメリカ建国200年の記念の企画だったとも言われていました。

VSOPは最初は4枚組みのライブアルバムをだしたんですよ。
まだジャズを本格的に聴いていない私でしたが、何だか凄いレコードだと思って買いました。

アルバム全部を上記の4人で演奏していた訳ではなくて、後半はセットが替わって色々なミュージシャンが参加していました。
今思い当たる所ではギターをバリバリに弾いていた時期のレイ・パーカーJr、ワウワウ・ワトソン、ポール・ジャクソン、バスター・ウイリアムス・・・etc。
(CDを手元に持って来れば全部書けるんですがこのブログの趣旨は全て記憶だけで書く事にしているので勘弁して下さい)

早い話がメンツを見てもらうと分かりますが、セットによってはバリバリのジャズからジャズフュージョンまでレコードとしては聴きごたえのあるレコードでした。

聴き始めた私が一番気に入って聴いていたのは、アルバムの最初にあるメンバー紹介の部分でした。
メンバー紹介から確か“アイ・オブ・ザ・ハリケーン”に突入するあたりはジャズって格好いいな~~って思ったもんです。

レイ・パーカーの入ったセットも大好きでした。レイ・パーカー独特のカッティングから曲が始まって、これ又当時大流行のワウワウ・ワトソンのワウワウを駆使したカッティングが絡んでくる所は随分コピーもしました。

余談ですが、あるステージのサウンドチェックでレイ・パーカーのカッティングをしたらかなりウケが良かったのが思い出されます。
その時のキーボードがギターのカッティング大好きなキーボードプレーヤーで私が彼にカッティングパターンを事細かに教えたら、あるステージでキーボードを弾かずにギターを抱えてカッティングをやっていました。
そのあるステージって久保田〇伸さんのステージでした。
テレビで見て私は飲んでたコーヒーを吹き出したのを覚えています。

話しは横道にそれましたが、そのVSPOが来日する事になったんです。

会場は今はもう無くなってしまった“田園コロシアム”で真夏だったと思います。
確かライブの名前は“ライブ・アンダー・ザ・スカイ”と言う名前だったと思います。
私が高校2年の夏だったのは間違いありません。
席はかなり前のいい席で、高校生のぶんざいでもの凄い(その頃はどの位凄いかも分かっていなかったはずです・・・)演奏を間近で見れたのはとてもいい経験でした。

私が一番気に入っていたメンバー紹介の部分もレコード通りやってくれたのが感激でした。

正直言って当時はドラム&ベースの作り出すリズムの良さくらいしか理解出来ませんでした。
ロン・カーターは聴いてはいましたが、ジム・ホールとのデュオのアルバムだけだったので地味なベースプレーヤーとしか思っていませんでしたが、真夏に野外でトニー・ウィリアムスとのコンビネーションを聴いてビックリしたもんです。

ソロプレーヤー達のアドリブははっきり言ってまだ理解出来る所まで私が辿り着いていませんでしたが、凄い・・・と言う事は肌で感じました。

印象に残っているのは、トニー・ウィリアムスがドラムソロを始めると観客がステージ裏の席になだれ込んで行っていたのが印象的でした。
今の時代と違って警備員の制止も無く大らかなコンサートでした。

願わくばもう一度あの4人でする演奏を、今の私が観て見たいと思います。

You Tubeで見つけたフレディ・ハバードの演奏する私の大好きな曲“ミスティ”は世界一の美しさだと思います。

17歳の多感な時にいい時代のいい音楽に接する事が出来たのはその後の私に大きな影響を与えている事は確かです。


スポンサーサイト

コメント

VSOP

レスポール様昨夜は楽しいライブとジャムお疲れさまでした。
さて、VSOPとその後に企画されたザグレイとジャズトリオのレコードは私にも大きな刺激と影響を与えました。マイルスデイビスに抜擢されてジャズ界にデビューしたドラムのトニーウイリアムスはロックドラマーで有りながらあまりスイング感はなかったようですがスピード感とキレのあるアグレッシブなドラミングで前の2つの企画プロジェクトで一躍名を馳せたドラマーでしたね。でも彼はもう一度再結成ライブを聴きたくてももうこの世にいないのですよね(ウルウルウル・・・)。1997年に心臓発作で他界してしまった天才薄命の偉大なウエスモンゴメリーやジミヘンと並ぶミュージシャンの典型でしたね。そうそうワウワウワトソンのリズムギター私もとてもカッコイーと気に入って真似してみたりしてました。でも当時貧乏学生にはワウワウエフェクターとペダルはとても買えるものではなかったです。是非今度レスポール様のワウワウワトソンばりのリズムカッティングギター聴いてみたいです。ではまた

コイワさん

トニー・ウィリアムスは前に押し出すようなビートが素晴らしかったドラマーで、私は好きでした。
NYで坂本龍一さんがレコーディングしていたら、隣のスタジオからひょっこり現れてシンバルを何気なく軽く叩いて行ったらしいです。
後日、トンデモ無い額の請求書が届いたなんて逸話があったらしですよ・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とんでもない額!

私が聞いたところによると、「この曲はこういう風に叩いた方がいい」とトニー・ウィリアムスがお手本を見せて叩いたらしいです。勿論ワンテイクだけだったらしいです。
後日7桁の請求書が届いたとの事です。。。

これは関係者から聞いた事実です。

No title

失礼しました。
なぜか管理人様のみになってしまいました。

コイワ様

先日は帰りがけごあいさつできずスイマセン。
今後ともよろしくお願いします。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO