ライブでのトラブルetc・・・。

私は殆どがライブを中心に活動していました。
多数の人間が関わってひとつのライブが完成する訳で、色々なトラブルや失敗も数多く経験しました。

自分のトラブルもあれば他の人のトラブルも今思い起こせば沢山あって、とても書き切れないと思いますが印象深い事を書く事にします。

ギタリストで一番多いと思われるトラブルは多分演奏中に弦が切れる事でしょう。
私はこれだけ長い事ギターを弾いて来て演奏中に弦を切ったのは一度だけです。
これはかなり稀な事だと自分でも思います。

その弦を切った一度・・・ってイントロの頭でコードを鳴らしたところ、なんと1弦が見事に切れました。
その曲はどうしてもソロの部分でフロイトローズのアーミングが必要な曲なので、パニくりました!
イントロから歌まで確か16小節だったと思います。
ナント!フロイトローズの付いたストラトの1弦を16小節で交換した事は今考えても信じられない事でした。
しかもチューニングまでしました(取りあえず1弦だけでしたが)。
見事に歌頭のアルペジオからギターが入る事が出来ました。
人間頑張れば何とかなるもんだと思ったもんです。

その他では、突然片チャンネルだけ音が出なくなったりは何回か経験しました。
そんな時はとにかくそのまま押し通しました。

一度ディレイが壊れて(コルグのディレイでした)突然ディレイが発信音を出し始めて、ディレイを外して乗り切った事もあります。
意外と無いのがアンプ関係のトラブルで、経験した事はありません。

楽器関係のトラブル以外ではやはり演奏ミス!
ギターソロを半音間違えて出たり、コードを間違えたり、ブレイクを間違えたり・・・そんな事は多くはありませんが経験しています。
正直、凹みまくります。。。

PAのトラブルは日常茶飯事と言っていいでしょう。
ステージではモニターの返りが命なんですが、モニターからの音が突然消えるなんて事はよくある事でした。

一度だけ照明がダウンした事もありました。
その時はさすがに一旦ライブは中断しました。

ボーカルのマイクトラブルも良くある事でした、その為殆どのライブでは予備が用意されていますよね。

ドラマーがシンバルを割ったりも良くありましたが、さすがプロなのでスペアは皆さん持ち歩いているので意外と大きなトラブルには至りませんでした。

ライブって一発勝負なので、バラードで良くありがちなピアノ1本にボーカル・・・とかギター1本にボーカル・・・なんて状況は本当にプレッシャーが掛かりました。
私はそういう状況で自分ではミスったと思っても何とか誤魔化して切り抜けた事もあります。
一度だけ女性ピアニストがバラードで取り返しのつかないミスをして、曲が止まってやり直した事があります。
プロとしてはあってはいけない事なんでしょうが、人間ですから仕方の無い事だとも思います。
そのピアニストはステージ後に大泣きしていました・・・。
プロとしてはそういう時には何も声を掛けないのが私達の中での暗黙の了解でした。

ライブのトラブルと言えるかどうか分かりませんが、あるミュージシャンが遅刻して(静岡でした)本番時間にも現れず、ナント2曲目から参加したって事もありました。
ギーボードの人だったので1曲目・2曲目をギターメインの曲に差し替えたくらいです。
今の時代みたいに携帯でもあれば良かったのでしょうが。

歌手の方は結構な確率で曲の進行や歌詞を間違えたりしていた事は事実です!
そんな時もバンドは進行通り演奏するのが常でした。
そうしないと曲の進行がメチャメチャになってしまいますから・・・。

他には、ギターソロの時にステージ前に出て行ってシールドが抜けた事もあります。
これ以上の恥ずかしさはチョット無かったです。
私が現役の頃は、ワイヤレスの値段も性能もまだまだの時代でしたのでシールドを使っていました。

シンセ関係のトラブルは良く経験しました。
音が出なくなるのも勿論、音色の切り替えが出来なくなる事があったりもしました。

ステージって100%の出来を目指して我々もやっていたんですが、悪い事も含めいい事も含め色々とあったんですよね。

上手く行ったステージの後の気分の良さって格別だったと今でも思い出します。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO