衝動買いで買ったギター・ムーンストラト編

衝動買いで買ったギターも何本かある事は前にも書きました。
今回はムーンのストラトの話を書きます。

シェクターのコンポーネントタイプのギターが流行り出して、日本でもその手のコンポーネントギターがボチボチ出始めた頃、その草分け的だったのがムーンのギターでした。

フェンダー系のギターはネックとボディーが取り外しが出来るので、コンポーネントギターの素材としてはストラトやテレキャス型が殆どでした。
大昔にクラプトンがサンバーストのテレキャスにストラトのネックを付けたのを使っていましたが、やたらと格好良かったですよね。

ムーンのギターは基本的にはシェクターのコピーみたいな感じで私としてはあまり興味が無かったんですよ。
ただ友人でもチラホラ使っている人が居て、気にはなっていました。

買ったのは楽器店では無く、友人ギタリストからでした。早い話が中古だった訳ですが、一応プロギタリストが使っていたギターなので満足のいく状態でした。
その友人も別のギターを買うとの事で私に話しが回って来たんです。
10分位の商談(?)で買ってしまいました。
当時は気に入りさえすれば買ってしまう悪い癖があったので、あまり必要では無かったですが値段も手頃だったので買う事にしました。

こげ茶のストラトで、パーツはゴールドパーツに黒ピックガード、ピックアップがシェクターの物でした。
トレモロはごく普通のタイプでした。

作りのとても良いギターでボディーも軽くてハーフトーンなんかはかなりいい音がしました。
ただ残念な事にエフェクトのノリがイマイチで、生音がかなりいけるのにとても残念でした。
そんな訳でピックアップの交換をする事にしました。
EMGも考えたんですが、既にEMG付きのストラトを持っていたので別のピックアップを付ける事にしました。

セレクトしたのは“アレンビック”のピックアップでした。ちょっと値段的にEMGより高く付いてしまいました。
交換をお願いしたのは“松下工房”でした。

アレンビックはEMGに比べると出力は大分落ちますが、特性がとてもフラットでムーンのストラトとはとても相性が良かったと思います。
ボディーが軽かったのが原因かと思いますが、アレンビックとの組み合わせでリズムカッティングはかなりのいい音がしました。
逆に歪ませると音痩せがチョット気になるギターになってしまい、当時の私にとってはオールマイティーに使える感じでは無かったんですよね。

それぞれギターには特色があるのは当たり前ですよね。
ムーンのストラトも決して悪いギターでは無かったです。
ビンテージと当時のストラトの丁度中間くらいの音色だったと思います。今思えばとても使い勝手のあるギターでした・・・。

ストラトとアレンビックのピックアップは中々いい相性だと思います。
今ではもうアレンビックのアッセンブリーはあまり見掛けませんが、まだ売っているとしたら嬉しい限りです。

そのストラトも現役引退の時に処分してしまいました。
チョット惜しいストラトだったかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO