何とかここまで・・・。

高校3年の終わりからプロとしての音楽活動を始めて10年ちょっとで自分に見切りをつけて音楽から離れる決心をしてから今年で丁度20年。

今年オリンピック・イヤーでしたが20年前と言うと“ソウル大会”だったので鮮明に覚えています。ソウル大会はリハーサルの合間に皆でスタジオのテレビに向かって応援していたんですから。ソウル大会の年の冬に現役を辞めました。

現役を辞める直前に今のかみさんと知り合い、一昨年に楽器屋でフッと目に止まったギターがあったんですよ。
後日かみさんを連れて楽器屋に行って、「買ってもいいかな?」と聞くと「そろそろいいんじゃない、又ギターを弾いても」と言ってもらったんですよね。

目に止まったギターも実は超格安のあまり人気の無いギターだったから、この位の値段ならたいして熱くなる事は無いだろうな・・・仕事にも影響しないし、と思って買ったくらいですから。

でも、やっぱりダメでしたね。1回ギターを弾いてしまうと真剣に弾いてしまうんですよね。
安物ギターでも食事も忘れて深夜まで部屋にこもって弾き倒していました。

そこから又ギター熱が上がって、ちょっといいギターを買っちゃいました。
そこからはもう歯止めが効かない状態!
セッションに出掛けては気持ちよく弾いていました。

昔の音楽関係の友人とは年に数回はメールでのやり取りなんかは続けていたんですが、自分が又ギターを弾くようになると喜んでくれる友人が多かったのがとても嬉しかったです。
そんな昔の友人達と再会したり、頻繁に連絡を取り合ったり、ライブを観に行ったり、挙句の果てはリハで一緒にやったりと・・・20年間の空白が音楽ひとつで埋まってしまう事にビックリしました。

私がやっていた10年間で知り合ったミュージシャンは数知れず、今でも活躍している友人もいるしその時代に知り合った彼らは私にとって貴重な財産と呼べるでしょう。

セッションに出没するようになって約1年後に自分のバンドでライブと呼べるかどうかは別として、お客さんの前で演奏する事も出来ました。とてもいいライブだったと思います。

それから更に半年経った今、昔のミュージシャン仲間から声が掛かり今週ようやくプロとしてステージでライブを演る事が出来ました。
最初は二の足を踏んでいたんですが、やはり昔からの付き合いで相手も私の事を良く知っていてくれて一緒にやろうよ・・・と声を掛けてくれたんですよね。

もう2度とステージで演奏する事は無いと思っていたので諦めていたのですが、チャンスが折角あるのだからもう一度やりたいと思うようにもなりました。

最大のネックは私の長いブランク。ただこの1年半、自分でもよく練習して昔までとは行きませんが今の年齢でしか弾けないギターが弾けるようにまでは辿り着いたと思います。

そのライブですが、歌のバックだったんですがアレンジとキーボードの方は私の現役時代の友人に共通の人がかなり多くて昔にタイムスリップしたような気分でした。
共通の友人に連絡を取ってみると、皆「良かったね、頑張ってね」と言ってくれた人が多かったです。

ステージで弾いていて、昔ほどの大きなホールで弾いた訳ではありませんがやはりお客さんを前にして演奏していた当時を思い出す事が出来ました。
「あ~こんな感じだったかな」と言うのが正直な感想で、とても気持ちよくギターを弾く事が出来ました。

誘ってくれた友人にも感謝しています。

20年近いブランクが良かったのか悪かったのかは私にも分かりません。
ただ自分から一度は辞めたプロのステージに戻れた瞬間はとても幸せだったかも知れません。

もし安物ギターが目に付かなかったら、セッションに足が向かなかったら、今の自分は全然違ったと思います。
やはりギターに感謝ですね。

20年掛かってやっと辿り着く事が出来て今は不思議な気持ちです。

スポンサーサイト

コメント

ぼちぼち歩んでくださいね

レスポール様何はともあれステージへの回帰おめでとうございます。今度はぼちぼちと音楽を楽しむ気持ちを忘れずにあまり気負わず欲張らず突っ走らず音楽遊人とサラリーマンとのバランスを上手にとりながら末永く続けましょう!ステージでのレスポール様のギター演奏を楽しみにしております。

コイワさん

確かに楽しむ気持ちが一番ですよね。
ただ私はネガティブな性格なので、楽しむと言うより苦しい後に楽しさが来る様な気がしてしまいます。

練習が嫌いだから苦しんじゃうんでしょうね(笑)

これからもコメント宜しくお願いします。

がんばってくださいね

1度ギターをやめたからこそ今がある。
人生って無駄なことなんて一つもないって思います。
無理をせず、ゆっくり楽しみながらギターがんばってくださいね。

poohさん

コメントありがとうございます。

poohさんのコメントにはいつも勇気づけられます。
私よりもジャズを深く聴いていますからね。

無理はしませんが、この先楽しみよりも少し苦しい状況になるかもしれません。
もう一度出来る所までチャレンジします。

No title

ども、Rojoっす

そうでしたか・・・

ぼくもそうなんです

ぼくが弾いたのは高校の3年間

18で突然オートバイのレースに出たくなってすべて処分しました

それからはや24年、24歳くらいのときにちょっと誘われて一度はじめてのベースを
ステージで(なんとあのクラブブチッタ出来立てのほやほや、有名になる前でした)
8曲ほど弾かせてもらって・・・


昨年事業で顧客の倒産にあい、大借金王にある日突然なりました

明るかった自宅ジムショは幽霊屋敷みたいに・・・

どうにもならなくて、死にたいわけではないけれどほかに道がない

そんなことばかり考えて生きてました

昨年、一昨年は厄年も手伝ってか本当に、金のこと以外にも考えられぬような
事件が身のまわりにいくつも起こって、家族もすべて他界してますし

新しい家族・・・と思っていたある一家は、ある日忽然と蒸発してしまい・・・

本当に抜け殻になってました

そんな時

事業を続ける経費はおろか
外にでる金もなく
数年前、インテリア代わりに購入した缶スプレーで塗装されたYAMAHAの
初心者向けモデルを、押入れで見つけ

なんとなく弾いてみた。

学生時代は一心不乱に弾いたっけなあ・・なんて感じで

それからです、人生がまた変わったのは

ホームページで公開するにはどうしたら・・とか
ソフトもすべてフリーソフトで、独学で・・・

 中学の同級生(一緒に音楽始めた)に聞かせるためだけみたいなもんでした

マイク端子にじかにつないでね

それを続けてきて・・まったく弾けなくなってた(もともとプロなど程遠い軽音部レベルでしたし)
のに、ここ一月くらいで急に指も動くようになり

同時に突然大勢人が聴きにきてくれるようになり、たくさんのメイルなども。

ノンドラさんとの出会いもそうです


今まだ続けている事業の負債、めどがついたら廃業します

命を救ってくれた”音楽”に恩返しです

 支えてくれた友人や仲間にも元気になるのが何よりのおんがえしだと。

ぼくはプレーヤーとしては無理です

でも、デモくらいは作れるようになって
(今弾いてるのはすべて一晩で録音編集、MIXDOWN
まで終わらせています、煮詰めるより経験を補うために数をこなすが先かと)

CDレーベルはじめます

 あと、ギターの塗装、ボディーリペアを。

アーティストのライブマネージメントもやっていこうと思っています

   すでに数人の方は・・・

次の世代のげんきなアーティストが、音楽で生計を立てられるように

その手伝いをしようって、そこでぼくも生活をしていきたいって思ってます

音楽で生きていく・・・は演奏以外にも道はあるって

ぼく自身は、先週初めていった老人ホームや、そういう場で
演奏は続けていきたいとは思っていますが。


 あ、どーもRojoっす

こっち、きてみました

 読んだらまた最新がこんなお話だったんで

つい長々かいちゃいました・・・ども。


Rojoさん

コメントありがとうございます。

私も音楽から離れていた十数年間は今とは違う自分だったと最近思うようになりました。
RojoさんのYAMAHAのギターとの出会いは私の場合と似ていますね。

これからも宜しくお願いします。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO