オーディションの話し。

オーディション・・・どんなジャンルにもオーディションって付き物ですよね。

私がプロになった当時って歌謡曲系の業界では、俗なバンド用語で“ステト”と呼ばれていました。
早い話がテストの逆読みみたいな感じでしたね。

私が初めて仕事を貰ったギタリストの先輩からも、「1回ステトやるから気楽にリハにおいでよ」と言われて、高校を早退して都内のあるスタジオ(ツズキ・スタジオでした、学校から歩ける所だったのもラッキーでした)にギター1本持って“ステト”とやらに出向いた事が昨日の事のようです。
先輩ギタリストは私がある学校(私の学校とは違う高校でした)の学際で弾いていた時、その学校の卒業生で、何故か学際で弾いている私を見て知り合った人でした。

多忙な人だったので、自分のスケジュールの合わない時に私に声を掛けてくれたんですよ。
しかし、今思えば高校3年生に声を掛ける方も大したもんだと思います。
その時は前もって先輩から「ギター1本だけで来ればいいから、アンプとかは全部自分の使っていいよ」と言われて、気合だけを入れて行きました。

リハーサルで3~5曲程弾いたと思います。極端に難しい曲が無かったのが幸いでした。
が、しかし・・・初めてプロのミュージシャンと一緒に演奏するプレッシャーって高校生の私にとってもの凄い緊張でした。

先輩からは、自信持って弾きなさい、音はなるべく大きく・・・と言われていたのでその通りにやりました。
リハ後に先輩ギタリストがニコニコ私に話し掛けてくれました。「次のリハは1人で任せるから、全曲練習しておいで」と言われ、天にも昇る気持ちがしました。

一番業界っぽい体験って、すぐにマネージャーさんが来て連絡先とスケジュールの確認(モチロン全部真っ白でした)とギャラの交渉に来てくれました。不思議な事に年齢の事は一言も聞かれませんでした。
そこからスタートして暫くはクチコミとか紹介で色々仕事が繋がって行くようになりました。

歌謡曲系からニューミュージック系の仕事に移る時も、最初は友人の紹介でした。(周りの人に恵まれていた人生だったと今は思います)

紹介で行ったバッキングの仕事って、実は最初のリハは私のオーディションを兼ねていたらしいです。後日バンドメンバーから聞きました・・・。

その後、ニューミュージック業界も大御所と言われるミュージシャン(プレーヤー側)以外は、基本的にオーディションでメンバーを集めるスタイルが多くなって来ました。

基本的にオーディションの情報って、一般には絶対に公開しません。この情報って私の場合、友人や事務所の方や、お世話になっていたインペク屋さんから得ていました。

知り合い関係だけでメンバーを集めてバンドを組むと、どうしても演奏レベルの面で問題が起きたりしがちでした。

オーディションでメンバーを集める利点は、それぞれのパートでレベルの高いミュージシャンを集められる事と、専任でそのバンドに入る事が条件になるので、他のスケジュールとブッキングがだぶっても、オーディションで入ったバンドを優先するのが暗黙の了解になっていたんですよ。

私も数10回程オーディションを受けた経験があります。殆どは個人で受けたんですが、一度気の合った仲の良いメンバーでバンドごとオーディションを受けた事があります。

バンドごと受けたオーディション、見事に受かったんですが事務所からのクレームでベースをこちらで用意するので差し替えて欲しい・・・との事でした。
みんなで悩みましたが、破格のギャラだったので差し替えを受け入れてしまいました。
差し替えで来たベーシストは私が過去に演奏したベーシストでは3本の指に入る凄腕でした。(今でも現役で活躍しています)

オーディションの現場って、オーディションの数だけ色々なパターンがあります。

ギタリストだけを探すオーディション、複数のパートを探すオーディションなど本当に様々です。

私が印象に残っているオーディションについて少し書きます。
一番印象に残っている・・・と言うか嫌だったのは、ギタリストとキーボードを決めるオーディションで、ボーカルの方はニューミュージック系では当時そこそこ有名な女性歌手でした。

ギタリストが記憶では、20数名来ていました。課題曲が2曲あって、譜面と音源を事前に貰っていました。
当然スタジオでやる訳で、アンプが2台用意されていました。私は自分のラックを持ち込んでギターはストラトで行ったんですよ。
ディレクターから全員演奏後に「今から名前をお呼びする方以外は今日はお疲れ様でした」との事。シビアと言えばシビアな世界ですよね。
ギタリスト2名が名前を呼ばれた中に私の名前が入っていました。

残った2人で何をさせられたかと言うと、「演奏は結構ですので、曲に合わせてギターを持って振りを付けて下さい」とのお言葉でした。
もう一人のギタリストと顔を見合わせてしまいました。
考えてみれば、女性アーティストのバックで目立つ所に立っているギタリストが棒立ち・・・ってのも時代背景を考えれば仕方が無いかもしれませんね。

そのオーディションは私が受かりました。
踊りは得意な方では無いですが、ギターを持っていると自然と体が動くのってそれまでのステージの経験が良かったんですかね。

その他のオーディションでも、色々面白い人が沢山来ていました。

基本的には、知り合いがいたり若手の駆け出しクラスのミュージシャン達がいたりで、結構静かなムードで進んで行くんですよ。
20代半ばにもなると、私もオーディション慣れしたのかあまり緊張はしなくなりました。
なんたって自分らしく弾くのが一番ですからね。気に入られようと思って弾くのは、回りからは直ぐに分かってしまいますからね。

まあ、一番凄かった人は関西から来た人らしいですが、年は30才前後だったと思います。
皆が順番待ちしている間も「この間誰それと会ったよ・・・。誰それ知ってる?・・・」なんて話しを大声でしていて皆からひんしゅくを買っていました。
さて、その彼の順番が回って来た時に驚きました。なんと!アシスタント(いわゆる業界で言うボーヤ)を連れて来たんですよ。
私達レベルが受けるオーディションでアシスタントを連れて来たのは後にも先にも彼ひとりです。

ヘビメタががったアシスタント君、一生懸命師匠のセッティングをしてギターまでチューニングを済ませてからその関西ギタリストにギターを手渡したんですよね。

ギターを受け取った師匠曰く「エフェクターのセッティングが違うだろ!」とアシスタント君に大声で言っていました。
周りは完璧にドン引きでした。KYもここまで行くと大したもんです。
さて、彼の演奏が始まって周りはさっきの数倍引きました・・・。

私の率直な感想は、ハッキリ言って高校生レベルの演奏でした。よくプロのオーディションにアシスタント付きで来るな~~~と思いました。
周りも皆そんな目で見ていて、2曲やる予定が1曲でディレクターからストップが掛かりました!

そこで更に彼が「えっ!!もう終わりですか?2曲じゃないんですか?1曲目みたいなの苦手なんですよ。得意なのを少しやらせて下さい!」と半ば食って掛りました。
あきれたディレクター氏が「じゃ、短めでなんかやって下さい」との事。。。
彼、後ろのメンバーに向かってリズムとコードの指示(2コードだったと思います)をして、すぐさまとても考えられないような爆音で延々とアドリブを弾き続けました!
当然ディレクター氏がストップを掛けて、ご退席となりました。
帰り際に彼が担当者の女性に「スケジュールが忙しいので、連絡は何日と何日なら家に居ますので」という事でした・・・基本的にオーディションって合格以外は絶対に連絡は来ません。
合格の場合、99%はオーディション後に本人に結果は直ぐに分かるようになっています。
それを知らなかった彼は電話を待っていたんでしょうね。

そのオーディションも運良く私が合格しました。
当然合格連絡はオーディション会場でした。

大物アーティスト達もやはりパートごとには時々オーディションをやっていたようです。
大物がバックで演奏するミュージシャンを選ぶ訳ですから、当然ミュージシャン側もかなりの実績と名前のある人を使う事が当然になってしまいます。
達郎のように、バンドメンバーのスケジュールが付かなければライブすら予定を変えてしまうアーティストもいるくらいですから。

私が知る範囲での大物アーティストの話を書きます。
サムデイで有名な男性アーティストのバンドのギターが代わる事になって、リハーサルという形でオーデションをやったんですよ。
場所は六本木の“マッド”でした。その時、偶然私はマッドで長丁場の録音の仕事をしていて、隣の大きいスタジオでリハーサルをやっていたんですよ。
オーディションがらみのリハーサルでギターを弾いていたのは、私の知り合いでした。

後日そのギタリストの友人から聞いたことろ、ギタリスト側から音楽性が合わない・・・とキャンセルしたようです。当時はかなり売れっ子のギタリストだったからこそ言える言葉だったんでしょうね。
アーティスト側からもそのような事でお互いが丸く収まったようです。
売れているアーティストと売れているミュージシャンって本当は対等な立場で音楽を作るんですから、音楽性が合う、合わないって大事な事なんでしょうね。
私レベルでは、天と地がひっくり返ってもそんな言葉は言えませんでした。

音楽性とは別に、某超大物ロック歌手○沢○吉のバンドのギタリスト(前に書いたマーシャル3段積みのギタリストです)は、初ツアーのリハーサル3日目でギターのフレーズで揉めて、ケンカ別れしたのは私達の間では有名な話でした。
そのくらい両者が拘りを持って現場で音を出しているんですよね。

オーディションって本当に緊張もするし、出来レースと言うかもう決まっているなんてオーディションも何度か経験しました。

今はオーディションって自分にとっていい経験だったと思います。

今の時代のミュージシャン達は、どのような形でやっているのかは分かりません。
昔の友人に聞くと、殆どがミュージシャンの名前で選ぶ事が多くオーディションなどは減っているようです。
時代の流れですね。

スポンサーサイト

コメント

私も…(^^;)

高校2年の時、バンドでオーディション受けました。イルカととんぼちゃんのジョイントコンサートの前座を決めるってやつでした。テープ審査に通って、メンバー全員で2次審査を受けに行ったのですが、全く演奏無しの面接だけでした。
それも合格してイザ本番。会場は九段会館。小学校の時、子供音楽コンクールで(レスポさんの奥様と♪)何度か踏んだ舞台でした。出番が終わって司会のくず哲也氏が楽屋に来て「君達イイネ~♪レコード会社に紹介するからプロデビューしなさい!」と言われました。当時の我々は芸能界は怖いところだと思ってましたからその場でキッパリ断ってしまいました。今思えば、あの時デビューしてたら人生変わってたかもね~(^^;)

スガさん。

九段会館でデビューしたんですね!
今でもあるんでしょうかね?
私も一度だけ九段会館で演奏した記憶があります。

どんなバンドだったのか非常に興味があります。。。
イルカの前座って事は、やはり年代的にもフォークっぽい感じですか?

色々な誘いって若い時は迷ってしまいますよね。私も色々な分岐点があって、今に至っています。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO