メサブギーの話し。

プロになってづっと使っていたミュージックマンのアンプは、それなりに活躍してもらったんですが、やはり更にいいアンプを常に探していました。

カールトンがづっとブギーを使っていたのを知っていましたし、スタジオの今剛さんもブギーの100Wを使っていたりして、常に気になっていたんですよね。
我々のバッキング業界でも結構ブギーを使う人が増えていて、自然と私もブギーを買う事になった次第です。買ったお店は渋谷の“パコ”でした。
本当は100Wタイプが欲しかったんですが、まず値段が高いのと(40万以上だったと思います)カールトンのセッティングを見ると分かると思いますが、100Wで結構ボリュームを上げるとスピーカーが1発なもんで、別にスピーカーボックスを用意しないとスピーカーが持たない・・・と楽器店の人に言われたんですよね。

現実問題として、我々の仕事では100Wをフルに使うなんて事はまずあり得ない事です。値段もリーズナブルな50Wタイプが出たので、すぐに購入しました。(もしかしたら60Wだったかも知れません)色は黒で、ハードケース付きでした。結構重かったアンプだったと思います。
ステージではいつもハードケースの上にブギーを乗せて使っていました。

日本向けの100V仕様では無かったので、常に117Vにするトランスも持ち歩いていました。確かマークⅡか、マークⅢかのどちらかだったと思いますが、忘れてしまいましたがこれです。

MESA-Boogie.jpg

私のやっていた仕事では、アンプで歪みを作るなんて事はまず、と言うか100%ありませんでした。
常にアンプはクリーンな状態にして、エフェクトで歪みを作るのが一般的でした。
何故かと言うと、アンプで歪ませちゃうと、歪み用とクリーン用のアンプの2台が必要になってしまいます。
余程の余裕のあるステージでもない限り、そんなセッティングは出来ないのでブギーと言えどもセッティングは常にクリーンのままでした。

それとブギーに付属の、リードとクリーンの切り替えのフットスイッチが死ぬほど硬くて使い物になりませんでした。変なアルミのケースのフットスイッチなんだけど、ここまで踏み難いフットスイッチにお目にかかった事は経験がありません。いかにもアメリカンな造りなんでしょうね。

ブギーの一番良かった所は、ミュージックマンと違って音の芯がハッキリと出る所でした。
太い音・・・と言えばそれまでですが、太さばかりではなく高域から低域まで芯のあるしっかりした音が出ました。
ブギーの特徴のイコライザーなんですが、あまり効きが良くないのと微妙な調整がやり難いので常にフラットにしていた状態でした。

基本的にはエフェクターをかなり繋げてアンプから音を出す訳ですが、ブギー独特の芯のある音は失われる事はありませんでした。

一度だけあるスタジオで休憩時間に、B.Cリッチとブギーだけでボリュームを結構上げて弾いたら、もの凄くいい音でびっくりした覚えがあります。意外と相性が良かったんでしょうね。

カールトンなんかは、ブギーのセッティングは超極端なセッティングにしていた様ですが、私は基本的にはフェンダー系のアンプと同じセッティングで弾いていました。

ブギーを使うようになって、ギターの音がリッチになった感じがしました。ミュージックマンはやはりチョット線が細い、と言うかブギーを使うようになって薄っぺらな音に感じてしまいました。

インターサウンドのプリアンプとブギーの相性も意外と良くて、ペダルで歪ませても充分に使える音がしました。

ずっと前の日記に書いた、ステージ上はアンプ1台でミキサー卓でコーラスで左右に振ってもらうセッティングの時には、JCよりブギーの方が明らかに音が良かったです。

当時はあまりアンプに選択肢の無い時代でしたので、右を見ても左を見てもブギーって時代でしたよね。

仕事はJCをレンタルなんかでまかなえていたので、ブギーも家に居る機会が多かったと思いますが、持っていると安心できる1台でした。

そんな時にあるアンプビルダーの方と知り合って、フェンダーのアンプを大改造した特注アンプを作ってもらう事になるまで、ブギーは所有していました。

特注アンプの話しは又次回・・・。


スポンサーサイト

コメント

BOOGIE

私も一時期、師匠のお下がりのMark2を使っていました。今は色々と良いブティック・アンプがありますが、ほんと、選択肢がなかったですよねぇ。結局音の好みが変わった事や、車の積み降ろし&お店への搬入での階段上げとかでそのヘビーさに参り、友人に売ってしまいました。その後、その友人のライブを見に行ったら凄い良い音を出していて、ちょっと後悔しました。今思うに、もっと早くFenderのビンテージ・アンプの良さに気付いていれば良かったなぁ...。

サイトーGさん

初コメント、有難うございます。

本当にブギーはいいアンプでした。(ガ体の割りに重いのだけが弱点でした)
今のブギーもかなりいい音するみたいだし、この先もいいアンプとして存在して行くと思います。

アンプビルダーの方に聞いたら、回路的にはほぼフェンダーと一緒の作りだと言っていました。
多分、トランスやパワーアンプの部分で特徴が出ていたんでしょうね。

お互い手放して後悔していますね。。。

特注で作ってもらったフェンダーの改造アンプの話しは次回に書きますが。
現役を辞める時に欲しがったギタリストが数多くいたくらいいいアンプでした。
お楽しみに・・・。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO