フジゲンのNLP買いました

又々レスポールのサンバーストを買ってしまいました。ギブソンのレスポールではありません。かみさんには少しだけ値段の張るストラトの購入を却下された事で、半ば意地になって自分のへそくりで買ったギターです。
私の持っているNSGがフジゲン製なので、フジゲンのNSTを買うつもりでいたのですが・・・ネットで見ていると、どうしてもNLPに目が行ってしまいます。自分のへそくりの範囲内で買える気に入ったNLPがあったので、生まれて初めてネットでギターを買いました。

今迄の私は手に取ってから気に入ったギターだけしか、買った事がありませんでした。ネットで買うのはどうなのかな・・・?と思っていたタイプの人間でした。今回は値段も手頃だし、後悔はしないだろうと思ってスペックと値段・・・そしてフジゲン製なら何とかなるだろうと思って購入した次第です。

初めて買った外国製のギターがサンバーストのレスポールだったのをスタートに・・・何本のレスポールを手にして来たか数えてみました。今回のレスポールが8本目でした。ギブソンが6本(内カスタムショップ製3本)・ベスタグラハム・そして今回のNLPがフジゲン製です。
何だか自分の中ではレスポールには特別な思い入れでもあるのかな?と思ってしまいます。本人はそんな気は全然ないのですが・・・。何かの縁でもあるのかなとは思います。

このギターはプレーントップの下位グレードです。あと少しの金額を出せば、少々のフレイムトップにダンカンのピックアップが搭載されたモデルもありましたが、私は敢えてプレーントップを選択しました。中途半端なフレイムトップのギターならプレーントップの方が全然好きですから。近年の派手なフレイムトップやキルトトップのギターは確かに見ていると素晴らしいの一言ですが、実際自分が持って演奏するのが気恥ずかしいのです。ピカピカのギターで派手なトップのギターを使う気恥ずかしさは私の中にはあります・・・古いタイプのギター弾きなのかなと思います。
一点だけ購入の際にフジゲンの方とお電話して、ストックのギターの中で一番ローズ指板の色の黒いギターを選んで欲しいと伝えました・・・対応は本当に良くて流石は日本のメーカーさんだなと思いました。

私が一番大切にしているヒスコレ58年モデルは本当にいいいギターです。しかし今回購入したフジゲンのNLP・・・驚いた事に色々な意味で58年モデルとキャラクターは違いますが、同じくらい良いギターなのです。値段を考えたら信じられない事です。

特筆べき点はネックの状態です握り易さは、手にして直ぐに良いと思いました。中々無いことです。フレットは標準的なギブソンサイズです。
ボディーはチェンバー加工されていない様子ですので多少重いですが、音には締りがあって各音域全てにギブソンにはない透明感のあるアコースティック感が感じられます。アンプを通さなくても透明感があるのです、それは特筆すべき事だと思います。
最近のギブソンはやたらと音が重いです・・・太いのではなく重いのです。それを克服するためにチェンバー加工されていたり、ESレスポールなんて中途半端なギターを出しているのだと思えて仕方がありません。私はやはり普通のスタイルが一番美しいと思っていますから。

ペグ・ブリッジ・テイルピースはゴトー製です。ギブソンよりもパーツの選定が良いと思います。パーツのセッティング・取り付けも完璧でした。
一番驚いたのはアンプを使わないでコードを軽く弾いてみたら、弦振動がボディー全体に伝わります。俗に云う鳴るボディーでした。木材が良いのだと考えられます。

ギターの色ですがサンバーストと行っても、全く黄色は入っていません。オレンジの濃淡だけのサンバーストですが、見る角度によって、かなり濃いオレンジ色になります。落ち着きのある凄くいい色です。最近のギブソンのサンバーストは何だか派手ですから。

近年のギブソンのレスポールは何か方向性が良く分からない位、色々なモデルが出ていて混乱してしまいます。既にスタンダードからしてスタンダードの体をなしていませんから。本当のスタンダードが欲しければカスタムショップ製を買えと言われているみたいで・・・。そんな時に国産の老舗メーカーのフジゲンのギター試して見て下さい。

NSTは買わなくて良かったと今は思います。コストパフォーマンスの高いNLPを手にできたのですから・・・。
フジゲンの最大の売りであるサークルフレッティングシステムは効果がかなりあります。
コードをどのポジションで弾いてもバランスの良い響きを得られます。ここがギブソンよりかなり優れています。
フロント・リアのピックアップはそれぞれタップが出来ますが・・・あまり使わないと思います。

ヘッドのロゴがGibsonで選ぶかFGNで選ぶかはルックス面では大きな事かも知れませんが、私はFGNを選んで良かったと思っています。今やストラトのヘッドにFender以外のブランド名が入っているのは当たり前ですからね。Gibsonだけが違和感が多少残っている感じでしょうか・・・?

今の時代の若いギタリスト達は低価格で、素晴らしいギターを手に出来ます。羨ましいですね。私達の時代はこんなに良いギターは、この価格では100% 手に入らない時代でしたから。

来年にはフジゲンのギターをオーダーしようかなと本気で考えています。フジゲンEFLを予定しています。

ここまで良いギターが日本で作られているのですから、この先外国製の高いギターを買う必要性が感じられません。
海外メーカーのギターに多額の出費をするなら、アンプに重きを置く方が良いと思います。

P1050661 (5)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やはりレスポール

管理者名のLes Pul L-5の由来となったレスポールを手放されても、新たに購入するのは、やはりレスポールですし、ヒスコレも引き続き、お持ちなのですね。

レスポールとストラト、どちらも甲乙つけがたいですが、その2本があれば、他はいらないかなと、このところ思っています。

もちろん、335などのセミアコ、エッジのきいたテレキャス、ハンパッキングに22フレットでトレモロアームもついたシェクタータイプと、欲しいギターはきりがないですが・・・。

ジェフ・ベック「ギター殺人者の凱旋」のジャケットのレスポールに憧れ、BBAライブの見事な音、ツェッペリンの映画、さらに、フィルモアのマイク・ブルームフィールドを聴き、そのうえ、和田アキラもディメオラもと、レスポールに魅せられた10代でした。(イシバシで黒のレスポールを買ったのは、20歳の頃です。)

ベックがワイヤード以降、ストラトに戻ったのは、裏切られたような気分でしたが、パープルのライブインジャパンの太い音、高中のフェイズアウトの音と、やはりストラトも好きで、高3のとき、旧ロゴのフェルナンデスを買いました。(フェンダージャパンのない頃、高校生に本物は手が出なかったです)

いずれ近いうちに、kamiyo.mさんはストラトも手に入れられるのでは?

ギターマジシャンさん

いつもコメントありがとうございます。

今回もストラトを買うつもりが・・・レスポールになりました(笑)。
レスポールは持った時に一番しっくりくるんですよね・・・。もうフルアコ・セミアコは興味がないですね。

今はやはりフジゲンで来年の今頃にオーダーで1本作って頂こうかと思っています。
恐らくそのギターが良ければもうギターは買わないかも知れません。年齢的にも最後の1本は、オーダーしたいなんて考えました。

ギターの練習再開したんですが、さすがに厳しいですね。右手と左手・・・全然バラバラです。時間が掛かりそうです(悲)。

相棒

私も、ブログに書いているようにレスポールが一番好きです。
いままで何本買ったか。6本位かな。手元に残っているのは2本です。
実は、フジゲンのギターは持っていないどころか、手にしたこともありません。
最近は、ギターを買うこともほとんど無くなってしまったので。
kamiyo.mさんが、ここまで言われるというのは、
かなりいい出来なのでしょう。
なんにせよ、新しい相棒が出来たのは嬉しいですね。

AKIさん

いつもコメントありがとうございます。

今回は個体が良かったのか、よく鳴るギターで驚きました。練習再開のモチベーションも上がります。
まだまだ全然駄目ですけれど・・・。8月中をめどに何とか頑張ります。

確かにレスポールって相棒って感じですね・・・納得です。私も同感です。
ベックが昔のインタビューでストラトは武器だと言っていましたね。

No title

このレスポール、カッコイイですね!
たしかフジゲンのSGもお持ちだったかと。フジゲンは信頼が置けそうですね。

kamiyo.mさんがおっしゃるようにフェンダー系のギターはfender以外のロゴでもさほど違和感がないですけど、なぜかギブソン系は違和感を感じちゃいますね。
そんな自分もだいぶ前に335を買うときにGibsonじゃなくてCrewsを選んじゃいましたけどね。(^^ゞ

テイルピースさん

いつもコメントありがとうございます。

今回はストラトを買わずにレスポールになってしまいましたが、良い買い物でした。
個体が良いのか、凄く鳴るギターですね。120点です。

今やギブソンブランドはカスタムショップ製以外は、少し訳が分からないラインナップですから日本製のギターにも注目して良いと思います。

335は確かにCrews製は昔から評判が良いですよね、早くからギブソン以外を選択したテイルピースさんは、目利きだと思います。
私も遅ればせながら、ギブソン以外のギターの良さが分かりました。
お互いにヘッドのロゴマークは気にしないで、良い音出しましょう。