人前でギターを弾く時の心構え

私がギターを弾いて来た中で、駆け出しの頃に先輩たちから色々と教わった事は、数限りなくあります。
どんな様にギターを弾くのか?色々と教わりました。その中には・・・為になった事も沢山ありましたが、その逆もありました。
今回は私の意見も含め、当時若かった私が先輩達から教わった”人前でどんな様にギターを弾くのか”について書きたいと思います。

自分の弾くギターの音は自分に聞こえる音と、人が聴く音には差がある事をまず認識しなくてはなりません。この事が大前提にないと先に進みません。ですから人前でギターを弾くには色々なコツや、それなりの弾き方があるのです。
上手い人やプロで弾いている方はそんな事は考えもしていない方もいますが・・・それでも考えてはいなくても自然と人に聞かせる術を身に付けているのです。

人に聞かせる時にいちばん大切な事は、まず自信満々に弾く事です。私がプロで弾き始めてとにかく言われたのが・・・”ソロはとにかく自信を持って弾かないとダメだ”でした。
確かにその通りなのです。自信のない気持ちは音に確実に出ます。聞く人には確実に分かります。特に一緒に演奏しているバンドメンバーには、120%分かります。自信だけは持って弾く事で、全然違うのです。開き直りでも何でも良いです、自分がこのソロを弾いたら日本で一番だと思うくらいの気持ちで弾くのです。自信は本当に音に出ますから、その為にも練習なのです。
自信が持てるまで、練習・練習なのです。アスリートに近い心境かも知れませんね。

次に大切なのは音量です。蚊の鳴くような音で弾いては駄目です。私の経験上他のメンバーから少し”音が大きい・・・”と言われる位で弾く気でいないと、折角自信を持って弾いても効果がありませんね。上手いギタリストは音も基本デカイです。上手いドラマーが音が大きいのと同じです。音の大きさは特にソロでは効果的なのです。音量は経験で判断するしかありませんが、大きい方が小さいより良いのは間違えないです。
確実にピッキングが強い事が必須条件です。単に音量だけでは無くてピッキングの強さも大切な事です。

後はフレーズの表情付けのは、少し多い位で丁度良いです。チョーキングとビブラートそしてフレーズの切りどころ何かは大げさなくらいで良いと思います。この辺がプロとアマの大きな違いなのです。
金剛さんなんかはこの辺が抜きん出ています。参考にして頂くと良いと思います。コードで流す時も大げさなくらいアタックを強く弾く事で全然違って聴こえます。
8分のアルペジオなんかもスネアが入る2・4拍目は強く弾く事を意識すると全然違います。
聞く人にはアンサンブルの中で埋もれてしまうのがギターです。ドラムに負けないくらいのアタックで弾ける様にするのが良いと思います。

他には意外と思われますが、私が先輩たちから良く言われましたが”体でギターを弾く”でした。
チョーキングは体全体で持ち上げるくらいの気持ちででないと駄目です。一度トライしてみて下さい。体全体で弾くと全然違います。
後はカッティングも同じで腕の振りは大きく意識した方が良いです。キレが全然違います。8ビートダウンストロークもとにかく体全体で強く弾けば全然違う音になります。思った以上に大げさな位で良いと思います。

人に聞こえる音は自分に聞こえる音と違うのだと思う意識は常に気にしてギターを弾く事は、とても大切なことなのです。
その為には、練習の時にも意識するとその後のギターに大きな違いが生まれるはずです。

以上はあくまでも、私が経験した事や他の上手いギタリストを見てきて感じた事です。賛否は別れるかも知れませんが・・・一度はだまされたと思ってトライして見て下さい。

余談ですが、簡単なフレーズを難しそうに弾く事と逆に難しいフレーズを簡単そうに弾くと見ている人には上手いと思われます。
これも先輩たちから教わった事ですが、私は常に意識していますね。
スポンサーサイト

コメント

貴重なアドバイス

プロの方ならではの、貴重なアドバイスだらけで、どれも、うなずけることばかりです。

自分は、ギター教室に通った時期でも、アンプにつながず、エレキギターを練習していたので、発表会で演奏するとき、ピッキングが弱く、音が小さすぎたり、ノイズ処理ができていないことに愕然としました。

チョーキングやビブラートも、自分では強くかけたつもりが、ヌペーっとした音になっていて、この数年、YouTubeを見て、みんなびっくりするくらい、大きく弦を上げ下げしているのに気づき、自分がフレーズの最後の処理が甘いのを実感しています。

これからの練習に生かしていきますので、引き続き、こうした記事をお願いします。

ギターマジシャンさん

今回もコメントありがとうございます。

今回は私が人からのアドバイスや今迄見て来たギタリストはどうやって弾くのかを、まとめてみました。
参考になって頂いて、私も書いた事が報われた気がします。

色々な意見はあると思いますが、私の経験では上手い人は殆どの人が、こんな感じで弾いていました。
今後も気付いたら、この手のまた書きたいと思います。


なるほど

勉強になりますと言いたいところですが、レベルが数段違いました。
ただピッキングの強さは経験があります。
月に1回でも人前で弾いている時はいいのですが、仕事が忙しくなって、人前で弾く機会が1年位なくなった時代は、部屋で蚊の鳴くようなアンプの音でパラパラ弾く癖がついてしまい、ピッキングがかなり弱くなってしまいました。
1年ぶりに人前で弾くと、全然まともな音が出なくなっていた経験がありました。
フレーズや音列の前に1つ1つの音色が肝心だ、というのはこの歳になってやっと気が付くところですね。

AKIさん

いつもコメントありがとうございます。

今回の記事は私がずっと意識している事とか、今迄見てきた上手いギタリストが、どんな感じで弾いていたかをまとめただけです。
レベルなんて皆同じです。同じ6本の弦のギターを弾いているのですから。
ただ、意識の持ち方とかがそれぞれ違うのでその事で損をしているギタリストもいるはずです。ですから今回の記事が少しでも参考に慣れば良いかな思っています。

ピッキングは確か前の記事でも書きましたが、練習の段階から強いタッチで練習するのが良いと思います。
ピッキングの練習を3日サボると取り戻すのに3日かかります。それだけは私の経験からハッキリ断言出来ます。

私は最近全くギターを練習していません。仕事も忙しく休日も何かとあって全然練習時間が取れません。もう取り返しが付かないレベルかも知れません。反省しています(笑)。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO