ミュージシャン時代の話し 演歌編

私がプロで最初にツアーに出た仕事は演歌の仕事でした。18才の後半の頃です。
当時はツアーなんて言葉はなくて演歌系の仕事は”ビータ”と呼ばれていました・・・旅を反対語で言っていたのです。

私は全然駆け出しのしかも高校生ですから、仕事を選ぶなんて出来ませんでした。依頼があれば何でもするしかない状況でしたからね。演歌だろうがなんだろうが仕事があれば嬉しかったですし・・・。
何しろギターを弾いてお金が貰えるんですから、こんな幸せはありませんでした。ですから来た仕事には不満なんて全然無くて、一生懸命頑張りました。

地方に行くのも初めてでしたので、その演歌ツアーの仕事は今でもハッキリと記憶しています。
演奏させて頂いた歌手の方たちは既にピークを過ぎた方たちでしたが、その世界では先生と呼ばれる位の歌手の方々でした。
灰田勝彦さん菅原つづ子さん伊藤久男さんと他にはこまどり姉妹さんでした。私の両親ですら懐メロとして聴いていた方々でした。当然ですが18才の私が知っている訳は無かったですし、大変失礼な事にお歌の方は何一つ聴いた事もありませんでした。

バンドは東京で当時は有名なビックバンドでしたが、ギターの方が居ない編成だったので私が参加する事になった訳です。
あるギタリストさんからの紹介で仕事を頂きました。高校の方は担任に事情を話して休ませてもらいました。付属高校だったので既に進学も決まっていたのでOKが出ましたね。ツアーの期間は10日間でした。
九州を廻るツアーで1日2ステージでした。勿論リハ無しです。全て初見での演奏でしたが何とか頑張りました。

初めてのツアーが演歌でしたが、楽しかったですし勉強にもなりましたね。最初はビックバンドの方には”何だこの小僧は”みたいに思われていました。当たり前ですよね、駆け出しの高校生ギタリストですから・・・。
その前にも演歌の仕事は単発で少しはしていたので、演歌の弾き方は少しは分かっていましたから慣れるに従って自分でも分かるくらい日々上達して行きました。
最初は隣で弾いているベースの方は完全に私の事は無視に近い状態でしたが、3日目位からお話をしてくれる様になりました。色々とアドバイスなんかも頂きましたし、この先の事とかも移動中に相談に乗ってくれましたね。そのツアーの後でもお電話で色々と相談させて頂きました。とてもありがたかった事だと思います。

今でも覚えているのは伊藤久男さんの歌う姿です・・・直立不動で歌う姿は凛としていて流石は往年の大スターだと思いましたし、貫禄も充分感じられました。
その伊藤久男さんから”君は若いのにしっかりしたギターを弾きますね”と言われた事は、ほんとに嬉しかったです。

やはり演歌と言えどもギターの出番は結構あります。短いですがソロもあるし歌中のオブリガードも全て譜面通りに弾かなくてはなりません。一番苦労したのが菅原つづ子さんの曲でした。途中でバンドがブレイクで休止したあと、少しの間を置いてかなり厳しいギター一人のカデンツァがありました。フリーテンポのカデンツァでしたが、そんなのは弾いた経験がありませんでした。
その後に歌がまたスタートするので何があってもミスは許されないカデンツァでした・・・譜面を見た時になんじゃこりゃ~と思う位のフレーズでした。
運良く最後の日まで何とかミス無く弾き切れました・・・ベースの方が最後の日に”よく弾いたねあれ・・・他のギターだったら1回位はミスってるよ”と言って頂いて涙が出るくらい嬉しかったです。

何が何だか分からないけれど何とか最後まで努められた事は、その後の私には自信になりました。ビックバンドの方たちも後半には優しく接してくれましたし、色々と教えてくれた事も沢山ありました。
あとは移動の最中のビックバンドの方たちの旅慣れた雰囲気も、私にはこれがプロの世界なんだなと感じさせてくれました。

その後の演歌の仕事にも少しは自信が持てる様になった、私の思い出深い仕事でした。
スポンサーサイト

コメント

演歌

プロのギタリストになりたいと夢を語っていた頃、父から、それなら古賀メロディが弾けなければ駄目だと言われました。

流しのギターじゃあるまいしと思いましたが、テレビで木村好夫の演奏を見たり、歌のない歌謡曲のような番組でトラビスビーンで弾きまくるギタリストを見て考えを改めました。

湯の町エレジーとかの楽譜を買って練習して、演歌もあなどれないと実感しました。

高校生のLes Paul L-5さんが、プロの世界でビッグバンドの方に認められていくお話は、「ジャズカントリー」みたいで感動します。

ギターマジシャンさん

いつもコメントありがとうございます。

最近は昔話ばかり書いていますが、お付き合い頂いて感謝します。
若い時の話は鮮明に覚えているものです。特に駆け出しの頃は楽しかったですが、その倍の以上辛い事や悲しい事も覚えています。

木村好夫さんは当時は五木ひろしさんのバンドで弾いておられました。演歌界では小鈴さんと云う大御所ギタリストがいらして、2番手が木村さんと言われていました。

私も演歌から学んだ事は沢山ありました。好き嫌いだけではなく何にでもチャレンジ出来た若い時が、今は良かったなと思っています。
昔話は気がついた時に下書きでストックしてあるので、また公開します。


ど迫力

いつもLes Paul L-5さんの現役時代の話は興味深く面白いのですが、今回の話も迫力ありすぎです。
演歌というと、私もビータ(もちろん日帰り)で田舎町の夏祭りに行って、ビッグバンドのギターで弾いた記憶があります。さすがに初見では無理なので最低1回はリハ付きのアマバンドでした。ギャラ代わりに夏祭りで売れ残った野菜やビールを山ほどもらったり。

ソロのカデンツァのエピソードとか、震える緊張感ですね。
私など、トラで入って、1日のステージで首になったこともありましたから(笑)
実力あればこそのエピソードだと思います。

Akiさん

いつもコメントありがとうございます。

迫力ですか・・・私は当時、本当の駆け出しでしたから何の迫力も無かったですし、不安の中でギターを弾いていましたよ。
とにかくデビューが人より早かっただけの話です。嬉しい事ではありますが、その分嫌な思いは数え切れない位ありました。

Akiさんもトラで弾いていたとの事ですが、トラは本人以上のギターを弾かなくてはならないので凄い経験だと思います。
私もトラは数限りなくやりましたが、気合を入れて弾いていました。レギュラーの仕事の方が数倍楽でしたよ。

演歌の話にお付き合い頂きありがとうございます。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO