久し振りのミュージシャン時代の話し

何度もこのブログで書いてきましたが、私がプロギタリストとしてデビューしたのが、高校3年生の冬です。
10年業界でギターを弾いて来ました。10年は長いようですが、今思うと凄いスピードで時間が過ぎ去っていたと今は感じています。

私は今迄誰のコンサートでバッキングの仕事をして来たのか・・・余り実名は書いてきませんでした。理由は色々ありますが何だか自慢話みたいになるなが嫌で書く事は控えて来ました。
しかしどうしても今書いてお置かなければ後悔するであるかと思って、勇気を持って一つのエピソードを書く事にしました。
私がプロで10年ギターを弾いて来た中で一番宝物の様なエピソードがあるのです。この事は我が家のかみさんしか知らない話なのです・・・自分の中の大切な思い出なので自分の中でしまって置きたかったのです。

私は19才になって半年してから(私は4月生まれなので高校を卒業して半年後話です)、先輩ギタリストの紹介で当時のトップアイドル・・・今では伝説となっている百恵さんのバンドに入ることになりました。
編成はホーンセクションが3名・リズム隊はドラムにパーカッションにベースはそれぞれ1名ですが、キーボードは3キーボードでした。肝心のギターですが紹介して頂いた先輩ギタリストと私の2名でした。コーラスは女性3名なのでかなりの大所帯の編成でした。当然トップ歌手ですからマネジャーさんに至っては常に4~5名はいたと思います。

まぁ駆け出しの19才の私が入れるなんて夢にも思っていませんでした、何しろ他のメンバーは30代以上の方ばかりでしたから・・・今考えてもラッキーな事だったと思いますし紹介して頂いた先輩ギタリストには感謝しかありません・・・。

百恵さんのスケジュールは本当に凄くて平日はテレビ関係の出演で、週末が地方でのライブという感じでした。
私は彼女の愛染橋と云う曲の時は、百恵さんがテレビに出る時はアコースティックギターとしてギターを弾くために一人で付いて回っていました。
業界では当時その手のギタリストは”挿し”と呼ばれていました。当時のテレビ番組は殆どがビックバンドが演奏するので、売れている歌手の方は”挿し”のギタリストを連れて出演するのが通常でした。
やはりビックバンドのギタリストでは中々表現出来ないので仕方がありませんでした。

余談ですがギターにうるさい野口五郎さんの”挿し”を演っていたのは、後にテンソウのギタリストの横内タケさんでした。何度かテレビでご一緒した事があってお話する機会がありましたが、凄く良い人でした。勿論ギターは私なんて足元にも及びませんでした。その昔かまやつひろしさんのバックでオレンジというバンドがあって、そこでギターを弾かれていたのは中学生の時に知っていたのでその話で盛り上がったりしました・・・。

私が百恵さんのバンドに在籍していたのは引退される半年くらい前までです・・・とても良い経験をさせて頂きました。
アコギで1コーラスギターと歌だけの曲なんかもあって百恵さんが私に、自分はこうやってリズムをキープしているのでギターもその感じでキープして欲しいとわざわざ私ののところま来て、リズムを口ずさんでくれました。

コンサートでは名曲ばかりで演奏していて本当に楽しかったしですが緊張もハンパではありませんでした。
いい日旅立ちや秋桜は思わず聴き入ってしまうくらい百恵さんの歌唱は素晴らしかったです。

良い事ばかりではありませんでした・・・ツインギターの絡みが駄目でお叱りを受けた事も何度かありましたし、ホーンの方達には聞こえるように嫌味も言われたりしました。辛かったですが駄目なのは自分なので必死でした。
キーボードの方たちはとても優しく接してくれましたし、その事で逆に期待に答えなくてはとプレッシャーもかなり感じていました。

エピソードは2つあります・・・。
一つは地方のステージに上る10分位前に百恵さんからこんな事を言われました・・・”私も長い事歌っているけれど自分より年下のミュージシャンと一緒にライブを演るのは初めて・・・歳を聞いてびっくりしたよ”と気さくに話して下さいました。
私は何と答えて良いのか分かりませんでした・・・確かありがとうございますなんていったと思います。

もう一つのエピソードは私の一番の思い出です。
コンサートが終わって新幹線で帰京するのですが、当然百恵さんはグリーン車で私達ミュージシャンは普通の指定席です。
そこで事件が起こりました。なんとグリーン車の百恵さんは私の所にわざわざやって来てくれて、少し話がしたいと言ってくれたのです。
当然新幹線の中はパニックです・・・百恵さんが普通の座席に来たんですからね。マネージャーさん達は大騒ぎです。
しっかりガードして大変な事になってしまいました。
百恵さんは当然窓際の席に座って私も窓際だったので、向い合せの格好になって、殆ど膝を突き合わせて1時間ほどお話をさせて頂きました・・・。驚いたのは話の内容です、私に興味があるはずなんて無いと思っていたのに、かなり私の事を色々聞かれました。音楽とは関係のない話がほとんどでしたね。
普段の生活とか、彼女は居るのかとか、いつからギターを弾いているのかとか色々質問されました。私も聞かれたからには答えない訳には行きません。最後は何だか普通の女性と話している感覚になっていました。
それくらい百恵さんは素晴らしいお人柄でしたね。

日本中の人が憧れる人のバンドでギターを弾けるだけでも幸せなのに、新幹線の座席で向かい合わせで色々な話が出来た事は遠い昔の話ですが、今でも鮮明に記憶の中にあります。
ステージやテレビとは違って、ラフなジーンズ姿だった事も驚きでした、何処にでもいる若い女性の様でした・・・そして何より気さくで良く笑う方だったのも意外でした。
あとは本当に美しい方で、光り輝いていました。
既にご結婚の発表をした後だったか、前だったかは記憶が定かではありません。

私のギター人生の中でも最高の思い出であることは間違えありません。

百恵さんのライブで初めてライブに向かう新幹線の中でマネージャーさんからその日のライブの譜面を渡された事も驚きました。私はリハもなく一体何時譜面が見れるのか不安で仕方がなかったでしたから。まさか初見でやる事はないと思っていましたが、何時までたっても譜面が手元に来なかったです。私は新幹線の中でとにかく譜面とにらめっこでした・・・そして初ライブをこなしたんですから・・・自分でもよく頑張ったと思います。

有名な引退公演のギターにはスタジオ・ミュージシャンの沢さんが弾いています。沢さんはGS関連出身のギタリストで腕前はピカイチでしたね。亡くなったジョーのバンドにいたらしいです。ギターはB・C Rich を使っていました。
私の先輩ギタリストとツインでやっていました。私の出番なんてある訳はありません、レベルが違いすぎました。
その後沢さんは沢田研二さんのバンド、エキゾチックスで初期頃ギターを弾いていました。
私が沢田研二さんのバンドのオーデションを受けた時にいらっしゃいましたね。その後に引退公演があった訳です。

引退公演のレコードは裏話があってドラムパートは渡嘉敷さんが後から差し替えのダビングをしています。色々な事情があったとの事は私も聞いています。

私がプロになって10代のうちに大人達・しかもかなりのレベルのバンドに入れた事は幸せだったとしか言えません。
しかも百恵さんと個人的にお話できた事、人生の大切な思い出です。大切にしています。
スポンサーサイト

コメント

山口百恵

以前の記事で、松田聖子のバックで演奏されている映像にも驚きでしたが、山口百恵となると、もう伝説と言ってよいくらいです。

個人的にお話されたこと、思春期を半ば籠の鳥のように芸能界に囲われて過ごしたので、普通の生活、考え方に興味があったのでしょうが、すごく貴重なお時間でしたね。

初見の件、パクられないように本番まで譜面を渡さないとか、ピンチヒッターの場合、リハのテープを渡され、耳コピするとか、素人の自分には、とうてい無理なレベルです。

沢さんという方は、あいにく存じ上げなかったのですが、どなたかのバックでの音源は残っているのでしょうか?

ギターマジシャンさん

コメントありがとうございます。

確かに何かミステリアスな感じを持たせて売り出した人でしたので、気難しい人かと思いましたが・・・全くの常識のある私達と同じ感覚の女の子でしたね。楽しい人でした。

沢さんは業界でも結構知らない人がいましたね。私も接点が無かったら知らなかったですね。
音源は確かめてはいませんが・・・ジョーのバンド”フォー・ジョー・ハーフ”にいたはずのですので私も確認してみます。

当然百恵さんのラスト・コンサートで音は聴けますよ。後はエキゾチックスくらいだと思います。

沢田研二さんのオーデションでは全く同じリッチを持っていて、変な感じでしたね。沢さんがバンマスだったはずです。

驚きです

当時の山口百恵さんは、トップスターでしたから、そのバックバンドを勤めていたというのはものすごいことです。アルバムでは、今剛さんや松原正樹さんがギターを弾いていた記憶がありますが、ライブバンドはまた、違うメンバーでやられていたのですね。

当時は、(自分と年齢がほぼ同じということもあり)中三トリオみたいなイメージがあって、歌を聞くということはほとんどなかったですが、この歳になって振り返って聞くと、歌の上手さはもちろん、ディープアルトのつややかさは天性のもの。
あと10年遅く生まれていたら、女性ボーカリストとして日本を代表してたかも。
その百恵さんとプライベートに話したとは。忘れられないですね。

プロのバンドキャリアの話は、迫力がありすぎて、私のような素人ミュージシャンには驚きとうらやましさで一杯です。

Akiさん

コメントありがとうございます。

私が百恵さんのバンドに入れたのは数々のラッキーが重なっての事なのですよ。
バンマスのギタリストが降りてしまいメンバーチェンジがあったりとかで、若手の私を推薦してくれたのが、先輩のギターとキーボードの方だったからです。
何のオーデションもなく入れたのは今思っても幸運だとしか言えません。

レコーディングは前期の頃は矢島賢さんがかなり弾いています。プレイバックなんかは矢島さんですね。
後半は殆どが松原正樹さんが弾いていましたね。アレンジャーが萩田光雄さんだった事が多く、正樹さんご指名が増えた感じです。
ラストシングルのさよならの向こう側の後半の1分を超えるギターソロは正樹さんのソロの中でも人気があるみたいです。
アルバムなんかでは青山徹さんなんかも弾いています。勿論、金剛さんも弾いている曲もありました。

確かに今聴いても本当に素晴らしい歌唱力ですよね・・・百恵さんの曲は彼女の歌唱が無くては成立しません。
そんな百恵さんの後ろでギターを弾けた私は、実力は別としてとても良い経験をさせて頂きました。


ディメオラ

ミュージシャン時代の話、大変興味深く楽しく読ませて頂きました。昔ブラウン管の中の百恵さんがアルディメオラっぽい風貌のギタリストと背中合わせで腰を落とすパフォーマンスをしたのがカッコ良かった憶えがあります。ホントにディメオラに似てたか?は分かりませんが無精ヒゲとサングラスをかけてたような?L-5さんでは無いですよね?またミュージシャン時代の話し聞かせてくださいね。楽しみにしてます。

Tonyさん

コメントありがとうございます。

ディメオラ風のギタリストですがお名前は山岡さんですね。皆にはチュウさんと呼ばれていました。
百恵さんがロックンロール・ウィドウをシングルで出すので、演出的に私とか先輩ギタリストでは余りにも似つかわしくないので、事務所側が頼んだギタリストです。当時40才手前の方でした・・・GS出身の方で珍しくフェンダーのジャガーをメインギターとして使われていました。
先輩ギタリストもスケージュールが忙しく、ライブは私も含め3人で交代でライブをこなしていましたね。私が抜けた後は引退公演までライブは先輩ギタリストと山岡さんで演奏されていましたが、引退公演の少し前から沢さんが加入されて、山岡さんも抜けてしまいました。

とても懐かしい思い出です。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO