ビンテージ・トーン

ビンテージ・トーンの本当の所は良く分かりません。ビンテージ・ギターを所有した事がないのですから仕方の無い事だと思います。
ただ私が思うビンテージ・トーンはこの映像の音が正しくビンテージのそれだと思います。

弾き手はロベン・フォードですからどんなギターでも良い音で弾けるのは当然として・・・それにしても前半部分で弾いているゴールドトップのレスポールのサウンドは素晴らしいです。
このギターはカールトンと東京ジャズで来日した時に使っていたギターですね。所有者はカールトンで、その前の所有者はキース・リチャーズだとの事です。57年のレスポールですね。

何が良いのか・・・私は色々考えましたが、やはり枯れたサウンドとアコースティックな響きが感じられる事だと思います。
ストックの極々普通のフェンダーアンプでこの音が出るのですから、やはりギター本体の音が格段に違いますね。

後半部分ではロベン・フォードの代名詞のギターですね・・・不幸にもお亡くなりになった日本人ギタービルダー坂下さんのギターです。このギターの音も私は全然悪いとは思いませんが、やはり 57年の音とは差がありますね。

ビンテージだから何もかも良いとは思いませんが、ギターの持つ響き方が私の耳には違って聴こえます。
現代のギターは狙い所がそもそも 50年代のギターと違うのだと思います。確かに良い木材がふんだんに手に入る時代ですから木材のセレクトの段階から今の時代とは違うはずです。
あとはギターを作る職人さんの心意気みたいなものが、凄かったはずです。今迄に無いものを作り出す作業ですから手間暇を掛けて作り込んでいたのだと思います。
勿論、大量生産なんて考えて作ってもいなかったはずですから・・・手作業で丹念に作られているのだと思われますね。

作り手もまさかマーシャルアンプで歪ませて使うなんて考えてもいなかったはずです・・・ですからナチュラルトーンに重きを置いて作った結果が、アコースティックな響き方を生み出しているのかなと思います。

能書きはともかく、ビンテージ・ギターの音はやはり素晴らしい事だけは確かな事実だと思います。欲しいですよねビンテージのレスポール・・・。

スポンサーサイト

コメント

ビンテージ

ビンテージワインと同様に、高級感あふれる響きの名称、ビンテージギターですが、いつのまにか投資対象となり、まったく手の届かない金額になっています。

自分がギターを始めたころ、オールドギターなんて中古じゃないかと、横目に見ていましたし、ジョンが使ったスペアのカジノを石橋楽器で見たときも、何で中古が新品の何倍もするんだと思ったほどです。(まだジョンも生きていましたし)

先輩が持っていた60年頃のストラトの枯れた音を思い出すたび、70年代なら、自分にも買えたよなあと悔やまれます。

自分のレスポールは、78年頃に再発したスタンダードで、当時のギブソンはひどかったとリペアマンの友人に言われましたが、生音で弾く限りは、マイクブルームフィールドっぽい音だと思ってます。(歪ませると、豚の鳴き声みたいになったりしますが)

そう自分に言い聞かせつつ、もう少し足せば、オールドを買えたなあと、ため息です。

ギターマジシャンさん

コメントありがとうございます。

私も全く同感で、投機対象になっているのはいかかがな物かと思います。
私も70年代なら余計なギターやアンプを買っていなければ、50年代のギターは手に入れらと思うと残念で仕方ありません。
当時は今の値段とは比較にならない値段で出回っていましたからね・・・。後悔しています。

まさか3000万オーバーの金額になるなんて、誰一人思っていなかった時代ですから・・・。
高嶺の花のギターなので、ネットで聴いて楽しむしか出来ませんね(笑)。

ギターも良い音してますが、ロベン・フォードのギターは流石としかいえませんね。

非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO