GuitarRoom&MusicWorld 

ギターと音楽のお気楽日記

やっと見つけました

過去の記事で10代の私が渋谷のESP で購入したトロッコ。その画像がないかと、ずっと探していたのですが・・・中々見つけられずにいて、半ば諦めていたのですが今回偶然に見つかりました。

色・ボディ・ピックアップ・インレイ・バインディング・・・全て記憶のままです。間違えなく私が所有していた個体です。
何とも懐かしくて、感慨ひとしおです。
自分が何十年も前に手放したギターが、こうして現存していることに歴代のオーナーさんに感謝したいと思います。

とにかく懐かしくて何とも言えない気持ちです・・・。当時は直ぐにギターの入れ替えをしていたのですが、今となっては後悔しています。
このギターは状態も良さそうで、私は嬉しく思っています。。。

トロッコ
スポンサーサイト
  1. 2017/05/21(日) 22:25:46|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ビンテージ・トーン | ホーム | 素晴らしい若手ギタリスト>>

コメント

かつての愛器

写真を拝見すると、インレイがすごく独特のデザインですから、まず間違いないのでしょうね。

REOスピードワゴンのギタリストが、来日したときに、「REOのギタリストが使ったレスポール」として楽器屋にあったのを見つけて、確かに俺のだと買い戻した記事がヤングギターに載っていました。

トロッコは、なかなかそうはいかないですかね。
  1. 2017/05/22(月) 19:02:37 |
  2. URL |
  3. ギターマジシャン #-
  4. [ 編集 ]

ギターマジシャンさん

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、インレイの特徴はかなりのキーポイントでした。
他にもペグとボディーカラー・・・他にも自分だけが分かる所が多数ありました。
かつて手放したギターがこうしてネットを通して見つけられるのは、感慨ひとしおです。

試作機は確か2本だけが作られたと聞いています。その内の1本なので今思うと手放したのが残念で仕方ないです。
  1. 2017/05/22(月) 20:09:21 |
  2. URL |
  3. Les Paul L-5 #-
  4. [ 編集 ]

感動的です

同じ個体ですか!同じ機種ではなく。
それはもう感動ものだったでしょうね。
(過去の記事とそのコメントも読ませてもらいました。)
なんというか、40年前に満州で生き別れた親に会った時のような。
私も、ブログで20本近くのギターを紹介していますが、半分位は処分して手元に残っていません。
若い頃って、音楽の好みはもちろん、ギター音色の好みもどんどん変わっていきますし、なんといってもお金が無いのに欲しいものだけはどんどん出てくる時ですから。
今は、手持ちのギターを今後どうしようか、別の意味で時々考えますね。
  1. 2017/05/28(日) 20:29:08 |
  2. URL |
  3. Aki #-
  4. [ 編集 ]

Akiさん

コメントありがとうございます。

今回は本当に偶然ネットで見つけて、感動でした。確かに生き別れた身内に会った様な気分でした。
試作機なので作りが本当に良くて・・・何で手放したのか今思うと馬鹿な事をしました。後悔しています。

トロッコはマニアの間では結構人気があって、一時でも所有していた事は良い思い出です。
  1. 2017/05/28(日) 21:47:19 |
  2. URL |
  3. Les Paul L-5 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://badcat3547.blog35.fc2.com/tb.php/178-6c96ee5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

What's New

Comments

Categories

Rink

このブログをリンクに追加する

Sarch

Archive

TrackBack

RSS Feed

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる