素晴らしい若手ギタリスト

また最近YouTube で素晴らしいギタリストを見つけました。
彼のもっと若い時の動画は過去に見たのですが、この数年でここまで凄いギタリストに成るとは・・・。
とにかくギターのトーンがハンパではないです。私の理想の音はこんな感じの音なんです。
ギターの音を聴くだけで鳥肌モンですね。

曲はマイケル・ジャクソンのナンバーですが、歌心もあってオリジナルを超える位の出来だと思います。
サイドメンもL.A の超大物ばかりですが、彼の弾くギターは一歩も負けていません・・・凄いです。
この先、どうなって行くのか・・・楽しみなギタリストです。

P.S ハービー・メイソンのドラムも凄いのは忘れてはいけませんね。

スポンサーサイト

コメント

ジャズフュージョン

スムースジャズの意味が今一歩わからない自分としては、これがそうなるのかも不明ですが、クロスオーバーからフュージョンと呼び名が移行していくあたり、ジャズフュージョンとかソフト&メロウのサウンドが、こんな感じだったでしょうか。

音色的には、パットメセニーを少し太くした感じで、フレーズは、ウエスやビバップを弾く時のリトナーのようです。

ベンソン、リトナー、カールトンが日本で流行すると、いくらでもいるとばかり、ロベン・フォード、ジョン・トロペイ、デビッド・スピノザ、スティーブ・カーンにバジー・フェイトンが次々と紹介され、さらにボビー・ブルーム、カルロス・リオス、マイクスターンら若手も台頭、とにかく層の厚さを感じましたが、今も状況は同じなのですね。

ギターマジシャンさん

コメントありがとうございます。

彼はどちらかと言うとジャズ寄りのギタリストだと思います。
昨今のスムーズ・ジャズの方がセールス的にはよいので、今回のレコーディングはプロデューサーの意向で実現したのだと思います。いずれにしても素晴らしいの一言だと思います。

今後がどうなって行くのか、凄く興味があります。私としては今の彼はまだまだ伸びしろがあるので期待して見ていきたいと思っています。スタンダードを演っているのを聞きたいですね。

ルカサーのバッキングワークも中々良いですね・・・良いセッションだと思います。

最近のスムーズジャズってこんな感じなんですね。古い人間なんでスティーヴカーンのタイトロープやブルーマン辺りの音を想像してしまいました。良い若手が出てくるのは嬉しいですね!個人的はこれからこのバンドでのティムミラーのような方向に進んで欲しいなあと勝手に思いました。試聴先をリンクしてみました。ギターが出てくるまで時間がかかりますが浮遊感のある音色で心地よいです。https://janekgwizdala.bandcamp.com/album/live-at-the-55bar

Tonyさん

コメントありがとうございます。

私も負けずに古い人間なもので(笑)・・・スティーブ・カーンのタイトロープはかなり聴いていました。
スムース・ジャズのカテゴリーは私もよく分からない所があるのですが、昔はかなり尖ったギターを弾いていたラリー・コリエルなんかも今はメローなギターを弾いていて、少し驚いています。
私も今の年齢ではこの手のサウンドが耳に心地よいのかも知れませんね。

若いギタリストの落ち着いた、それでいてしっかりとしたテクニックを持ち合わせたギターは感心するばかりです。
貼り付けて頂いたリンクの音源を聴きましたが、素晴らしかったです。ありがとうございます。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO