Ⅱm7-Ⅴ7 バリエーション。

今回はマイナーコードへ解決する時のⅡm7-Ⅴ7について書く事にします。
基本的にマイナーコードへ解決するときのⅡm7-Ⅴ7はメジャーコードの解決の時とは違ってきます。
Ⅱm7-Ⅴ7はⅡm7♭5-Ⅴ7♭9 と変形するのが定番の進行です。ギタリストの場合、ジャズでは色々なパターンのヴォイシングが存在していて、色々なパターンがありますが・・・問題はポップス系やフュージョン系でのカッティングの時にはジャズ系のヴォイシングが意外と合わない事が多々あるのです。

カッティングの際には基本低音弦は使わない事が多いので、ジャズ系のヴォイシングが合わなくなるのです。
私の経験ではやはりジャズ系のヴォイシングは使わずに、別のヴォイシングを研究しました。これが意外とポップス系ではマッチするのです。Ⅱm7♭5-Ⅴ7♭9の場合、半音進行する音が存在するのです。その音をトップに持って来ると違和感のないコード感になります。

Key in Cm の場合で考えてみると Ⅱm7♭5-Ⅴ7♭9 は Dm7♭5-G7♭9 となりますが、この時の半音進行部分はDm7♭5 のCと G7♭9 のB なのです。C から B への半音進行をトップに持って来るとコード感を壊す事なく自然にDm7♭5-G7♭9 から Cm へ解決するヴォイシングが成立しますので、試して見て下さい。

私は1弦か2弦にトップを持ってきて弾いていました・・・特に問題はありませんでした。極端に♭5 や♭9 を強調すると弾きにくいポジショニングになるのと、カッティング向きではないポジショニングになってしまいます。
私の経験の中ではレコーディングでもライブでも問題はありませんでしたので、比較的良いのかも知れませんね。是非試して見て下さい。

今回は”トップノートの音の流れを意識する”でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トップノート

ジャズのバッキングは、渡辺香津美のジャズギターコードワークが何よりのバイブルでしたし、あのフォームでいくつかのコード進行を覚えれば、かなり応用がききました。

クロスオーバーやニューミュージックのバッキングでは、おっしゃるとおり、トップノートの選択が重要で、自分の場合は、この進行では、トップを1弦10フレのDにしがちで、2弦は9フレになるから、Dm7♭5とG7♭9がほとんど同じ響きになるうえ、小指のハンマリングによる味付けがやりにくいです。

ギターマジシャン

コメントありがとうございます。

渡辺香津美のジャズギターコードワークは私も持っていて(1・2巻共)勉強になりましたね。
トップノートの動きがギタリストの場合かなり重要になってくるので、私も自分なりに試行錯誤して曲調に合うフォームを、幾つか持っていました。現場ではその中から周りの音を聞いてチョイスしていました。

バンドではキーボードとギターがトップノートを、あらかじめ同じ音に決めておくとバンド自体の音抜けが、格段に良くなるのです。私の経験上はそうでしたね。

あまり更新できないブログにコメント頂いて、感謝します。

再開したんですね!

ブログ再開したのをこないだ気がつきました。お身体大丈夫でしょうか?
私も病気を患いながらもギターを弾いてます。また昔話など楽しみにしてます。

Tonyさん

コメントありがとうございます。

ブログは細々ではありますが、再開させてもらいました。あまり更新できないと思いますが、お気づきの際には立ち寄ってくれると嬉しい事です。体調もまだまだ万全ではないのですが、ご心配頂き感謝します。

はじめまして

過去の記事は、プロギタリストの世界のことが生生しく書かれていて、また、プロのギタリストのシビアな感覚が興味深く、
2014.3の記事にコメントを付けたものの、その時点で既に中断されていたようで、
もう少し早く気づけばと非常に残念に思った記憶があります。

学生時代、いろいろなお店に出入りしてプロ崩れの友人も結構いたので、それと重ね合わせて、過去記事をすべて読ませて頂きました。(自分は、へっぽこアマチュアギタリストですが。)
私のブログも、ここ3年で海外旅行ブログ的になりつつありますが、ギターを中心に、音楽の話も書いていますので、お暇な時に覗いて下さい。
「Weekend in 心はL.A.」のAkiでした。

Akiさん

コメントありがとうございます。

私も先日Akiさんの足跡があって、ブログの方を拝見させて頂きました。私の方こそAkiさんのブログ大変素晴らしいと思いました。何より演奏のアップに聴き入ってしてしまいました。
私のブログは過去の話ばかりで、現在、私の状況は全くのリスナーなのでAkiさんの様な現在進行系のギタリストは心から羨ましく思います。

この際ですので是非ブログのリンクをお願い致します。失礼だとは思いますがお願い出来れば幸いです。

こちらこそ、Linkよろしくです

実は、私もLes Paul L-5さんのプロフェッショナルなブログに、リンク出来たら良いなと思っていたところでした。最近は旅行の話も多くなり、またアマチュアギタリストの1ブログなんて相手にされないかもと遠慮していたので、もう大歓迎です。

CDの感想がちょこっと書いてあるようなブログが多い中、実体験のレポートは読んでいて興味を惹かれますし、なんといっても同年代の方のブログは、同じ音楽を経験してきているので、うなずくところが多いです。

私も、過去進行形ギター弾きになりつつありますが、同じ音楽仲間としてこれからもよろしくお願いします。

Akiさん

リンクの件ありがとうございます。私の方こそお礼を言わなくてはなりません。

私のブログは不定期ですが、是非お立ち寄り下さい。では宜しくお願いします。