ギタリストとリズム総集編 PartⅡ

ギタリストがバンドのアンサンブルの中でどんなリズムを出すかで、バンド全体のグルーブに大きな変化がでます。
何故なら真っ先にベースとドラムの絡みの音よりも先に、ギターのカッティングに耳が行くのが普通だからです。ベードラとベースの絡む音よりも先にほとんどの人は聞き取りやすい音域のギターの音が先に聞こえてしまうからです。

今回紹介したい映像は、ある意味ギタリストとして究極のグルーブを意図も簡単に弾きこなしている映像です。
クルセイダーズにカールトンの在籍していた時期のヒットアルバム”南から来た十字軍”の中でも、カールトンのギターソロが余りにもインパクトがあってそちらで話題になった”スパイラル”です。
カールトンの代名詞とも言えるこの曲ですが、リズムに限っては日本人の最も苦手とするというかクルセイダーズの最も得意としたハネる16ビートを全面に出した曲なんですね。

オリジナルの音源のドラムはステックス・フーパーとベースはハネるリズムならこの人と言われていたロバート・ポップ・パウエルでとても同じグルーブを出すのは、この二人でしか出せないのでは・・・と思うくらいの完璧なグルーブでした。
ドラムのバーナード・バーディーで有名な”バーディー・シャッフル”とも違うハネかたです。

レイ・パーカー・ジュニアはカッティングの名手と言うかほとんどソロを弾きません。ましてヴォーカリストとしてリリースしたゴースト・バスターズとウーマン・ニーズ・ラヴが思いがけずに大ヒットして以降はセッションは、ほとんどやっていなかったと思います。
その少ないセッションの中でもボズ・スキャッグスの”ミドル・マン”のオープニングナンバーの”ジョジョ”で最高のカッティングを弾いています。
この曲のイントロの雰囲気が中々出せなかったんですが、”と・よ・と・み・ひ・で・よ・し”と音符に歌詞を付けたらなんと雰囲気がでたんですよね。

レイ・パーカー・ジュニアの音を最初に聴いたのはハービー・ハンコックの名盤 "V・S・O・P"の2枚組のC面かD面のどちらかで、ワウワウ・ワトソンとの絶妙なカッティングの絡みが最初でした。
単音だけカッティングして残りの弦はミュートして弾く弾き方は当時は斬新でした。
その後はリー・リトナーがコンプを掛けて弾いていましたが、レイ・パーカー・ジュニアの方が私は好きでした。
当時のL・Aではその単音のカッティングは”スカンク”と名前が付いていたそうです。リー・リトナーのインタビューでそう言っていたので、恐らくそう呼ばれていたんでしょうね。

聞いた話だとレイ・パーカーは結構高めの弦高で0.09か0.08ゲージの細めの弦で、ピックはもの凄く柔らかいのを使っていたようです。私も試して見たんですが、なるほど・・・と思う位レイ・パーカーの音がでました。

クルセイダーズが年月を経てメンバーチェンジを繰り返した中でも個人的には圧倒的に好きなメンバーでのライブです。


ギターはどこでどんな繋がりがあったのか・・・レイ・パーカー・ジュニアが弾いています。
リズム隊はオリジナルほどハネない16ですが圧倒的にタイトな感じが凄まじいです。それ以上に凄いのはレイ・パーカーの刻みです。
よく見るとピックは使っていませんが、リズムのキレはハンパではないですし、ギターの音もこれぞカッティングのお手本のような素晴らしいサウンドでです。
当然ソロは弾いていませんが、それ以上に素晴らしいグルーブで若いリズム隊を引っ張っているのは明らかに分かります。

ギタリストにとってグルーブさせるとはどういう事なんだろう・・・と言う答えがレイ・パーカーの刻みにはあります。
凄いアドリブもギタリストには憧れでしょうし、速弾きだってそうです・・・しかし本当の意味でアンサンブルの中のグルーブもどれだけ大変で素晴らしい事かが分かる映像だと思います。
黒人ミュージシャンの演奏だから仕方ないか、凄くて当たり前だよってのはちょっと違うと思います。グルーブやリズムは白人だからとかは関係ないと思います。
恥ずかしながら私はウィル・リーは写真を見るまで黒人ミュージシャンだとばかり思っていました。
リズムに関して言えば今で云うところのクラブ(昔はディスコでしたが)なんかで踊っている若者は立派なグルーブを身に付けていると思います。
私も若い時は踊りはしませんでしたが、ディスコのノリが好きで結構、勉強半分・遊び半分でいっていたんですよ(笑)。

スポンサーサイト

コメント

レイ・パーカーJr

「ウーマン・ニーズ・ラヴ」は、オクターブもからめたカッティングが、すごく良かったですが、そのまま、ボーカリストになってしまい、「ゴーストバスターズ」は、?マークでした。

ボズでのバッキングも格好良くて、すごく太い音を、ストラトで出していると思っていましたが、クルセイダースのライブのように、当時もレスポールで弾いていたのでしょうか?

カッティングだと、ナイル・ロジャーズや、ポール・ジャクソンJrも良かったですし、今でも「愛のテーマ」のワーワー・ワトソンとデヴィッド・T・ウォーカーのツインギターが、最高峰だと思っています。

「スパイラル」は、あのギターソロがないと寂しいし、ドラムがスティックス・フーパーでないと、別のバンドのよう、ジョー・サンプルのソロ公演とかに似た印象です。

話はとびますが、クルセイダースの日本公演に、アルフォンソ・ジョンソンを連れてきたとき、ベーシスト一人で、こんなにグルーブが変わるとかと、驚いた記憶があります。たしか、「スパイラル」がFMゴールデンライブステージでかかったとき、別の曲のよう、妙にスローに感じる、あとノリだったように思います。

ギターマジシャンさん

いつもコメントありがとうございます。
アルフォンソのライブは私も見ました。ギターのバリー・フュナティーが見たくて行ったんですよね。来日前に発売された”ストリート・ライフ”の出来が良かったのでどうしてもみたかったんですよね。。。そのアルバムの”ロデオドライブ”はイントロのベースラインとギターのソロが本当に格好良かったですよね。
私達はどうしても”スパイラル”はカールトンのソロが刷り込まれてしまっていますよね。
ただ、このメンバーのタイトなリズムは本当に素晴らしいの一言です。

No title

ギターの限らず、僕らのやってる音楽はかなりの部分リズムが命だと思ってます。例えサックスのソロでもね。アカペラでグルーブが聴こえて来る人で有りたいです。
レイパーカーJRさん最近のボズの「メンフィス」でも大人の良いギターを弾いてます。随分とソフトなタッチになったなーと思っていたら指弾きに変えてたんですね。納得です。
昔のスティックス・フーパーとロバート・ポップウェルのリズム隊はクサイですが、何と云うか呼吸があるうねるリズムでした。(ポケットって奴です)それに比べるのこのリズム体は今時のタイトな感じですね。

酔いどれギターさん

コメントありがとうございます。
最近のボズのアルバムは聴いていなかったので、早速チェツクしてみます。
確かにこの映像も”大人の音”でしかも円熟の境地の刻みには納得ですね。
我々の好きな音楽って本当にリズムがあって成り立っているのは同感です、中々難しいですがリズムが決まると、本当に気持ちよく弾けますからね。
色々な側面からリズムの事ばかり書いて来ましたが、納得して頂けると書いた私も嬉しくなります。

お久しぶりです

お身体いかがですか?私も少々ガタがきました。お互いに頑張りましょう。

初めまして

ギターマジシャン様のブログリンクから流れてきたAkiです。
とても濃い内容のブログのために、やや呆然としながらも頭から
毎日読ませて頂いています。
10年もプロとして活躍されていたのですね。
その真剣勝負の迫力が伝わってきます。業界内部話も興味深いし、
ギターを含めた音楽への愛情も素晴らしく感じます。

私は、まったくのアマチュアですが、学生時代にはプロを
目指した知人が何人もいました。ほとんどは健全なサラリーマン、
たまに海の藻屑となっていますが。
年齢はほとんど同じと思います。私も仕事と家庭の事情で10年以上
ギターを弾いていなかったのですが、約10年前から再開し、
ブログも2年前から始めました。
素人ですが、音楽を楽しんでいることだけは自信があります。

また、現在、ブログとギターは中断されているのでしょうか?
せっかくこのブログを見つけたと思ったら、少し残念です。
できればポツリポツリでも、貴重なお話を書いていただければ。

私のブログ「Weekend In 心は L.A.」は、比べるほどのもの
ではないですが、暇な時にでも覗いて見て下さい。
非公開コメント

Profile

Les Paul L-5

Author:Les Paul L-5
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO