ギタリストとリズム総集編 Part 2

前回の総集編で打ち込みのリズムとギタリストはどう考えて弾くか、少し触れたつもりなんですが上手く伝わらない感じになってしまいました。
私が大好きで80年台半ばに凄く好きで研究したイギリスのバンド、スクリッティ・ポリッティの音を聴いてもらうと対ドンカマに対してと言うより、正確なリズムをキープしながらどうグルーブさせるか分かりやすいと思います。
スクリッティ・ポリッティはスタジオで音を作り上げるバンド形態で、ライブは全然駄目だったらしいですがアルバム『キューピッド&サイケ』は本当に素晴らしい音作りの完成されたアルバムでした。確かバンドメンバーは3人位のバンドで残ったパートはスタジオ・ミュージシャンを起用していました。
同じ時期のイギリスのスタイル・カウンシルも同じようなバンドでスタイル・カウンシルはほとんど打ち込み無しで素晴らしいいサウンドを出していました。
両バンド以外にも80年台初頭からイギリスの音が日本でも流行り始めて私もずいぶん影響を受けました。

話が横道にそれましたがスクリッティ・ポリッティは爆発的に人気があったと言うより、やはり音作りが凝っていたのでミュージシャンやアレンジャーから評価が高かったバンドです。
今聴いても全然いい感じでグルーブしたサウンドをしています。

音作りですがドラム・鍵盤系は完璧に打ち込みですが、一味違うのはベーシストにウィル・リーを起用して彼が弾いたフレーズをシンセベースに置き換えて演奏している点です。ウィル・リーのベーシストらしいフレーズをシーケンサーに入力して強弱も比較的メリハリ付けてプログラミングしています。
ドラムは強い音と弱い音を上手く使って機械的な無機質感を感じさせるのは、当時流行ったゲートエコーを巧みに使ってビート(音符の長さ)に幅を持たせています。
簡単に言うと、曲中のビートは1小節のそれぞれ1拍を強い・弱い・中強い・弱いのパターンか強い・弱い・中強い・強いの2パターンを上手く使っています。
これだけでも機械の正確なリズムだけではなく、その中にもビートを感じる事が出来ます。

ギターはポール・ジャクソン・Jr. が弾いているんですが、何ともノリの良いバッキングをしています(ギターの音の良さも際立っています)。
最初のコード弾きは若干ツッコミ気味で弾いて白玉で目一杯音符の長さを使って工夫しています。
歌に入ってからの単音のミュート弾きは逆に少し引っ張り気味で弾いています。その後のアルペジオはジャストな感じで弾いています。

ポール・ジャクソンJr.がどこまで意識していたのかは分かりませんが、正確なリズムのドンカマに対して色々なアプローチでリズムを弾き分けているいい例でしょう。


対してバンドの中ではポール・ジャクソンJr.はドラム・ベースを引っ張って行く勢いの素晴らしいグルーブでリードしていきます。自分の中にイメージしているリズムが出来上がっているのか、元々がリズムが良いのか考えてしまいますが、本人のインタビュー等では結構考えて弾いていると言っていたので、まず自分の中でイメージしたリズムが出来ているんだと思います。


2曲目の演奏は結構ラフなセッションぽいので、ギターがガンガン他を引っ張っているのが分かります。ギタリストとリズムについて考えても損のない2曲だと思います。

スポンサーサイト

コメント

なるほど!本当にココはためになります。

kenさん

コメントありがとうございます。

そう言って頂けると嬉しいです。来年も書き続けますのでお願いします。

No title

コメントしたつもりでしたが記憶違いだったらしく、だいぶ日にちが空いてからのコメントになってしまいました。

「タメ気味」や「突っ込み気味」という言葉は知っていても実際どの程度ジャストからずらせば良いのかわからず悩んでたので、実際の曲を参考例として細かく解説して頂くのは非常に勉強になります。
1つ目の動画の単音弾きのときはラフめなボーカルと相まってかなり好きです。黒人系のリズムっぽいのかな?ノリがよく体が動いてしまいます(笑)
恥ずかしながら初めてこのバンドの名前を知りましたが、ベースをシンセに置き換えたりハット左右に分けて違う演奏をしたりと、面白い事をするバンドですね。

ギタリストとリズム総集編Part1の記事を見てから音価とダイナミクスのコントロールを意識して練習をしてますが、そこに発音タイミングのコントロールまで加わると1コーラスだけでも自分の思い通りに弾ける気がしません(泣)
曲を聴いた際にどんなアプローチで演奏するのか、というイメージもしっかり持てるようにしたいですし…前途多難ですがやりがいがありますね!

若輩者さん

コメントありがとうございます。

このバンドはイギリスのバンドですが、日本人と同じでイギリスのバンドも黒っぽいノリはやはり苦手のようで色々な工夫をしています。
古くはクラプトンやストーンズもその点で試行錯誤していましたからね。
リズムを引っ張るのは比較的簡単なんですが、突っ込んで弾くのは意外とギタリストは苦手としています。私もそうでした。
何にしてもグルーブといっても様々な形態がありますが、色々な曲を聴きこんで実践するのが一番です。その際はメンバーで理解し合うのも大切だと思います。

来年もリズムとか色々な事を書きますから宜しくお願い致します。

No title

この2曲目、思いっきりベンソンしてますね(笑)ベースはエイブさんでしょうか?この2人の動きを見てるだけでも、良いグルーブを感じてしまいます。
一時期、彼の18番のミュートしない単音カッテイング見たいなのが一世風靡しましたね。僕自身はあまりツッコミとか引き気味とか考えないで自分に気持ちの良いリズムを出す事に心がけてますが、彼らのレベルからだとまだまだなんでしょうね。

Re: No title

コメントありがとうございます。
酔いどれギターさんの仰る通りです。自分に気持ちの良いリズムを出す事は最大の前提です。そこがなければ何の意味もないグルーブになってしまいますよね。
なので私もそこは全く同じ気持で弾いています・・・ただし自分と合う合わないってのは、人間ですからリズムだけに限らずあるとも思います。
仕事として私がやっていた時期はお互いに歩み寄ったり、話し合いでここはこんな感じで的な全員が納得出来るところまではやっていました。
人の考えるリズムアプローチの中にも、なるほどと思う事があったりして結構バンドとしてグルーブしたりもしました。

ただ映像のミュージシャン達は、遥かに高いレベルで演奏しているのは確実です。
あそこまでのアンサンブルで演奏されたら脱帽するしかないですよね。


非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO