GuitarRoom&MusicWorld 

ギターと音楽のお気楽日記

Taxi Driver

ロバート・デ・ニーロの出世作”Taxi Driver”は劇場公開の時に見て以来ビデオでも数限りなく見て来ました。何回見たか数えきれません。映画自体、本当に素晴らしい出来でおそらく自分が見た映画のベスト3には間違いなしに入ります。ストーリーはさて置き、この映画のもう一つの素晴らしいのはテーマ曲です。
世の中美しい曲はたくさんあるでしょうが、この曲の美しさは私個人が思うにはナンバー・ワン
でしょうね。1万回は確実に聴いています。
サントラ盤が当時中々手に入らなくて(当然日本版のリリースはありませんでした)レコードは
タワーレコードの本牧店で偶然見つけて即買しました。
CD化された後も中々見つからなくて六本木のWaveでやっと手に入れたくらいです。

ハリウッド映画ですから当然サントラ盤もロスのセッション・ミュージシャンが使われているんですが、クレジットは全くどこを探しても載っていませがアルト・サックスは120%トム・スコットです。一度何かのインタビューで本人が言っていましたので確定です。

バーナード・ハーマンの作・編曲のサントラ盤は全編通して聴いても完璧な音作りです。
当時A面のオープニング曲がこの曲です


8ビート・バージョンですが何度聴いても、メロディーとコードの絡み方の美しさは尋常ではありません。

次がサントラ盤ではB面のオープニングのスロー版です。
こちらも甲乙付け難い出来です。一つのメロディーの持つ美しさはアレンジを変えても不変である証明でしょうね。


A面ラストにビッグバンドバージョンのテイクがあるんですが間奏のオクターブ奏法オンリーのギター・ソロは最高です。クレジットに載ってはいませんがギタリストはリー・リトナーで確定でしょう。音色・フレージング・タッチの癖、等考えて他のギタリストは考えられません。私は完コピしてリトナー意外に考えられないと確信しています。1:00:02から始まるソロがこちらです


L.AではTV番組のBGMなんかも結構録音されていてジェームス・ラスト・オーケストラなんかではカールトンが弾いていたりして結構面白い音源がたくさんあります。

主演女優のシビル・シェパードはこの後にヴォーカリストとしてスタン・ゲッツとスタンダードの素晴らしいアルバムを出しています。

とにかく美しい曲は不滅ですね。
スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2013/10/10(木) 22:31:12|
  2. 好きなアルバム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニューヨーク・シティ・セレナーデ | ホーム | i Pad mini やっぱり便利>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://badcat3547.blog35.fc2.com/tb.php/153-29b2b29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

What's New

Comments

Categories

Rink

このブログをリンクに追加する

Sarch

Archive

TrackBack

RSS Feed

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる