Winter Family Part 3

エドガー・ウィンターはお兄さんのジョニーを聴き始めて、少しタイムラグがあってから聴きましした。リアルタイムで聴き始めた最初のアルバムが世間的に一番評価の高い、”恐怖のショック療法”と言う凄い邦題の”Shock Treatment”です。

Shock Treatment

画像は裏ジャケットですが、このアルバムの売りはリック・デリンジャーの参加でした。それまでのアルバムが比較的暗いイメージの雰囲気でしたが、このアルバムを境に明るくポップなムードを打ち出して来ました。しかしロック・バンドのジャケットとは思えない出来ですよね。

良くも悪くもエドガー・ウィンターはどうしてもお兄さんのイメージと、ダブってしまうのかちょっと音楽的には誤解されがちです。ジョニーは完全ブルース志向な訳ですが、エドガーの方は本当に幅広い音楽性を兼ね備えたミュージシャンです。
私の中ではサックスプレイヤーがキーボードを兼任しているイメージのミュージシャンですね。
確かにキーボードよりテナーサックスでのプレイの方が、印象的ですし、実際サックスの方が上手いです。まぁマルチプレイヤー型のミュージシャンなんでしょうね。

このアルバムは本当に全曲が素晴らしいの一言でしょう。
その中でも個人的にNo.1はこの曲 "Miracle Of Love"です。



今聴いても全然古臭くないし、むしろ今時の曲よりメロディーセンスは良いのではないかと思います。この曲をカバーするミュージシャンがいないのが不思議です。
完璧なアレンジの上でやはりエドガーのヴォーカルはやはりいいですね~。この人はどちらかと言えばシャウトしたりよりは、この系統のポップなヴォーカルが一番良いと思います。
アルバムでこの前の曲 "Sundown" からメドレーの様な繋がりがとても良いです。とにかくこのアルバムでは、エドガー以外のメンバーの功績も凄く大きいでしょう。
B面トップの "Rock'n Roll Woman"はダン・ハートマンの作・ヴォーカルですが、サミー・ヘイガーが歌っていたら、全米チャートの上位は確実だった曲です。
やはり、名盤に名曲は集中していますね。曲数が多い割に、駄作の無い本当に傑作アルバムです。

そして、次に出たアルバムが ”ジャスミン ナイト ドリームス” でした。
エドガーのアルバムでは珍しくまともなタイトルのアルバムでしたが、セールス面では良くなかったアルバムでした。そうは思いたくないのですが、兄弟で作ったレーベルでの作品だったと思います。そのためジョニーが参加して、リック・デリンジャーとギターバトルっぽい事(1曲だけですが)をしていたアルバムで、エドガーの良い部分が少し薄まっている感じです。
そんな中、このアルバムに私の一番好きなこの曲 "Tell me in a whisper " が入っています。



イントロからエドガーのメロウなテナーが炸裂の名曲でしょう。とにかく曲の美しさは特筆すべきです。エドガーならではヴォーカルが最もマッチした曲です。どうしてヒットしないのか不思議な思いで、聴いていました。ジェームス・ジェマーソンばりのベースラインも素晴らしです。
何と言っても最後にサビの転調の連続は中々凄いアレンジです。

次が前作のイメージを元に戻そうとして気合をいれて、空回りした感のある邦題 "謎の飛行物体"
です。個人的にはあまり印象は良くないアルバムです。
前々作が良すぎたのか、理由はよく分かりませんがパッとしない印象しか無いアルバムでしたが、そこはエドガーの音楽性でカバーしていました。この曲です "Diamond Eyes "



スタイリスティクスを思わせるファルセットのコーラスが印象深いです。彼の持つバラードのセンスは好きですね。ロニー・モントローズがいた最後のアルバムの中の "Autumn" に匹敵するバラードの佳曲でしょう。

とにかくエドガー・ウィンターはアルバムタイトルや曲名にやたらとおどろおどろしくいタイトルが多くて、絶対に損をしています。
ジョニー・ウインターの弟と言う事でデビューしてから、兄ジョニーのイメージがついて回っている感じでした。ジョニーはギター一本のブルースマンですが、エドガーは多彩な才能を持つミュージシャンでした。
中々交わらない音楽性なのに、同一で見られていた時期は大変だったと思います。
個人的にはサックス・プレーヤーとして、何か良いアルバムを残してくれたら最高です。

スポンサーサイト

コメント

名盤

自分は、中学時代はビートルズ一辺倒だったので、ロック、クロスオーバーを、
リアルタイムで聴くのは、Les PaulL-5さんに比べて、数年ほど遅いのですが、
それでも、あの70~80年代にかけての名盤たちを、その時代の空気の中で、
出会えたという、すごく恵まれた世代だったのではないかと、今にして思います。

ショック療法は、間違いなく名盤ですし、ジャスミンも初めて聴きましたが、
「Tell Me~」は、元祖AORと呼べるような曲で、クロスオーバーイレブンで、
初期のシーウィンドあたりと、続けて流れても、違和感がないように思います。

ジョニー・ウィンターが「エドガーが、コルトレーンとかを聴かせてくるので、
ブルースのギターが音を外したり、叫んでるところを、わざと聴かせてやる」と、
音楽的違いについて、言っていましたが、そのまま二人の曲に出ていますよね。

ギターマジシャンさん

いつもコメント頂きありがとうございます。

この年代はアルバムも確かにいいですが、情報量も今の100分の1以下でしょうし、全て記憶の中に留める必要があったんだと思います。そして作る音楽も既出のものはまず無かったのも、
名盤の生まれる環境が今より良かったのかも知れませんね。

> エドガーが、コルトレーンとかを聴かせてくるので、ブルースのギターが音を外したり、叫んでるところを、わざと聴かせてやる<

これはエドガーにとって、良かったのか悪かったのか今では分からないことですが、お兄さんがデビューした事で、エドガーのデビューに繋がる訳ですからね。
非公開コメント

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO