GuitarRoom&MusicWorld 

ギターと音楽のお気楽日記

Gary Moore

・・・今日ゲイリー・ムーアが亡くなった事を知りました。

正統派ブリティッシュロック・ギターとは彼の事を言うんだと思っています。
数々のバンドを経て最終的にブルースに戻った彼のギターは説得力の部分で、他のどのジャンルのギタリストにも引けを取らないと思います。

レスポールを弾くギタリストの中でも間違いなくベスト10入りすると思います。
ギブソンからシグネチャー・レスポールが発売されて間もない事が、何か因縁めいています。
もしベックが70年代に路線を変えなければ、彼と同じタイプのギターを弾いていたと思います。
ベックがやり残した事を、きちんと再現して来たギタリストだったと思います。

近年のミュージシャンの訃報の中でも、かなりの衝撃度でした。
ご冥福を祈ると共に、彼のバラードを聴きたいと思います。



スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/07(月) 21:59:08|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Larry Carlton | ホーム | チューニングとピッチの調整について。>>

コメント

言葉にできません

ヤフーのトップ記事で見たときに、見間違いかと思いました。

まだ、まともなコメントができない状態です。

あちこちのブログで、ゲイリーのことを語っていて、
こんなに好かれていたんだ、すごいギタリストなんだと、
改めて、実感しました。
  1. 2011/02/09(水) 20:33:28 |
  2. URL |
  3. ギターマジシャン #-
  4. [ 編集 ]

ギターマジシャンさん。

コメントありがとうございます。

我々の世代では、今までのミュージシャンの訃報もチョット上の世代に響く方が多かったのでは・・・と思います。
また若い時に死亡したミュージシャンの場合、事故等も多いので事件的にとらえてしまうし・・・。

“スタッフ”のE・ゲイルとR・ティーそして“トト”のポーカロを始めとして、私(私世代)が聴いてきたミュージシャンの訃報を聞く事、それは受け止める事にしましょう。
  1. 2011/02/09(水) 23:17:58 |
  2. URL |
  3. Les Paul L-5 #-
  4. [ 編集 ]

33年前私も聴いていました

ご無沙汰です。私は、ドラマーなのですがギターものが大好きで若い頃ゲイリームーアを大ボリュームで聴いていました。エリックゲイルも死んで、彼も死んだのはとてもショックです。コールデユプリはまだ健在なのですかね?彼のブルースギターも好きでした。
  1. 2011/02/11(金) 15:15:46 |
  2. URL |
  3. パンチョコイワ #-
  4. [ 編集 ]

コイワさん。

こちらの方こそお久しぶりです。

ゲイリーのギターはギタリストでなくても、心に響く音ですよね。
デュプリーは元気なはずです。
スタッフの本当の中心人物はデュプリーではなかったか・・・と思います。
  1. 2011/02/12(土) 23:00:26 |
  2. URL |
  3. Les Paul L-5 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://badcat3547.blog35.fc2.com/tb.php/118-69b1dd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

What's New

Comments

Categories

Rink

このブログをリンクに追加する

Sarch

Archive

TrackBack

RSS Feed

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる