モードの考え方

マイルスやハンコックなどが70年代の初めか60年代の後期に、ビバップに代表されるコードチェンジにとらわれずにワンコードでのアドリブが出現しました。
属に云うモードです。ネーミングは何処から来たのかは分かりませんが・・・。

モードでのコード進行は基本的にはありません。当然ワンコードですから一つのコードで延々とソロを展開するわけです。
例えばDm7でドリアン・スケールを使ってソロを取るわけですが、今やそれだけでは何の面白味のないソロになってしまいます。
私が先輩たちから教わった基本的な事は、Dm7へのツーファイブを使うとより幅の広がったソロが取れるととの事でした・・・。
Em7♭5-A7♭9を使うわけです。確かに使える方法だとは思いますし、理論上は問題のない事ですね。

しかしその後にトーナルセンターと云う考え方が出現しました。
トーナルセンターに関しては様々な考え方があって、ソリストの考え方も人それぞれで一概にこれ!って事がありません。

トーナルセンターの基本的な考え方はDm7のルート音Dに対して何度か上のコードを積み重ねると云う考え方です。
恥ずかしながら私も良く理解できない部分があります・・・ただアウトスケールとは根本的に違った考え方なので複雑な考え方も存在しています。

昔、ギターマガジンにセッションギタリストの松下誠さんが独自の理論を連載していたのが凄く為になった覚えがありますが、難しい考え方なので、当時の私には完全に理解が出来ませんでした。
海外ではスティーブ・カーンなんかもトーナルセンターを上手く使っているギタリストとして有名ですね。

Dm7に積み重ねるコードとして代表的なのは、やはり2度上のEm7でしょうね・・・テンション・ノートが数多く含まれていますから。
私もまだトーナルセンターについては勉強不足です。記事にするのはためらいましたが、今後の自分の勉強課題として敢えて記事にしました。

モードは奥が深いですし、理論的には数々の考え方があります。そんなモードに関しては私も勉強しなくてはなりません。いずれ自分の勉強した事を記事にしたいと思います。雑文で申し訳ありません。
スポンサーサイト

ビンテージ・トーン

ビンテージ・トーンの本当の所は良く分かりません。ビンテージ・ギターを所有した事がないのですから仕方の無い事だと思います。
ただ私が思うビンテージ・トーンはこの映像の音が正しくビンテージのそれだと思います。

弾き手はロベン・フォードですからどんなギターでも良い音で弾けるのは当然として・・・それにしても前半部分で弾いているゴールドトップのレスポールのサウンドは素晴らしいです。
このギターはカールトンと東京ジャズで来日した時に使っていたギターですね。所有者はカールトンで、その前の所有者はキース・リチャーズだとの事です。57年のレスポールですね。

何が良いのか・・・私は色々考えましたが、やはり枯れたサウンドとアコースティックな響きが感じられる事だと思います。
ストックの極々普通のフェンダーアンプでこの音が出るのですから、やはりギター本体の音が格段に違いますね。

後半部分ではロベン・フォードの代名詞のギターですね・・・不幸にもお亡くなりになった日本人ギタービルダー坂下さんのギターです。このギターの音も私は全然悪いとは思いませんが、やはり 57年の音とは差がありますね。

ビンテージだから何もかも良いとは思いませんが、ギターの持つ響き方が私の耳には違って聴こえます。
現代のギターは狙い所がそもそも 50年代のギターと違うのだと思います。確かに良い木材がふんだんに手に入る時代ですから木材のセレクトの段階から今の時代とは違うはずです。
あとはギターを作る職人さんの心意気みたいなものが、凄かったはずです。今迄に無いものを作り出す作業ですから手間暇を掛けて作り込んでいたのだと思います。
勿論、大量生産なんて考えて作ってもいなかったはずですから・・・手作業で丹念に作られているのだと思われますね。

作り手もまさかマーシャルアンプで歪ませて使うなんて考えてもいなかったはずです・・・ですからナチュラルトーンに重きを置いて作った結果が、アコースティックな響き方を生み出しているのかなと思います。

能書きはともかく、ビンテージ・ギターの音はやはり素晴らしい事だけは確かな事実だと思います。欲しいですよねビンテージのレスポール・・・。

やっと見つけました

過去の記事で10代の私が渋谷のESP で購入したトロッコ。その画像がないかと、ずっと探していたのですが・・・中々見つけられずにいて、半ば諦めていたのですが今回偶然に見つかりました。

色・ボディ・ピックアップ・インレイ・バインディング・・・全て記憶のままです。間違えなく私が所有していた個体です。
何とも懐かしくて、感慨ひとしおです。
自分が何十年も前に手放したギターが、こうして現存していることに歴代のオーナーさんに感謝したいと思います。

とにかく懐かしくて何とも言えない気持ちです・・・。当時は直ぐにギターの入れ替えをしていたのですが、今となっては後悔しています。
このギターは状態も良さそうで、私は嬉しく思っています。。。

トロッコ

素晴らしい若手ギタリスト

また最近YouTube で素晴らしいギタリストを見つけました。
彼のもっと若い時の動画は過去に見たのですが、この数年でここまで凄いギタリストに成るとは・・・。
とにかくギターのトーンがハンパではないです。私の理想の音はこんな感じの音なんです。
ギターの音を聴くだけで鳥肌モンですね。

曲はマイケル・ジャクソンのナンバーですが、歌心もあってオリジナルを超える位の出来だと思います。
サイドメンもL.A の超大物ばかりですが、彼の弾くギターは一歩も負けていません・・・凄いです。
この先、どうなって行くのか・・・楽しみなギタリストです。

P.S ハービー・メイソンのドラムも凄いのは忘れてはいけませんね。

Profile

Les Paul L-5

Author:Les Paul L-5
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO