ギタリストとリズム総集編 PartⅡ

ギタリストがバンドのアンサンブルの中でどんなリズムを出すかで、バンド全体のグルーブに大きな変化がでます。
何故なら真っ先にベースとドラムの絡みの音よりも先に、ギターのカッティングに耳が行くのが普通だからです。ベードラとベースの絡む音よりも先にほとんどの人は聞き取りやすい音域のギターの音が先に聞こえてしまうからです。

今回紹介したい映像は、ある意味ギタリストとして究極のグルーブを意図も簡単に弾きこなしている映像です。
クルセイダーズにカールトンの在籍していた時期のヒットアルバム”南から来た十字軍”の中でも、カールトンのギターソロが余りにもインパクトがあってそちらで話題になった”スパイラル”です。
カールトンの代名詞とも言えるこの曲ですが、リズムに限っては日本人の最も苦手とするというかクルセイダーズの最も得意としたハネる16ビートを全面に出した曲なんですね。

オリジナルの音源のドラムはステックス・フーパーとベースはハネるリズムならこの人と言われていたロバート・ポップ・パウエルでとても同じグルーブを出すのは、この二人でしか出せないのでは・・・と思うくらいの完璧なグルーブでした。
ドラムのバーナード・バーディーで有名な”バーディー・シャッフル”とも違うハネかたです。

レイ・パーカー・ジュニアはカッティングの名手と言うかほとんどソロを弾きません。ましてヴォーカリストとしてリリースしたゴースト・バスターズとウーマン・ニーズ・ラヴが思いがけずに大ヒットして以降はセッションは、ほとんどやっていなかったと思います。
その少ないセッションの中でもボズ・スキャッグスの”ミドル・マン”のオープニングナンバーの”ジョジョ”で最高のカッティングを弾いています。
この曲のイントロの雰囲気が中々出せなかったんですが、”と・よ・と・み・ひ・で・よ・し”と音符に歌詞を付けたらなんと雰囲気がでたんですよね。

レイ・パーカー・ジュニアの音を最初に聴いたのはハービー・ハンコックの名盤 "V・S・O・P"の2枚組のC面かD面のどちらかで、ワウワウ・ワトソンとの絶妙なカッティングの絡みが最初でした。
単音だけカッティングして残りの弦はミュートして弾く弾き方は当時は斬新でした。
その後はリー・リトナーがコンプを掛けて弾いていましたが、レイ・パーカー・ジュニアの方が私は好きでした。
当時のL・Aではその単音のカッティングは”スカンク”と名前が付いていたそうです。リー・リトナーのインタビューでそう言っていたので、恐らくそう呼ばれていたんでしょうね。

聞いた話だとレイ・パーカーは結構高めの弦高で0.09か0.08ゲージの細めの弦で、ピックはもの凄く柔らかいのを使っていたようです。私も試して見たんですが、なるほど・・・と思う位レイ・パーカーの音がでました。

クルセイダーズが年月を経てメンバーチェンジを繰り返した中でも個人的には圧倒的に好きなメンバーでのライブです。


ギターはどこでどんな繋がりがあったのか・・・レイ・パーカー・ジュニアが弾いています。
リズム隊はオリジナルほどハネない16ですが圧倒的にタイトな感じが凄まじいです。それ以上に凄いのはレイ・パーカーの刻みです。
よく見るとピックは使っていませんが、リズムのキレはハンパではないですし、ギターの音もこれぞカッティングのお手本のような素晴らしいサウンドでです。
当然ソロは弾いていませんが、それ以上に素晴らしいグルーブで若いリズム隊を引っ張っているのは明らかに分かります。

ギタリストにとってグルーブさせるとはどういう事なんだろう・・・と言う答えがレイ・パーカーの刻みにはあります。
凄いアドリブもギタリストには憧れでしょうし、速弾きだってそうです・・・しかし本当の意味でアンサンブルの中のグルーブもどれだけ大変で素晴らしい事かが分かる映像だと思います。
黒人ミュージシャンの演奏だから仕方ないか、凄くて当たり前だよってのはちょっと違うと思います。グルーブやリズムは白人だからとかは関係ないと思います。
恥ずかしながら私はウィル・リーは写真を見るまで黒人ミュージシャンだとばかり思っていました。
リズムに関して言えば今で云うところのクラブ(昔はディスコでしたが)なんかで踊っている若者は立派なグルーブを身に付けていると思います。
私も若い時は踊りはしませんでしたが、ディスコのノリが好きで結構、勉強半分・遊び半分でいっていたんですよ(笑)。

スポンサーサイト

ピッキング・スタイル改造計画

SGを弾くようになってというより、ちょっと前から自分のピッキングに物足りなさを感じていました。
以前の記事にも書いたんですが、若い時からカールトンのピッキングを真似て来た私は最近ちょっと違うイメージで弾きたくて仕方ありませんでした。
そんな時にYouTubeでこんなピッキングは良い感じかな・・・と思うギタリストの映像を見つけて、今は彼の真似をして少しでも早く身につけられる様にしようと思っています。

腰痛のお陰で(?)座った状態より立って弾かないとギターが弾けないのでピッキングスタイルを変えるには丁度良い結果となっています。
立った時にこそピッキングのニュアンスはギターに直結しますから・・・。

お手本にしようとしているギタリストは”アレン・ヒンズ”です。



私達世代ではこの曲はエスター・フィリップスのバージョンが必須課題曲的な”恋は異なもの”です。
エスター・フィリップスの曲のジョー・ベックの弾くギターソロはあまりにも有名で、今でも口ずさめる位でいつでも弾ける曲の一つです。確かドラムがスタッフ結成前のクリス・パーカーだったのも懐かしいと思います。
以前のピッキングの記事で書いたんですが、弦移動の際はアップから入るとピッキングがスムーズに行くってお手本の様な演奏です。
ピッキング位置も比較的ブリッジ寄りで、その部分が今回一番の課題にしようと思ったんですよね。
ジョンスコもマイクスターンもピッキング位置はかなりブリッジ寄りなのは、昔から知っていましたが今回私は思いっ切りリア・ピックアップ近辺で弾き切れる様にしようと思っています。
利点はピッキングのタッチを強くしても弦がビビらない事・・・そして何よりトーンですよね。粘り気のある音は意外にもリア寄りのピッキング位置にあるんですよね。
ルカサーなんかはほとんどリア・ピックアップの上がピッキング位置ですし。



この曲は誰でも知っている”チキン”ですが、ここでも彼のピッキング・スタイルが光っています。何とも言えないバランスの良いピッキングだと思います。
良い悪いとかは別にして、一度このピッキングをマスターしようと思っています。

この年でまさかのピッキング・スタイルを変えるとは思いませんでしたが、SGの美味しい音を出すためにも、しばらくは練習・練習です。


最近気になるギター

フジゲンのSGを手にしてから、自分の中で急に物欲が出てきてしまいました(笑)。
2月末から腰をやられてしまい、原因がMRI検査で判明してもう少し辛抱しながら通院すれば心配ないのが分かって、一安心してから仕事を休んでいる間に色々とネットでギター探しをしていてしまいました。
この年令になると昔から憧れたギターを買っても良いのかな、なんて思う様になって来ました。
今迄はスペックや音にばかりこだわって、ずっとギターを選んでいた気がします。SGを購入して分かった事は、好きなギターを納得して買うのも良いもんだなと強く思いました。
SGを眺めていると本当にそう思います。

私は過去に随分と値の張るギターを持っていたりしましたが、結局ギターって値段より気持ちよく弾きたくなるのもギター選びの大きな部分を占めてもいいと思います。
ストラト・テレキャスは若い時期に弾きすぎて、全く興味も湧きません。セミアコも何本も使って来て同様です。レスポールに関しても言わずもがなです・・・。

昔から欲しかったけれど、買った事のないファイヤーバードが真っ先に候補に上がりました。

Firebird02.jpeg

上の3本の中では恐らく黒を買うでしょうね。昔ジョニー・ウインターが濃いグリーンのファイヤーバードを使っていた写真を見て格好良かったので、黒なら同じ雰囲気にもなるのかなと思います。
それとアメリカ建国200年記念のファイヤーバードが渋谷のヤマハにあった時に見たのが黒だったからってのもあります。本当に格好良かったのを覚えています。そのモデルはゴールド・パーツでしたが黒にゴールドのパーツのファイヤーバードを見ていて、惚れ惚れしていました。

ノンリバース版もちょっと前まではカスタムショップ製だけでしたが、ギブソンUSAから驚くほどの安価で出ているんですね、こちらも候補の一本です。
P-90のスリーマイクは何だか凄く興味があるし、確実に弾き易さの面ではこちらの方が上でしょうから・・・但しポジション・マークがドットなのが若干面白くないかなと思います。
ギブソンの台形のポジション・マークが大好きなもんで困っています・・・こちらを買ったらそこを改造してしまうかもと思います。

Firebird01.jpeg

もうジャズを弾きたいからフルアコじゃなきゃとか、ハイエンドメーカーのギターだからとか関係なく好きなギターを買おうかなと思います。好きなギターは本当に眺めているだけでも満足感ありますし。
ただ2本共買うなんて許されない家庭内の金銭状況の中ではどちらかに絞るしかないし、購入するにしても少し期間を置かないと家内から許可は下りませんから、暫くは画像を見て満足するしかないですよね。
次点の候補はレスポールの57年のゴールドトップとか54年のゴールドトップって感じで、別にギブソンでなくても全然構いませんね。フジゲンの57年タイプでも凄く良い音しそうですし・・・。

アンプは昔から欲しかったデラックス・リバーブが第一候補で揺るぎないです。これだけは本当に昔から欲しかったアンプなので、出来れば直ぐにでも欲しいアンプです。
デラックス・リバーブのナチュラルなクランチは本当に”今欲しい音”なんですよね。

いい加減、煩悩から離れて行かなければ行けない歳なのに・・・ギターだけは一生駄目かもしれないと諦めています。

昔はライバルだったギタリスト Part2

前の記事で、昔はライバルだったと思っていたギタリストについて以前書きましたが、もう一人勝手に私がライバル視していたギタリストについて今回は書こうと思います。
前回同様、勝手に私が一方的にライバルだと思っていたので、ご本人には極力迷惑の掛からない事を書こうとは思いますが、勢いで色々と書いてしまうかもしれませんが、ご理解下さい。

彼の名前は窪◯晴◯さんです。私より1年先輩のギタリストで今でもご活躍なされています。セッションギタリストというよりは、バンド系の色のギターを弾くんですが音楽に対する姿勢やら、ギターのトーンには随分と影響を受けました。
彼は結構苦労人で、バイトをしながら”人種熱”ってバンドで注目されたのが私が彼を知った、最初の時期だと思います。
マニアックな路線の好きな方はS-KENさんと言うヴォーカリストをご存知かと思いますが、彼は長い事そのバンドのバンマスとして良いギターを弾いていました。
最初の時期、S-KENバンドはレベッカの小田原豊さんがドラムを叩いていたのですが、レベッカが売れてスケジュール的に厳しくなって、後任のドラマーを私の一番仲の良かったドラマーが叩く事になった時期から一気に私との距離が、近くなった感じです。

ただ彼の凄い所は、その時期に当時バッキング・ミュージシャンの中でもミュージシャンの質の高い事で定評のあった、ユーミンのバンドに加入した事でした。
ユーミンバンドに入った時期を境に、彼の出すサウンドは素晴らしく変化したと私は思いました。
とにかくクリーンサウンドの良さは脱帽でした・・・モジュレーションの掛かった彼の弾くアルペジオや、やたらと切れのあるカッティングには相当な影響を受けました。
当時、最先端の音だったと思います。私も似た音を出そうと随分と研究したもんです。この音です・・・。


彼は個性的な音を追求するタイプのミュージシャンだったと思います。使っていたギターもアリアのアクティブタイプのギターを使い続けていました。
同じサブギターをどうしても欲しかったらしく、色違いの同じモデルをつのだ☆ひろさんのバンドに居た加納さんから譲り受けたとも聞きました。
ちなみに彼のギターを少し借りて弾いた事がありましたが、結構弾きにくかったのが意外でした。

彼のライブは随分と見ました・・・勿論ほとんどがミュージシャンの特権で無料でしたが(笑)。
どのライブでも個性的で自分のスタイルを変えない彼の音に対しての姿勢は、私に一番欠けていた部分だと今考えると思えます。
結局彼の個性のある素晴らしいサウンドはすぐに坂本龍一さんの耳にとまる事になります・・・当然ですよね。
坂本さんのツアーでのプレイは圧巻でしたね・・・凄かった。

一度彼のバッキングの仕事のリハーサルにお邪魔したんですが、リハーサルの進め方・バンドのサウンドに対しての考え方は、本当に参考にさせて貰いました。

彼と偶然、同じスタジオで別々にレコーディングの仕事をしていた時に、ミキシングルームに居た彼が、休憩で煙草を吸いに外に出た私のラックのセッティングに、わざわざスタジオ内に入ってきて暫く覗き込んでいた事は、凄く嬉しかった覚えがあります。
その後、少し話してセッティングについてお互いに話した事は凄く良い思い出として残っています。

その後は彼のリーダーバンドであるパール兄◯での活躍は私の中でも凄く嬉しかったんですが、残念な事に解散してしまう事になってしまいましたが、最近そのバンドのドラマーだった友人に聞いた所、再結成ライブをやった事を聞いて見に行けなかったのが残念でした。

私個人が彼のベスト・セッションだと思うのは、矢野顕子さんのこの曲です。
地味な感じですが、ギターは凄くいいですね。


勝手にライバル視していた自分が情けないと思う素晴らしいの一言です。

最近のPC周辺機器事情

管理者はなんと馬鹿げたことに、2月の10日に大雪の隙を縫うようにして千葉市から千葉市への訳の分からん引っ越しをしてしまいました。
引っ越しに際してどうせPCの移動に手間が掛かるのは目に見えていたので、今迄欲しかったPC関連の周辺機器を、一新することを家内に半ば強引に認めさせて今は本当に使いやすい周辺機器でPCライフを送らさせて頂いております(笑)。

まずはマウスから・・・
マウス
ロジクールのM525を購入したんですが、色は気に入ったんですがスクロール感が何ともチャチな感じで一番出番はない状態です。値段がソコソコなので興ざめした感じの、残念なマウスになってしまいました。
エレコムのIR02DRは前から愛用していたんですが、少し飽きてきた感があって、今は二番手のマウスになってしまいました。
思いがけず大ヒットだったのが、マイクロソフトのマウスで値段も一番お安かったんですが、クリック感・スクロール感共に最高の感触です。
ウインドウズ8だと色々な機能が使えるんですが、8に魅力を感じない私は普通の3ボタンマウスとして今一番のお気に入りとして使っています。

マウスと来ればやはりキーボードでしょう・・・
キーボード
前から欲しかったソーラーバッテリー方式のアイソレーション・キーを備えたロジクールのR750です。
もの凄く薄いキーボードです。タッチも最新のパンタグラフ方式らしい感じのキーボードなんですが、若干ですがカチャカチャ音が気になりますが、とても良いキーボードなので暫くは使う予定です。
何と言っても面倒な電池交換から解放されるメリットは大きいです。
専用のアプリをダウンロードすればバッテリー残量も簡単に分かるし、今のところ暗い部屋で使っていても100%を割り込んだ事は一回もないです。オンオフスイッチが全面にあるのも便利かなとは思います。バックライト付きなら本当に最高のキーボードだと思います。
実はバックライト付きのR740も持ってはいますが、今はこちらがメイン機として活躍しています。

今回一番欲しかったのは実はPCを常用で4.2KHZで使用しているため、CPUの温度管理に悩まされていましたが、PCケースに外付けでファンを付けたことで、ケース内の窒息度が下がってアイドリングで20度台をキープ出来る様になりました、加工に少し手間が掛かりましたが、満足の行く出来でした。
本体


最後は次のPC作成用にHaswell用のマザーボードだけはゲットしました。勿論オーバークロック仕様のマザーボードです。
マザーボード
今のPCでも充分な性能なんですが、Haswellのリフレッシュ版が出た時に少しでも出費を押さえるために先物買いをしてしまいました。
最初のマザーボードがギガバイト製だったので、マザーに関しては他のメーカーを使った事がないんですよね。

結局PCの性能は上を見たら際限がありませんが、自作する側は結構痛い出費をしてでも自分の気に入ったPCを組んでしまうのは仕方ないと思って、個人的には諦めています。

ただ今回の引っ越し記念のナンバーワンはフジゲンのSGなんですが・・・。

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO