GuitarRoom&MusicWorld 

ギターと音楽のお気楽日記

お馬鹿な買い物

今年に入って復職そして千葉市から千葉市への大雪の隙を縫うように転居と、昨年までとは打って変わった生活の中でも何か新しいギターは欲しくなるもんです。

昨年の夏に購入したフジゲンのSG何ら問題なかったんですが、ギブソンのSGなんか探して見ようと思って代理店のホームページでSGを探していたらなんとフジゲン製のSGでトンデモなく良さ気なSGを発見してしまいました。

姿形は同じなんですが、木材に徹底的にこだわってフジゲンの中でも特別にストックしていたマホガニー材とローズ材を使ったとの事・・・。
とにかく私の勘がピンと来ました。絶対に良いに違いないと思いまして御茶ノ水に直行して弾いてみました。
カスタムショップ製のギブソンより明らかに良いです。弾き比べたんですから間違えなしって感じです。日本製ならではの細かい部分の作り込みも流石の1本でした。
今迄のSGはヤフオクで即効で売却(買った値段程度で売れましたが、ピックアップ代が出ませんでした)。結果・・・姿形は全く同じで材の良いフジゲンのSGが手元に来ました。
ちなみに日本製のギターでは私が買った中では、大昔に買ったナビゲーターのトロッコに次いで二番目に高額なギターとなりました。。。

とにかく良いですこのSG。音の輪郭がハッキリしていて弾いた瞬間に音が出るって感じです。
本体も異常に軽いです。私が持っていたギターの中でもこれだけ軽いギターは記憶にありません。
ミッドレンジがちょっと他のギターでは出ない感じの音です。何とも言えない良い音です。

現代的な部分はフジゲンの売りのサークル・フレットと指板がハイポジションに行けば行くほどフラットになっている事でしょうか。しかし弾き易い仕様です。
フレット自体はギブソンのミディアムサイズと同じで違和感のないサイズです。

元々が60年で製産が打ち切りになったレスポールの名を受け継いで、61年から作られたのがSGですが、レスポールの弱点や何やをギブソンが考えた末、世に出たギターな訳ですからそれなりに良い部分があります。ハイポジションの弾き易さや軽いボディーながら比較的太い音も出るのがSGの良い点だと思います。

フジゲンの良さが伝わる本当に作りの良い、そして音の良いギターを手に出来て今はSGしか弾いていません。音源は近々アップしようと思います。SG.jpg

SGヘッド
スポンサーサイト
  1. 2014/02/23(日) 20:39:33|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

What's New

Comments

Categories

Rink

このブログをリンクに追加する

Sarch

Archive

TrackBack

RSS Feed

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる