My Love

"My Love"はポール・マッカートニーが作曲した中でも個人的にはトップ3に入る好きな曲です。
本当によく聴きました。
スティービー・ワンダーの”Sunshine"とこの曲は死の直前まで聴くと思いますし、そんな時には必ず聴きたいと思うほど好きな曲です。

"My Love"は中学生の時に最初に聴いた時から美しさに圧倒されてしまいました。
バラードの名曲は数多く存在しますが、曲のメロディーの持つ美しさはこの曲は相当なレベルでしょう。
カバーも結構されていますが、ジャズ系の黒人女性ボーカリストが結構カバーしているところからも、この曲のメロディーが歌唱力を持つシンガーをその気にさせるんでしょうね。

しかしポールのオリジナル・テイクがやはり一番いいですよね。



間奏のギターソロは諸説ありますが、ポール自身が弾いている事は間違えのない事実でしょう。
他の映像でのポールの弾くチョーキングの癖からみて、本人が弾いているとしか考えられません。
余談ですが、ビートルズの名曲”Something”のギターソロ部分も諸説在るようですが、こちらはソロの組立(フレーズを含めた構成)をポールが提案して、ジョージが弾いたと考えるのが私の考えですね。

”My Love”のギターソロははっきり言って弾きにくいです。簡単にコピーは出来ますが、ギタリスト的には弾きにくいポジショニングです。ニュアンスも出しにくいですし・・・。
曲と完全にシンクロしたギターソロって認識でずっと聴いて来た私が衝撃を受けたのが次の映像です。



ポールの近年のライブ映像です。ギタリストはラスティ・アンダーソンです。
彼は私の考えていたこの曲のギターソロを見事に打ち砕いてくれました。
ギターの音・フレージング・ニュアンス等々、全て完璧です。
オリジナルのフレーズを本当に上手くライブ向けのソロに、しかもオリジナルのフレーズを崩しすぎないセンスは凄いです。
私が昔一番苦労した部分ですから、本当に良く分かります。

L.Aでセッションマンとして活躍してはいますが、比較的ロックよりの歌モノに数多く参加していた様です。
ポールのバンドの歴代ギタリストの中では確実にナンバー・ワンでしょう。”Band on the run”でのプレイも鳥肌モンです。
映像等を見てもほとんどがギブソンのギターを使っています。またこれが曲のサウンドに見事にマッチングしたチョイスで、音に対しての拘りはハンパではないです。
この曲で335のリアマイクでクランチさせた音のチョイスは脱帽ですね。
ポールのバンドに入る時には相当なオーディションがあったに違いないでしょうが、その厳しいオーデションで選ばれた理由が分かる、素晴らしいギタリストですね。

ベースのブライアン・レイ も器用なミュージシャンでポールがピアノの時はベースを弾き、ポールがベースに戻るとギターと本当に大変だと思います。
ベースは堅実で安定感はあるし、ギターもかなり上手いしポールのバンドが最も必要としているメンバーなんでしょうね。

キーボードのポール・ウィキンスは昔からポールのサポートをしていて、今でも新しいメンバーの中に参加している訳ですから、相当ポールに信頼されているはずです。
日本でもそのパターンは昔から多々ありました。

そしてやはりと言うか、私達世代が一番嬉しく思うのはドラムのエイブ・ラボリエル・ジュニアでしょう。
エイブ・ラボリエルの息子さんがこんなに素晴らしいいドラムを叩くとは、感激でした。
何よりこの曲で、この重いビート!凄いです。
どちらかと言うと軽いエイト・ビートのイメージの曲なんですが、彼のだす重いリズムが素晴らしい事でオリジナルとは全然違うイメージを感じさせてくれます。
エイト・ビートのバラードでここ迄重いノリは中々聴けません。タイム感とフレーズそしてスネアのタイミングどれを取っても超一流です。本当に凄い。

この曲、ギターソロ終わりにポールがリズムを勘違いして、1拍ちょっと早く歌い出してバンドが戸惑っている時に、しっかり歌に付いてリズムを立て直すあたり流石でした。
その後、ポールもちょっと照れくさそうに歌う辺りはご愛嬌ですかね。。。

今回のバンドメンバーは、ポール待望のアメリカ人ミュージシャンが参加しています。
レコーディングを含めウイングスのメンバーやその後のサポートメンバーもほとんどが、イギリス人でした。
”Band on the run”のレコーディングに至っては南アフリカで現地のミュージシャンが参加した位ですから。
アメリカ人ミュージシャンを使わなかった理由は、個人的な意見ですがジョン・レノンに対しての何かの考えがあったんだと思います。
N.Yに住んでN.Yのミュージシャンを早くから使っていた彼に対してのアンチテーゼがあったのかも知れません。
ウイングスのアルバム・タイトルに"Over America"とネーミングした事でも、分かる気がします。



ポールが最近出したスタンダードアルバムも凄く良い出来でした。
参加ミュージシャンがダイアナ・クラールやジョン・ピザレリなんてところは、ポールの凄さが伝わって来ます。
何よりジョー・ウォルシュの参加が一番驚きました。ポールとの繋がりがあったんですね。
これですかね?



"Eagles"に参加前ですが、ドン・フェルダーもいるし、極めつけはベースのウイリィー・ウイークスです。好きなベーシストなんですよね。

追記
ポール・マッカトニーの来日公演が11月に決定しました。メンバーの入れ替えもないようだし、このライブを見ないと一生ポールを見ることは出来ないでしょう。チケットの予約が大変そうだけど、是非見たいですね。

スポンサーサイト

業界での会話

バンドは基本的に、ギター・ベース・ドラム・キーボードのプレイヤーの編成で演奏する事が
オーソドックスなパターンでしょう。
私がプロで弾き始めた頃はこの編成の事を業界では”4リズム”と呼んでいました。
大雑把な括りで、このパートは”リズム隊”とも呼ばれていました。今では死語になっているんだと思います。
逆に、それ以外のホーンプレイヤーは単純に”管”とか”ブラス”とか呼ばれていました。
パーカッションに関してはリズム隊とはあまり言わず”パーカツ”なんて言っていましたね。

なので、会話としては「明日は誰来ます?」と尋ねると「リズム隊は誰々さんと誰だよ、パーカツは誰に頼んであるから」とか「管は明日はいないよ」なんて感じの会話でした。

例外としてストリングス(バイオリン系の弦楽器)の方達は”オリン”又は”弦”なんて言い方で通っていました。
更に言うと指揮をする方がいる放送系の仕事なんかは、指揮者の事を”棒”又は”棒振り”なんて言い方でした。
アレンジャーは更に妙な言い方で”書き”なんて言われていました。

こちらも会話的に言うと「書きは誰さんだよ、弦入れの時は棒振るみたいだよ」とか「明日棒は誰さんだよ、細かい事言いそうだから頑張って」なんて会話でしたね。
アレンジを頼まれる時なんか「4リズムで弦は8本でお願い」なんて頼まれると、ドラム・ベース・キーボード・ギターにバイオリンを4声で書く事になるんですよね。

今は1200%完全な死語だと思いますが、私より上の世代のミュージシャンはお金の数え方や個数を表す時に、音程のドイツ語読みを当てはめて数えていましたね。

音程はCDEFGHなのでそれを1234567に置き換えるんですよね。
数字の1は音程のCでツェーと発音します。2はDでデーで何故かEとFは英語読みでイーとエフと呼びます。
次のGは2通りあってドイツ語読みのゲーと英語読みのファイブの2通りがありました。
Hはハーでしたが問題は次の8になるんですが、音程で行くと次は最初のCに戻るんですが、Cは1で使われているので8はオクターブと読んでいました。9は単純にナインでした。
0に関しては使いませんでしたが102500円の場合は10万と2500円で分割してツェージューデーセンゲーヒャクあるいはツェージューマンデーセンゲーヒャクのどちらも通じました。

会話の例として「今回の仕事はイーマンハーセンでお願い」なんて言われると37000円でお願いしますって事で理解します。
「今日、明日2本でオクターブマン取っ払いでお願いね」の場合は、明日の仕事終わりに80000円渡しますのでお願いしますって事で理解します。

ほとんどが敬語や丁寧語は使わないで、いきなりでも近しい関係の会話が殆どだったと思います。コントで良く見かけるポロシャツの襟を立てて、サマーセーターなんか肩にかけて、何々ちゃん元気なんて平気で近づく関係者は本当に数多く実在していました。

私が18才位で仕事を始めた当初は周りの先輩方は殆どそんな言葉で話していて驚きました。
逆さ言葉も通常の会話でしたので、慣れるまで大変でした。
これは私の知る限り、1960年頭所のジャズ・ミュージシャンの中で流行ったのが定着したようですね。

逆さ言葉は今でもテレビ関係者は使っているようですが、ミュージシャンでこの系統の言葉は私が引退した時期には誰も使っていませんでしたし、逆に恥ずかしい言葉とされていました。
簡単な例だと、ご飯はシーメでお金がネカでコーヒーはヒーコーでした。
一応これにも変換(?)の定番があってそれ以外は通用しませんでした。
最近のお笑い系の方が使うギロッポンは多分六本木を指すんだとは思いますが、当時では「何それ?」で終わりになっていましたね。
地名を逆さにする事は殆どなかったですね。ただし例外もあって、横浜だけは何故か”ハマヨコ”と言っていました。
どちらかと言うと下ネタ系か音楽系が殆どでした。なのでパブリックな場所でとんでもない内容を話していても、周りには分からないって感じでしたね。決して良い習慣ではなかったですよね。

最終的に全てを組み合わせると・・・
「明日マルクでゴトシなんだよね、終わったらシーメでも行かない?」
「じゃあ帰りクリオしてくれる?シータクだとゲーセンクーイするから頼むよ」
「いいよ、代わりにシーメ代はイーセンまでお願いね」
「カイタだからデーセンゲーヒャクパーにしてよ」
「いいよ、明日ね」

変換すると
「明日の仕事は車で行くので、仕事が終わってご飯でも食べに行かない?」
「いいけど、帰りは送ってくれる?タクシーだと5000円は行くから頼むよ」
「いいよ、代わりに食事代は3000円までお願いね」
「高いよ、2500円割り勘にしてよ」
「いいよ、明日ね」

以上が典型的な会話例ですが、始めは面白がって使っていましたが21才位で止めて普通に会話をしていましたね。

まだ色々な人の面白い話・エピソードはあるので今度の機会に書きます。

最近気になるギター

管理者は来月にまた入院予定で外出もめっきり減っていて、ネットでギターを眺める時間が増えています。
そんな中でやたらと気になるギターが2本あって、今は他のギターに目が向きません。

まずこちらのギター

SG-01.jpg

誰もが知っている”SG”です。
私が始めて手にしたエレクトリック・ギターがモーリスのSGモデルだった事は随分前の記事に書きました。
それ以来一度もSGは所有していませんでしたが、何故か最近気になりだして仕方がありません。

画像のモデルは板バネのアームが付いていますが、ストップテイルピースでも全然構いません。
ただし、ピックガードはスモールタイプに限りますし、ポジションマークもレスポールタイプの台形型で、色はやはりチェリーでしょうね。
詳しくは分かりませんがSGスタンダードだと思います。

昔からSGをトレードマークにしているギタリストはアンガス・ヤングやトニー・アイオミやフランク・マリノ達でしたが、何と言っても最近SGと言えばオールマンのデレク・トラックスが真っ先に思い浮かびます。(エリック・ジョンソンはストラトのイメージなので個人的には除外です)

彼のシグネチャー・モデルも出ているようですが、調べるとストップテイルピースなのに板バネアームのカバー部分だけを取り付けている仕様のようですね。
何故その仕様なのかはデレク・トラックス本人に聞かないと分かりませんが、デザイン的な意味合いなんでしょうか。
実はデレク・トラックスがいきなりメジャーになった時、”やられた~っ”て感じました。
演奏に関しては当然ですが、私はSGを使っている事の方が大きかったですね。

若い時に先輩ギタリストが3ピックアップ仕様のSGカスタムを使っていて、一度弾かせて頂きましたがセンターのピックアップが邪魔でとても弾きにくかった事がありました。
それ以来SGには良いイメージがなかったのですが、無性に弾きたい衝動にかられるギターになっています。

ただSGはギターの中では比較的マイナーな存在なのか、選択肢が他のギターより少ないです。
ギブソンはそこそこバリエーションがある様ですが、他のメーカーは殆ど作っていないのでやはりギブソンの中から選ぶ事になるんでしょうね。

多分私が使うなら、弦のゲージは0.11で使います。カールトンが昔335&ブギーで使っていた感じの、フロントP.Uでアンプのベース0・トレブルとミドル10的なセッティングで弾いたら良さそうな雰囲気が漂って来ます。

お次はこちらのギター

390-02.jpg

ギブソンのES-390ですが、つい最近知りました。
画像を見た瞬間に、もの凄く興味をそそられるギターでした。
336のボディーにブランコ・テールピースそしてミニハム仕様と、考えただけでもいい音が期待出来る感じです。
336を持ってはいますが、本当に欲しいです。

こちらは恐らく0.12のフラット弦を張って使うでしょうね。
これも最近知ったんですが、このゲージでジョージ・ベンソンモデルが出ている事に驚きました。
ミニハムは低音を上手く整理出来るはずですから、クリアーで素直なジャズ・トーンが簡単に期待出来そうです。ネックが耐えられればなんですが・・・。
もし買うなら画像のブラック一点でしょう。

この2本は先々体調が良くなった時にでも、楽器店廻りして弾いてみたいですね。
いくつになっても、こんな感じで欲しいギターは常にあるんですよね。。。

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO