Re : Machine Head 40年の時を経て ③

ブログ管理者は退院後の体調が、あまり良くなくまたまた間隔が開いてしまった事をお詫びいたします。
長年、”医者要らず” で過ごしてきたツケが一気に出てしまった感じです(笑)。

前置きはここ迄として”Lazy”です。
この曲はずっと好きではなくて、違和感のある曲でした。

アルバム”Machin Head” は明らかにアメリカ市場のセールスを狙っていた訳です。
それが理由なのかパープルの曲にしては何ともレアな12小節ブルース進行の曲です。

アルバムの曲構成からみて、ラストに向かう大作としての位置付けらしく、ジョン・ロードの奏でるオルガンは荘厳な雰囲気でイメージにはぴったりなんですが・・・何しろ私が嫌いなのはその先。。。
ジョン・ロードがリズムに乗る辺りからです。

はっきり言ってパープルのシャッフルは嫌いです。
反論もあると思いますが、私の考えは全くグルーブしないシャッフルだと思います。
パープルの場合、結構ヒットした”ブラックナイト”が三連の曲で有名ですが、あの縦ノリの3連が諸悪の根源に思えて仕方ありません。

”ブラックナイト”が一時期、缶コーヒーとかその他のCMで頻繁に使われていた時期は、毎日あのイントロを耳にする度に落ち込んでいました。

元々が3連系には縦ノリはマッチしないのに、ハードロックだからと許容されてきた感がありました。
同じ時期にオールマン・ブラザーズが見事にシャッフルをこなしていたのを考えても、アメリカのブルース色を一切持たないヨーロッパのミュージシャンのきつい部分が出てしまったとしか思えません。

しかし40年後の”LAZY”はパープルの完成しきれなかった部分を、見事にシャッフルナンバーとして蘇らせています。
レコーディングの主導権は明らかにジョー・ボナマッサが持っていると思います。
ボーカルのジミー・バーンズはジョーの交流関係の大御所ですし、キーボードはジョーのバンドメンバーの様ですから。

キーボードのミュージシャンははっきり言ってジョン・ロードより、この曲に関してはいいです。
イントロのミステリアスなパートから、その先全ての部分で”LAZY”はこうやって弾くんだよ・・・と言っている様なプレイです。
恐ろしく上手いキーボーディストであると思います。海外はこの手のサポートメンバーのレベルがトンデモなく高いので毎回驚かされます。
日本のサポートミュージシャンも、昔に比較すればかなり良いミュージシャンも多いのでしょうが、海外のそれは桁違いのレベルですよね。

余談ですが、サイモン&ガーファンクルのセントラル・パークでのライブで、ゴールドのレスポールを弾いていたピート・カーは知名度は殆ど無いんですが、当時N.Yでは凄腕のセッションマンとして知れ渡っていました。確かソロで一枚アルバムを出しています。

ヴォーカルのジミー・バーンズははっきり言って、イアン・ギランが若かった事もあって当時では出せなかった”味”を表現出来ていると思います。
苦労人の様なボーカリストですから、年齢的にも表現力があるわけでし”LAZY”の意味そのままの良いヴォーカルを聞かせています。

そして何よりもジョー・ボナマッサでしょう。
嬉しいことにサンバーストにメイプルネックのストラトで弾いています。年代的にはリッチーの使っていたストラトとは違っていますが、この曲のレコーディング時期にリッチーがメインで使っていたストラトがこのタイプでした。
かなり意識してチョイスしたギターのはずです。

彼は間違いなく”LAZY”のギターはコピーしていますね。
コピーしないであの雰囲気とニュアンスは中々出ないはずです。
ポジショニングもコピーしていないと、あのポジションでは中々弾けないでしょう。

ジョー・ボナマッサは何よりピッキングが素晴らしいと思います。
ルーズなピッキングがブルースギターの表現力と勘違いする方も多いと思いますが、彼のピッキングはかなり正確で、ハイレベルなテクニックが備わっています。
さすが、売れるだけの理由がある訳です。

そんな訳で、実はこのアルバムの中で一番良いパフォーマンスがこの”LAZY”だと思えます。。。



最後にエピフォン・カジノを弾くギタリストは誰なのか分からないのですが、顔だけで判断するとエアロスミスのブラッド・ウィットフォードに見えて仕方がないのですが。。。

入院を挟んでしまい、時間が掛かってしまったパープルのトリビュート・アルバムの記事も、これで終了します。
年月が経っても良いバンドの良いアルバムは、廃れる事なく聴き続けられて行く筈だし、そう思いたいですよね。



スポンサーサイト

Re : Machine Head 40年の時を経て 番外編

ブログ管理者は無事に退院致しました。
ご心配おかけしました。

Re : Machine Head について書いていて、どうしても書いておきたい事があり、番外編という形で紹介したい映像があります。
どちらも、You Tube で見つけた演奏ですが、どちらも素晴らしいパフォーマンスを披露しています。

まずは日本人ギタリストの“ハイウェイ・スター”のギターソロでライブアルバムの完コピバージョンです。



以前の別のバージョンが在ったのですが、今はこのテイクしか見当たりません。
いずれにしろ、リッチーのソロを見事にコピーしています。
私もこのソロは結構自信あるんですが、ニュアンスの細かい部分までかなりの精度でコピーされていて驚きました。
ミスタッチに至るまでの完コピで、相当聴きこんでいたと思います。
ギターの上手い下手ではなく、このレベルまでコピーするのは大変でしょう。

個人的な話で申し訳ないですが、ソロのハイライト部分である4連符は、ほとんどのギタリストが1弦5フレットからで、その前のチョーキングの有名なフレーズは、1弦8フレットから弾いています。
教則本なども殆ど知る限りそのポジションで採譜されています。

私は覚えた時からずっと2弦からスタートして弾いています。
ニュアンスとしてチョーキング部分のフレーズは、2弦から弾き始めた方がしっくりきます。
ドリーム・シアターがライブで演奏した映像と、現在のパープルのギタリストスティーブ・モーズの映像でも私と同じポジショニングでした。
リッチーの映像で鮮明なのがありません、70年始めのライブ映像では恐らく私と同じではないかと思わせるポジショニングでソロを弾いているのが確認出来ます。

レコードを聞く限りでも、ニュアンスは2弦からに聞こえて仕方ありません。
4連符はどちらとも言えませんが、1弦スタートの可能性の方が高いと思いますが、1弦には2弦でスライド・アップ後に移動した方が、スムーズに移動できる事も考えると・・・。謎です。


次は海外の恐らくプロになる殆ど直前レベルのドラマーの“ハイウェイ・スター”です。



この曲のドラムカバーでは恐らくトップレベルでしょうか。
単純にドラマーとしての技量があるのは勿論ですが、細かい部分の小技のタイム感が素晴らしい以上に、曲中のビートを刻む時の、タイム感・ビート感共に感心するほど素晴らしいと思います。

彼のリズム感、特に曲中のハイハットとキックのタイミングは、真似して出来るほど簡単ではありません。また、手首の柔らかさがもたらすタッチも日本のプロミュージシャンでも中々お目にかかれないでしょう。
タイム感と簡単に言ってしまいましたが、彼の音をよく聴くと分かりますが、4拍目が非常に安定しています。常に同じレンジ幅(広く長い感じです)で4拍目をキープしてくれるので凄くやり易いと思います。
逆に4拍目の不安定なドラマーは、そんな部分がバンドからの評価が下がる理由になったりします。

スピード感はやはり、本家のイアン・ペイスには敵わないものの、この曲のドラマーとしてのアプローチはイアン・ペイスに匹敵するほどだと思います。
まぁ、中々イアン・ペイスにスピード感で勝るドラマーはそんなに居ないでしょうから。ポリスのスチュアート・コープランドかスティーブ・ジョーダンくらいでしょうか。

年甲斐も無く、余りの素晴らしさにチャンネルにコメントしてしまった程です。
日本に居れば売れっ子ドラマーとして活躍するのは確実以上でしょう。

番外編として紹介した、ミュージシャンでした。

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO