ロベン・フォードについて。

前回の記事でカールトンについて書きました。時事ネタと言うか目前に迫ったブルーノートでのカールトンとロベンのライブに行く事になっているので今回はロベン・フォードについて書く事にします。

ロベンは“こんなギターが弾けたら幸せだろうな・・・”と、いつも思わせてくれる素晴らしいギタリストの1人です。

確か(何度も書きますが、このブログは一切の資料を見ずに記憶だけで書いています)ロベンはカールトンの後任として70年代にトム・スコットのリーダーバンドだったLAエクスプレスに加入した時か友人にカセットで借りたソロアルバムの“ギターに愛を”で初めて聴きました。
その時の印象はやはりLAサウンドにマッチした当時の流行のギターを歌心たっぷりにに弾くギタリストだと思いました。

その後聴いたのが、LAのスーパーバンドとも言える伝説の“イエロー・ジャケッツ”のデビューアルバムでした。
多分リーダーはサウスポーのベーシスト “ジミー・ハスリップ”だったと思います。
そのアルバムでのロベンは素晴らしいトーンでテクニカルな曲に歌心溢れるフレーズの連発で私は衝撃を受けました。
ロベン本人はああ言うテクニカルなバンドはあまり好きではなかったと思います。
彼自身テクニックに走るタイプではないし、イエロー・ジャケッツ自体あっという間に脱退してしまいましたからね。
ちなみにイエロー・ジャケッツ当時現在の映像で確認する限り335を使っていたと思います。

次にロベンを聞き込んだのは教則ビデオでした。
ブルースについての彼なりの解釈の教則ビデオでしたが教則の域を超えた素晴らしいギターを弾いています。
当然ロベンが解説する訳ですから、コテコテのブルースってよりモダンなコンテンポラリーな解釈を分かり易いフレーズで解説しています。
私がスタインバーガーを入手する以前に発売されたビデオなので、80年代前半に作られた物だと思います。
今でもまだロングセラーされている様でとても嬉しく思います。

そのビデオの中でロベンが使っていたギターがフェンダーの“エスプリ”ってモデルで、フェンダーにしては珍しいギブソン仕様の2ハムにストップテイルピースのモデルでした。
ford 002

行きつけの楽器店の店長に聞いたところ、フェンダーの試作品モデルをロベンに提供した・・・との事らしくて当時は手に入れる事の出来ないギターでした。
直後にフェンダー・ジャパンから発売されたらしいです。
そのエスプリで弾く彼のナチュラルトーンは当時の私にとっては最高の音色でした。

その後彼を見ることになります。
なんと!考えもしなかったマイルス・デイビスでのバンドに彼が参加した時のライブでした。
ロベンの前任者はジョンスコだったと記憶しています。

マイルスとロベン・・私にはとても結びつかない組み合わせだったのでとても興味深かったです。
マイルスバンドにしては珍しく、わりとLAで活躍していたサックスプレーヤーのボブ・バーグやらその後ストーンズと共演したりポップス系のミュージシャンと共演するベースのダリル・ジョーンズらが在籍していた当時だったと思います。

私が見たライブでは50年代のサンバーストのストラトで、マイルスバンドの過去のギタリストとは若干違うアプローチでギターを弾いていたと思います。
アンプですが記憶が確かならJCだったと思います・・・御存知の方がいらっしゃったら是非教えて頂きたいです。

私が見た限り彼はかなり緊張していた様に見えました。
ただ弾いているギターは素晴らしいの一言でした。
トーン・フレーズはロベンらしさが本当に出ていて私個人はとても満足したライブでした。

ロベンがマイルスバンドに在籍していたのは、物凄く短期間だったと思います。マイルスは気まぐれなのでロベンの意思に関わらずそういう事態になったんだと思います。

その直後に彼のその後の方向性を決定付けるアルバムが出ます。
彼名義のバンド“ブルー・ライン”のデビューアルバムです。
衝撃を受けたアルバムと言っていいと思います。

12小節ブルースでの彼のアプローチや解釈には脱帽せざるを得ないと思いました。
フレーズ回し、トーン、スケールの選択などなどとても真似の出来ない素晴らしいギターを弾いています。

私が考える彼のブルースの特徴は、オーソドックスなペンタフレーズを大胆な節回しで弾くかと思えばドミナントからサブドミに移動する際のコンディミを使った彼独特のフレーズはさすが・・・としか言いようがありません。
ターン・アラウンドの部分も彼の真骨頂とも言える解釈のフレーズがとても勉強になります。
12小節ブルースを彼なりに追求した結果だと思います。

よく彼が使うリズムパターンで頭抜きのフレーズから入って息の長い16分音譜のフレーズなんかも素晴らしいタイム感で感心するばかりです。
そういうフレーズを弾く時も彼らしいブルースフィーリングを失われない事は素晴らしい事だと思います。

またホールトーンも好きな様で結構頻繁に出て来ますが、使い所が絶妙なのは彼のセンスとしか言いようがありません。

ピッキングのタッチはかなり強いタイプのギタリストだと思います。ただカールトンが意外と右手の手首が硬いのに比較してロベンの場合手首がかなり柔らかくリラックスした感じがします。
私もピックを持つ手には力を入れても手首だけはリラックスして力を抜く様に心掛けています。
それって昔有名なギタリストに教わったんですよね。

ロベンのフィンガリングの特徴・・・と言うか癖は薬指と小指がくっ付いて移動している事だと思います。
どっちの指で弾いているのか分からなかったのですが、小指でフレットを押さえて薬指を添えている感じだと思います。
チョーキングもそのままの状態で行ってしまう事も有るし、薬指のみで行く事も考えると彼独特の癖なんだと思います。中々真似しようと思っても出来ないし、私は私なりの指使いしか出来ないのでこれは断念しました。

ロベンは見る度に違うギターを使っているタイプで日本で言えば渡辺香津美さんみたいなもんですかね。(笑)
ギブソン系の2ハムタイプのギターだとほぼ同じ音が出ていると思います。多分ギターよりもアンプが(当然ダンプルですが・・・)勝っているんだと思うし、ギターよりも“ロベンの音”が出て来るんだと思います。
その中でも私が一番彼の出す音で好きなのはこちらです。


カールトン所有の57年のゴールドトップで、元はキース・リチャーズが所有していたらしいですがカールトンから借りていたこのギターはカールトン本人が弾くよりもロベンが弾いた方がいいと思うのは私だけでしょうか?
それにしてもビンテージの音って素晴らしいとしか言えませんね。
ダンプルを使わずにストックのフェンダーでこれだけの音が出るんですから・・・。

フェンダー系のギターでは若干トーンが変るのは当たり前ですが、画像で見る限りブロンドにローズネックのテレキャスは正直な所好きな音ではありません。
音の線が細い・・・と言うより彼の弾くフレーズを表現しきれない感じがします。(個人的な感想です)
マイルスのバンドの時のストラトは怖ろしく太い音がしていました。

最近使っているアメリカ在住の坂下さんって方が作っているギターはアルバムで聴く限りフェンダーとギブソンの中間を行く最近流行のトーンだと思います。
多分彼はリアマイクの音の抜けが好みに合ったんだと思います。とてつもなく抜ける音で金銭的に許すなら私も一度は弾いてみたいギターの1本です。

最近の彼はソロの時に結構リバーブを多用している様です。多分デジタルのリバーブだと思うんですが私個人の解釈では、意外にもツェッペリンの後期の頃のジミー・ペイジのリバーブの雰囲気に近い感じがして仕方有りません。

目前に迫ったブルーノートでどんなギターを使ってカールトンとどんなプレイをしてくれるか今から楽しみで仕方ありません。
個人的には、ドラムのトス・パノスが物凄く楽しみです。

スポンサーサイト

Profile

Les Paul L-5

Author:Les Paul L-5
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO