過去のライブ体験・自由が丘ファイブスポット編。

ライブ体験と言えるかどうか分かりませんが、東横線の自由が丘(駅)に“ファイブ・スポット”と言うジャズのライブのお店があって度々通っていました。ライブの無い日はジャズ喫茶の様にジャズが流れるんですが、よくありがちな隣で腕組みをして俯いている方に気を使って小声でヒソヒソ注文して・・・って感じがなくて子供心にも好感のあるお店でした。
通っていた時期は私が17~19才の時期で年代的には70年代の終わりの頃でした。

私は三軒茶屋(三茶で通じる事になったのは何時からか分かりません・・)で育って親類も世田谷近辺に住んでいて、一番若い叔母が結婚して自由が丘に住んでいました。
叔母の所に遊びに行くようになって自由が丘を体験するんですが70年代はまだまだ地味な印象の街で80年代になってオシャレな街の代名詞みたいに扱われる前の自由が丘でしたね。

自由が丘デパート・花キャベツ・ロマンシューズ・亀屋万年堂・風月堂(当時あったとは思いますが定かでは・・)あたりが私も知っているお店でしたが、殆ど行く事はありませんでした。
用があったのってマルイ(つい最近無くなったのを知って驚きました)とその並びの小さいヤマハ位でした。マルイは小さい楽器売り場があったし、ヤマハはレコードを売っていたので行きました。
自由が丘は今でも近くに行く事があると立ち寄るんですが、当時の面影はすっかりなくなって夏の軽井沢に近い雰囲気が1年中続く街に感じます。
80年代の後半にもミュージシャン仲間と深夜のお茶に最適なお店が何軒かありましたが、全て無くなっていたのは仕方の無い事ですね。

さて、ファイブ・スポットなんですが・・・何かの雑誌だと思いますが渡辺香津美さんがデビュー前から出演されていたお店だと書いてあったと思います。
当時の私には新宿(しか無かったんですが)のピット・インは距離的にもお店の雰囲気も敷居の高い印象で、ジャズを知らないロック少年は雰囲気に圧倒されてましたね。
ファイブ・スポットの方は初めてが叔母夫婦と一緒だった事もあったし、お店も広くて明るい印象でそれ程の違和感はありませんでした。

ジャズのライブ(当時は生演奏だと思っていました・・ライブはホールでやる事だと思っていました)を見るのは田園コロシアムのVSOPが多分先だと思いますが、今では正確に思い出せません。
今では信じられない話ですが当時は東京ですら音楽的な情報量が圧倒的に少ない訳で、自分自身で体験するしか無い状況でした。10代の私にとってジャズ演奏は未知の領域の音楽でドラムのシンバル・レガートすら「なんでバシバシ叩かないんだろう?」と思うレベルでした。「なんでギターがいないのか」とかも本気で考えましたね(お恥ずかしい・・・)。

初めてファイブ・スポットで観たバンドはテナーにピアノトリオの編成でしたが、当然演奏されたミュージシャンのお名前はおろか曲名などは知る由もありませんでした。
後に何度か通ってテナー・サックスを吹かれていた方が尾田悟さんと知る事になります。そんな状態でピッコロベースで有名な鈴木勲さんも聴いた後にお名前を知るなんて事にもなりました。ピアノの大御所今田勝さんのお名前は知っていたので大丈夫でした。
内心は渡辺香津美さんを見れるのでは・・・と最後まで期待していました・・・残念ながら実現はしませんでした。

お店のオーナーが著名なジャズ評論家の方で、お店の名前ファイブ・スポットがN・Yにあるジャズ・クラブと同じ名前で、そのお店の名前を使った「ファイヴ・スポット・アフターダーク」なんて曲もある事を知るのは数年先になります。

そんな当時の私でしたが、生のジャズの音・演奏に接した事はいい経験だったと思います。どんなジャンルの音楽もそうだと思いますが、やはりライブ演奏を観る事が音楽を肌で感じるには最良の方法だと思います。たとえ聴く側がその音楽について未熟でも、聴く事に絶対に損はないと思います。

何故ならジャズの臨場感とかロックの音量(特にベース)とか一流ドラマーのタイム感とか演奏者の表情や動き・・・そんな事ってスタジオで完結するレコード・CDからは、中々読み取り難い部分ですよね。
今では音楽の映像が簡単に手に入って何時でも誰でも見る事が出来ますが、ライブでしか体験できない事は昔も今も変らないと信じたいですね。
特に音楽を目指す人にとって、そこが“感性”を最も成長させると思います。

数年してその頃より少しだけ音楽的に成長した私が、お洒落なお店が増え女子大生ブームの主役達で溢れた昼下がりの自由が丘に立寄った際にマルイ(名前も〇I〇Iに変っていましたが)とマルイの間の路地にあるビルの看板に、ファイブ・スポットの名前を探しましたが・・・24と書いてありました。
ファイブ・スポットはかなり洒落た中華料理のお店になっていました。

“トニホー”と読みますよ・・・と気さくで日本語のたどたどしい店員さんが言っていましたが、果たしてそうなのかは謎です。
その時食べた炒飯が凄く美味しくて“トニホー”には数回足を運びました。


スポンサーサイト

過去のライブ体験・パラシュート編。

最近は昔の話をあまり書かなかったので、又々昔話に戻ってしまいます。

パラシュート・・・言わずと知れた日本のトップスタジオミュージシャンが集まって作ったバンドでした。
images.jpg


ギターが当時(70~80年代)を代表する松原正樹さんと今剛さんのお2人でした。
お2人が揃って同じバンドで演奏する事も凄かった事ですが、私が一番惹かれたのはドラムの林立夫さんでした。
林立夫さんは当時すでに伝説のドラマーと化していた程の腕利きドラマーで、生で見れる事自体珍しい事だったと思います。
しかもその後は、とある事情で音楽業界から姿を消してしまった位ですから正に伝説のドラマーですよね。

パラシュートを見に行くきっかけは随分前の記事に書きましたが、松原さんに「今度ライブがあるから見に来なさい・・・」みたいな事を言われてその気になって行きました。
確か80年か81年だったと思います。夏だったのは記憶しています。
場所はやはり当時の流行のライブハウスだった六本木のピットインでした。

勿論入場料はお支払いして入ったんですが、ずうずうしくも一番奥の関係者席で最初から最後まで見させて頂き、大変恐縮した覚えがあります。

ピットインは楽屋らしき物が無かったと思います。
演奏後のミュージシャンが戻って来た時は、まだまだ子供だった私は今剛さんに席をお譲りした事を今でも覚えています。

そのライブの前には確かアルバムが出ていた筈ですが、私は持っていませんでした。
そんな訳で比較的知らない曲が多かったんですが、今剛さんの“スタジオ・キャット”松原さんの“流宇夢サンド”の中の曲を演奏してもらった時は涙モンでした。

私はステージの一番右の所で見ていたので、真ん前が今剛さんでした。ブギーの100Wの白を使っていてブラウンサンバーストの335で押し通していましたが、さすがのサウンドでした。
今さんのインパクトが強過ぎて松原さんのギターが随分大人しく聞こえた感じがしました。

松原さんは何本かギターを取り替えて弾いていたので正確には何を使っていたかは思い出せませんが、シェクターのテレキャスだけは記憶に残っています。

キーボードの安藤芳彦さんとベースのマイク・ダンさんは初めて見る方でした。
ただキーボードは私から一番離れた所で演奏していたので、イマイチ聞こえづらかったでした。

パーカッションの斉藤ノブさんが殆どのMCを担当されていて、とても和やかなMCでリラックスした雰囲気を作ってくれていました。

ドラムの林立夫さんですが、ヤマハのセットを使っていました。
物凄くクールな表情で叩きながらも、怖ろしくグルーブするドラムワークには圧倒されました。
シンプルなパターンを刻んでいるんですが、時折物凄く凝った小技やオカズが絶妙のタイミングで入って来るのでビックリした覚えがあります。
偉そうな言い方で失礼だとは思いますが職人技・・・と断言出来ると思います。

そのライブを境に林さんの叩いている音源を結構聴きあさりました。
ユーミンのレコーディングなんかを聴くと、やはり作り込んだフレーズが見事に歌とマッチしていてとても参考になったと言うか、歌伴でのドラムの私の中の基準になっている位です。
一時期ドラムを辞めてしまってとても残念でしたがその後復活された様でとても嬉しく思います。

とにかくバンドとしてのバランスやギター2人のバランスの取れたギターワークは本当に勉強になりました。
特に今剛さんの弾くギターのウネリのあるフレーズやグルーブするカッティングには痺れました。
その後の私のギターに随分影響を与えて頂きました。

ギターは2人共がこれでいいの???って思う位の爆音でした。
基本的にギターバンドだったんだと思います。

その後のパラシュートはやはりメンバーのスケジュールが猛烈に忙しかったんだと思いますが、あまりライブを演っていなかったんではないかと思います。
本当に初期のライブを、しかも真横で見れた事はこれ以上無いいい思い出です。

最近のギター雑誌を見ると、今剛さんが“スタジオ・キャット”以来のソロアルバムを出したとの事。
近々アマゾンで買おうと思っています。

過去のライブ体験・紫編

私が高校に入学して、一番最初にしたことは楽器をやっている同級生を探すことでした。
私の行った高校は都内の付属校で男子校でした、1学年に2クラスしかなく全校あわせても6クラスしか無い少人数の珍しい高校でした。
現在は共学校になってしまっている様で個人的には少し残念な感もありますが・・・。

当時の私立高校にしては稀な髪型自由な学校で(私の通える範囲では他に存在しませんでした)当然、ロック少年だった私はピンポイントでその学校に的を絞ったわけです。
願書を提出しに行った時に在校生達が考えられないロングヘアーで校内をウロついているのを見て、ここしかない!と決めたくらいです。

中学の時の家庭教師の先生が慶大生で“ライト・ミュージック”でベースを弾いていた方でした。
勉強以外の音楽について色々教わった事が昨日の事の様に思い出されます(苦笑)。

先生は勿論ギターも当時の私よりはるかに上手くて、ビブラートやチョーキングなんかも教えてもらっていました。
一時間だけ勉強して後一時間ギターを教えて貰った事もあります。
私の最初の音楽の先生だった様な感じです。
先生に「音楽やりたいならここと、ここの大学がいいよ」なんて教えて貰ってそこの付属を狙ったわけです。

そんなこんなで見事高校に入って何人か楽器をやっている連中を見つけて、学校帰りに遊んでいた訳です(当然、全員帰宅部でした)。

そんな時、高1の夏休み前に日比谷の野音で“紫”の都内で初のワンマンライブがあったんですよ。
同級生何人かと行った訳です。

当時の日本の音楽シーンは地方から続々といいバンドが名乗りを挙げていた時期で、金沢から“めんたんぴん”名古屋から“センチメンタル・シティ・ロマンス”九州から“サン・ハウス”関西から“ソーバッド・レビュー”とか“サウス・トゥ・サウス”沖縄から“紫”と“コンディション・グリーン”とか・・・・他にも数多くのバンドが地方から続々と東京に進出していました。

“紫”は名前からも分かる通り、パープルを強く意識したバンドでした。海外でもパープルの弟分的な“ナザレス”なんてバンドが居た位でした。
ナザレスは結構好きなバンドでしたが、全く売れなかったのが残念です。

私達高校1年生軍団は入場料(1000円以下だったと記憶しています)を払ってから、ナント席にはつかずステージサイドの楽屋に直行すると云う暴挙に出ました!

最初はサインでも・・・と思って行ったんですが、当時はまだまだ大らかな時代と云うかコンサートも手作り状態だったのか出番前の紫のメンバーの楽屋に見事に潜入してしまいました。
出番前にも関わらずメンバーの人もナント我々の質問に丁寧に答えて貰った事がとても印象深い思い出です。

スティックでバチバチ手を動かしているドラマーの宮永さんに私が「今日はパープルのバーンやるんですか?」と聞くと気さくに「1発目にやるよ、楽しみしててね」とかギターの方(お名前は忘れました・・・すいません)がバリバリに黒にローズネックのストラトを弾いているのに「弦は何ですか?」なんて聞いたりして、都内のガキは何て生意気なんだと思われた事でしょう。

リーダーのジョージ紫さんは椅子に座って腕組みをされていて、子供心にも話掛けられないオ-ラが出ていてお話し出来ませんでした。
1年後位に終電間際の東横線の渋谷駅で見つけた時は物凄く気さくにお話しして頂きました。

そんな感じで本番直前まで楽屋にいた我々は更なる暴挙に出ました・・・!
ナント、ステージ横でライブを観戦してしまったんです。誰にも注意されず最後まで見届けました。

ライブはよかったでした。とにかく沖縄で評判のハードロックバンドです、演奏は完璧でした。
音のデカさもハンパではなかったです。
ステージサイドで聴いたマーシャルの爆音は今でも記憶に残っています。

オープニングの“バーン”も私も当時かなり弾ける自信があったんですが(子供でしたね・・・)脱帽でした。
ライブはオープニングから盛り上がりっぱなしで紫の評判通りの素晴らしい出来でした。

一番印象に残っている曲はユーライア・ヒープの名曲“ジュライ・モーニング”です。
紫がパープル以外のバンドのカーバーをやったのは、この時のライブではこの曲だけでした。

名盤“対自核”に入っているバラードの名曲で私も持っていたレコードでしたので、感動物でした。
You Tubeでかなり最近のバージョンも聴きましたが、素晴らしいです。

ロックバンドのバラードには数々の名曲がありますが、“ジュライ・モーニング”は私的には世間の評価が少しばかり低いと思います。
曲中のギターソロなんかは中々の出来ですし構成も凝っていて、今聴いても素晴らしい曲です。
個人的には天国への階段・・・よりは好きかもしれません(歌の出だしがソックリなのが頂けませんが・・・)。

当時のロックコンサートは周りの人達が皆大人に見えて、自分達も少しでも大人に見せようとしてたオコチャマだった訳で紫の皆さんにはとてもご迷惑だったと今考えると申し訳ない感じです。

そんな訳で、ずうずうしい高校1年生の時代の微笑ましい(?)ライブ体験と云う事で・・・・。



過去のライブ体験・竹田和夫&オールスターズ編。

最近の話を書き始めたところで又々昔話しになってしまいます。
どうしてもこのライブだけは印象深くて書きたいネタでした。

竹田和夫&オールスターズ・・・確か一度きりのバンドだったと記憶しています。
私が見たのは1977年ですので、私が高校2年の時でした。
場所は渋谷の“屋根裏”でした。たまたま通り掛った時にそのライブをやっていたので偶然見れた訳です。

何故印象深かったかと言うと、ホーンセクションの入ったバンドを見たのってこの時が初めてだったんですよ。
まだまだロック少年だった私はとても新鮮な編成でした。

編成は記憶している限り、ギターが竹田和夫さん・もう一人のギタリストが名前は覚えていませんが使っていたギターが記憶に残っていてギブソンのL5-Sのサンバーストを使っていました。

このギターは当時使っている人は珍しかったと思います(同時期にパット・マルティーノくらいしか使っていた人がいいなかった筈です)。
数年後に私が偶然ある現場でそのギターを持っていた人と遭遇したので尋ねたところ、オールスターズで弾いていた方だったんですよね。

ベースは当時名前の売れていたチェピート竹内さんで、バリバリのチョッパーベースを目の当たりにしたのもこの時が最初だった気がします。

ドラムとボーカルは今は亡きアイ高野さんで竹田和夫さんとはチョット結びつかない感じでしたが、ステージパフォーマンスとドラムの腕にはビックリした記憶があります。
セクシーな女性ボーカルの方もいたんですが、お名前が分かりません。

それにキーボードは誰が弾いていたのか記憶が曖昧ですが、柳田ヒロさんだったと記憶しています。
間違っていたら誰か教えて下さい。
ホーンセクションもその時は誰だか名前すら知りませんでしたが、スペクトラム関係の人達だと後々知ることになります。

当時はちょうどクラプトンが“461オーシャンブルーバード”を出した後で、世の中ヘビーな音からレイドバックと呼ばれる音が流行っていた時代でした。
日本でも私が好きだった近藤房之助さんがいたブレイクダウンってバンドがかなりいい感じのレイドバックした音を出していました。
竹田和夫さんもクリエイションでガンガンにやっていたのを180度方向転換した音のバンドでした。

クリエイションでの演奏しか耳にしていなかった私がオールスターズの時の竹田和夫さんの演奏には正直ビックリしました。
竹田和夫さんは全編ホワイトボディーにメイプルネックのテレキャスで弾き倒していました。彼がテレキャスを弾いている姿は後にも先にもその時だけです。
アンプは確かジャクボックスを使っていたと思うんですが・・・これも記憶が確かではありません。

恥ずかしながらテレキャスターがあんなにいい音するって事もその時初めて知りました。

私が知っている曲なんてのは殆どありませんでした。
レイドバックと言ってしまえば当時はそれで通じたんでしょうが、今考えてみればかなりソウルフルな熱い演奏でした。
ホーンセクションに完璧なリズム隊の上で竹田和夫さんの弾くナチュラルトーンの良さと言ったら、まだまだ音楽的に子供だった私には強烈な印象でした。

セッション的なバンドだった筈なので、その後の活動は定かではありませんが伝説に近いバンドのライブを見れた事はとてもいい経験だったと思います。

その後クリエイションとしてフュージョン的な音を取り入れてヒット曲を出したんですが、残念ながら私としてはその時のクリエイションは決して好きな音を出すバンドではなくなっていました。

竹田和夫さんは残念ながらその後渡米してしまい、日本での活動は殆ど無くなってしまいました。
渡米後はES-175なんかを使ってバリバリのビ・バップを弾いていた時期があって私もとても興味深く注目していました。
今でもYou Tubeなんかで渋いギターを弾いてる姿を見ると素晴らしいギタリストだと感心する次第です。

日本でも数少ない伝説的なギタリストであった事は間違え無いと思います。

私の友人がロスでセッションギタリストをしていますが、竹田和夫さんと親交があるらしくたまにメールで噂話しを聞かせてもらっています。
Kaz_Makoto.jpg

当時の“屋根裏”には足繁く通ってはいいライブを沢山見れた事がその後の私の財産になっています。

過去のライブ体験・ジョージ・ベンソン編。

ジョージ・ベンソン・・・
ハッキリ言って大好きなギタリストです。ストレートなジャズアルバムを出していた頃から好きなギタリストでした。

ブリージンがヒットする前のジョー・ファレルと共演したアルバム“ベンソン&ファレル”は今でも大好きなアルバムです。
当然ブリージンも同じ様に好きなアルバムです。

私が過去にベンソンのライブを見たのは1回だけ、確か84年か85年の名古屋城ホールでした。

あるツアーの空き日が名古屋で1日あって、スタッフからベンソンのライブが今晩あると知らされて速攻で行く事に決めました。
運良く当日券を手に入れる事が出来、バンドメンバー2~3人と一緒に見に行ったんですよね。

当時のベンソンはブリージン以降、最もジャズから遠ざかった時期ではないでしょうか。
ギタリストの私としてはベンソンの弾くジャズギターを聴きたかったのですが、ほぼダンスミュージックっぽいファンキーな曲ばかりでした。

ギターを持たないで歌に専念する事も多々あって、私的にはチョット的が外れちゃった印象でした。
時代背景を考えると仕方が無いでしょうね・・・。

しかしやはり流石はベンソン!
ソロをとった時のフレーズや音は他の人には出せないベンソンサウンドでした。

バックミュージシャンも流石に黒人の一流どころ(セカンドギターとシンセの方が白人だったと記憶しています)のグルーブには感心させられっぱなしでした。

まぁ、あれだけボーカルアルバムがヒットしてしまうと観客に受けるのはストレートなジャズよりダンサブルなボーカルナンバーなのは仕方が無いとは思います。私でもそうしたと思います(笑)

そのライブから中々ベンソンを見る機会はありませんでした。
ただ90年前後に出したビックバンド(ベイシー楽団だと思います)との共演アルバムはこれ以上無い・・・と思われる素晴らしいジャズギターを弾きまくっています。

近年の彼も年齢のせいか、マッコイ・タイナーと演ったりして随分ジャズギターを弾いていてくれるのでとても嬉しく思います。



私が見たライブの時は既にイバニーズのベンソンモデルを使い始めていた時期でした。
アンプは何を使っていたか良く分かりませんでした。
確かに素晴らしい音で弾いていましたが、出来ればもう少し小さいホールで弾く彼の音を聴いて見たかったです。

噂では彼のイバニーズは市販品とは全くの別物らしいです。

実際レコーディングで弾くギターはイバニーズ以外の物を使っているようですし・・・。レコーディングで使うアンプも彼にはちょっとミスマッチ?と思われる“ダンプル”らしいです。

私も何度か友人の持っていたベンソンモデルを弾かせてもらったり、楽器店で弾いた事がありますが市販品はイマイチぴんときませんでした。

私のギター人生ってフルアコには意外と縁が無いんですよね。
欲しいフルアコはあるんですが、値段が7桁になっている今のご時世では中々手が出ません・・・。

そんなこんなで一度しか見ていないベンソンですが、印象はあまりいいものではありませんでしたが次の機会があれば是非期待して聴きに行こうと思います。

Profile

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉県千葉市在住

楽天 IKEBE & ISHIBASI Online

KriptonSpeakers

Amazon.co.jp

Buffalo Logitec

ドスパラ BTO

Sarch

Kings Soft

ブロとも申請フォーム

ISHIBASI Online

ドスパラ BTO