ブギー&ペダルボードの使用報告。

先日のリハーサルで初めてブギーとペダルボードを使いました。
私なりの感想を書こうと思います。

まず、ボードの方ですが唯一心配していたノイズの面はほぼノイズレスのレベルでした。
電源関係のノイズを心配していたんですが、ノアズアークのパワーサプライは中々の出来だと思います。

歪み系が2種類あるのは思った以上に効果がありました、MXRの歪みは比較的RATに近い感じなんですが、ブーストを掛けると線の太さが加わって音のキャラクターが変るので結果として3種類の歪みが使える状態です。

取り敢えず・・・みたいな感じで入れたコンプも思った以上の音でした。
原音がほとんど失われない事以上にピッキングに対しての反応がとても良いのが印象的でした。
ただ、ほとんど使う事はありませんでした・・・。

ブギーの方ですが、フェンダーのブルースデラックスより少しだけパワー不足の感じはしますが使用する上で問題は全くありませんでした。

音はとにかく“いい”の一言です。
中域の張りがとてもフェンダーでは出ない音ですし高域も音痩せがしないので、使い勝手は幅広いです。
10インチスピーカー1発なのでBASSの設定がまだ自分でも決めかねています。

ジャズトーンから歪みまで今のところオールマイティーに使えるのでこれからが楽しみです。


スポンサーサイト

ペダルボード完成。

今日仕事から帰ってみたら、通販で買ったカスタムオーディオジャパンのボードケースが届いていました。

あらかた事前に作っていたのですが、搭載する段階でコンプに上手くシールドが入らない事に気が付いて修正しました。
ボードを持つ取っ手にコンプが干渉してしまうんですよね。
結果的にコンプの位置を下に下げて解決しました。

完成したボードはこんな感じになりました。

エフェクターボード

ボード自体は横幅が80cmあるのでとんでもなくデカく感じますが、バラでこれらを繋いでも結果的には同じ位場所を取ってしまうので仕方が無いと思います。

今回ボードを作るに当たってネットで色々な人のボードを拝見させて頂きました。
物凄く凝ったボードなんかは、エフェクトを一段上に配置してケーブル関係を下に通してスッキリ見せている・・・なんて凄いのもありましたが、ケーブルの差し替えやエフェクトの入れ替え時に大分手間が掛かりそうだったのでオーソドックスなケーブルの見えるタイプにしました。

実際のところは不器用な私なので初心者的なボードしか作れなかったのが本音です。
ただケーブルの取り回しや差し替えが、エフェクトをギチギチに詰めたボードではないので凄く楽です。

パッチケーブルなんですが、楽器店で見るとボードビルダーで有名な“ピート・コーニッシュ”のケーブルなんてのが目の玉が飛び出る値段で売っていました。
私はケーブルの耐久性やトラブルがあった時にすぐ手に入る“プロビデンス”の廉価版のケーブルをチョイスしました。
予備のケーブルも必要なので多めに必要だった事もありますが、リーズナブルな値段の割りに性能がまずまずだと評判なので決めました。

この際だと思って通常のケーブルも“プロビデンス”に代えました。色が紫色なのがチョット気になりますが、暫く使ってみようと思います。
ステレオでやる事も考えてこちらは3本買いました。

取り合えず自宅で音を出してみて、動作・ノイズ共に問題がありませんでした。

信号の流れは、ギターコンプループセレクター(チューナーアウトにチューナー・ループ1にMXR・ループ2にブルースドライバー)ボリュームペダルディレイライン6のモジュレーションアンプの順番です。
ボリュームペダルを使わないジャズセットの場合は、コンプとボリュームペダルはスルーしてループセレクターに直接入れる予定です。

唯一心配なのは、ループに繋いだエフェクターを常にONにしているのでエフェクター内部の加熱なんかは大丈夫なのか気がかりです。
しかし良く考えてみれば、昔はラックタイプのディレイでショートディレイはほぼ全編掛けっぱなしだった事を考えれば大丈夫かな・・・とも思います。

そんなに色々奇抜な音の出るボードではないと思いますし、私もそんなに色々な音を必要としてはいません。
歪みが2種類あるのは便利だと思いますし、ディレイも派手派手なディレイは掛けない予定ですし、ライン6もディメンションかトライコーラスの音しか使わないと思います。

将来は何かエフェクターを差し替えるかもしれませんが、暫くはこれで充分以上のサウンドが出ると思います。
昔と違って今はギターの生音あってのエフェクト・・・と言うか生音優先でこれからも弾いていく予定です。

欲を言えばもう1台のディレイとリバーブが入れられればいいんですが、スペース的にもちょっと無理がありそうなので先送りになりそうです。



新加入のアンプの話し。

今日はエフェクトボード用のケーブルとDCケーブルを用意する為、渋谷の某大型楽器店に出向きました。
大型店のいい所は、色々な種類のケーブルがほぼ揃っている事で私の住んでいる千葉市内にはチョット無いんですよね。

買ったケーブルは相当数です。

ケーブル各種

真ん中のプロビデンスの2,5mケーブルは3本まとめて買いました。DCケーブルも長めのが2本必要だったので一緒に買いました。
やっぱりケーブルって高い!
昔はこんなに高くなかった・・・と記憶しています。

大型楽器店に折角行ったのですから、一通り各フロアーを見て回りました。。。
私が釘付けになったのはアンプ売り場でした。

ハイエンドと呼ばれるメーカーのアンプも結構値引きされていました。
そんな中で私の目に止まったアンプがこれです!

ブギー

ブギーのエクスプレスっていうモデルで、前から気になっていたアンプでした。
値段も代理店の在庫処分みたいな感じで、もの凄く割安感がありました。

店員さんに何でもいいから・・・とレスポールを持って来てもらって取り敢えず弾いてみました。

納得の音でしたね。
音の立ち上がりとコシが私のブルースデラックスを随分と上回っていました。
クリーンのみで試奏したんですが、昔のブギーらしいクリーンでした。

実は私は前の記事でも書きましたが、50Wのブギーを持っていました。
色も同じ黒だったので衝動買いしてしまいました。

家に帰って取り敢えず色々と試してみました。

出力は25Wと5Wの切り替えが出来るタイプですが、ほぼクリーンしか使わない私は25Wでしか使わないと思います。
遊びで少し歪ませてみたんですが、中々いい感じでした。

リバーブが昔のブギーと違って凄く進化していました、凄くクリーンなリバーブが掛かります。
ただチョット細かい調整が出来ない感じが今はします。

336とレスポールの両方で家で弾いたんですが、どちらとも相性がいいみたいです。

これでやっとアンプが2台になったので、ステレオでやる事も可能なので楽しみです。

今日買ったばっかりなので暫く使ってから感想を又の機会に書くつもりです。

ブルースデラックスとはチョットだけキャラクターの違うクリーンなので、ステレオではなく2台同時に鳴らすなんて事も面白いかもしれませんね。
ブギー単体だと、若干パワー不足かもしれないので2台使うかもしれません。

キャラクターの違う2台を同時に鳴らすのは意外に効果あるんですよね。
サンタナなんかは、ダンプルにブギー2台・・・合計3台鳴らしてあのトーンを出しているみたいだし。

いずれにしても、今後色々なチョイスが出来るので試してみます。


エフェクトボード作製の途中経過。

今日は有給休暇を利用してペダルボードの自作に当てました。

とりあえず必要だったのがエフェクターボード本体だったので行きつけの楽器店に出向きました。
楽器店で相談したところ、あと必要な物が2つ必要になってしまいました。

入れるのを止めよう・・・と思っていたコンプとループセレクターを入れる事にしました。
コンプもループセレクターもノアズアーク製の物で、随分値引きして頂いて買いました。

最初はダイナコンプにしようと思ったんですが、コンプ自体あまり使わないし楽器店ではダイナコンプよりも原音が失われないとの事でしたので折角だからこの際入れる事にしました。
取り敢えず入れておくだけで、使う頻度は多分少ないと思います。

ループセレクターは2系統のループとチューナーアウトそれに、バッファーのON・OFFが付いている優れものです。
実はジャズセットの場合ボリュームペダルを使う必要が無いのでボリュームペダルからのチューナーアウトが使えなくなるのが困っていたんですよね。

同じジャズセットでもほぼ歪み系を使う事は無いので生音が失われない為に2系統のループ共2台の歪み系に繋ぐ事にしました。

楽器店には私の欲しいサイズのケース本体の在庫が無くて、問い合わせてもらったら入荷までにチョット時間が掛かるとの事で一旦保留としてエフェクターだけを買って帰って来ました。
帰ってネットで調べたら、ある楽器店のネット通販で希望するサイズの在庫があったので早速注文しました。

カスタムオーディオジャパンのケースです。定価はチョットいい値段ですがこちらもそこそこの値引きで出ていたので納得の行く範囲でした。

次にホームセンターに出向いて、ボードに合う薄めの板を購入。ボードより2mm小さめに加工してもらいました。
それと同時に木ネジとワッシャー、エフェクターを固定するプレート、板の上にひく薄めのスポンジを多量に購入しました。(失敗した時の事を考えての事です)

一番苦労したのはエフェクターの配置でした。
フットスイッチの踏み易さは勿論ですが、ケーブルの取り回しの最適な配置とケーブルが駄目になった時に簡単に交換が出来るようにエフェクターの間隔を比較的開けました。
エフェクター同士の間隔を空ける事でノイズの面でも少しは良いのかな・・・とも思います。

ループで使う2台とチューナーは踏む必要が無いので奥に配置しました。
(MXRの歪みはブーストとドライブの切り替えの時に何とか踏み易い位置にしてあります)
又、ボリュームペダルを使う時や使わない時のケーブルの差し替えも楽に出来る事も考慮しました。

配置は以下の感じです。

エフェクターボード-Ⅰ

この配置に至るまで、約1時間弱考えました。

配置が決まってしまえば後はエフェクトの裏蓋のネジを利用してプレートを取り付けて、1個ずつ位置を確認しながら地道に固定して、何とかセッティングは無事に終了しました。

エフェクターボード-Ⅱ

よくありがちなマジックテープでの固定と違って、金属プレートで直接板に固定しているので全くガタつきが無くて中々自分でも上手く行ってビックリしています。

ライン6とパワーサプライの間が随分空いていますが、ノイズ対策の為ライン6は専用のACアダプターを使う予定でいるのでライン6のやたらと大きいアダプターを置く為のスペースに充てました。

あとはケース本体が届くのを待ってセットするだけです。
予定ではケースと板の間に薄めのゴムパットを敷く予定です。エフェクター全体の保護と運搬時のズレを防ぐのが目的です。

ケースが来てからケーブルを繋ぐ予定です。
不器用な私が自分で出来たので皆さんもチャレンジしてみて下さい。

何だかんだと予定外の物も増えてしまいました。
ボードを作るとエフェクト本体よりも周辺のパーツの出費もバカにならない事も今回わかりました。
何とか現状では満足の行くボードが出来たと思います。



新加入のエフェクターの話し。

前回の日記で“ブルース・ドライバー”の限界を感じた事を書きました。
ブルース・ドライバー自体はあの値段では考えられない位の歪みを表現してくれます。
ただやはりBOSSの音がするんですよね。

そんな訳で新しい歪み系のエフェクトをここ何週間で探していたところなんです。

フュージョンバンドをお手伝いしてからというもの、何年振りかでエフェクトを掛けてギターを弾いてみると、ジャズとは違った気持ちよさがあるんですよね。
又エフェクター熱が蘇る感じがしました。

そんな訳で色々なタイプの歪みエフェクトを試してみたんですが、値段が高い割には私の好みの歪みが期待出来ない物も多々ありました。
そんな中でもMXRのブースト・オーバードライブを試してみたところ意外にも昔のMXRとは違う抜けの良い、それでいて線の太い歪みが結構気に入りました。
ブーストも単独で付いているので色々と使い勝手の面で将来的に使えるかな・・・と思って決めた次第です。
ロベン・フォードみたいに軽くブースターを掛けてクランチさせたアンプで弾くなんて事も出来ますしね。
ノイズの少ない事も一因でした。

実は試奏したお店での値段が24.000円を超えていたんですが、ネット通販で調べたら16.000円で出ていました。チョット得した気分です。

エフェクター

エフェクトが増えすぎてしまったので、ライブでの使い勝手を考えて今回を機にペダルボードを作る事に決めました。
その為に画像にあるように、ノアズアークのパワーサプライとボード用のチューナーも同時に買いました。
まとめてネットで注文した次第です。

本当はTCのリバーブも入れたいんですが、今すぐ必要でないので暫く考えてから入れるかもしれません。
リバーブってライブで使うのは結構難しいエフェクトなんですよね。
ただ、上手く使えればかなりの効果が期待出来るので将来はボードに入る可能性は大です。

コンプも本当は必要かな・・・と考えたんですが、今の私のスタイルには必要ないと結論付けました。
ギターのダイナミクスを大事にしたいのとカッティングに於いてもタッチの表現を重視したかったので、そういう結果になりました。

それと、最近流行のループセレクターみたいな物は入れない事にしました。
そんなにループさせるエフェクトもないし、ループセレクターってステレオのIN・OUTが付いていない物が殆どなので、将来的にはステレオのセッティングにしたいので見送りました。

ボードに入れる予定のエフェクターも全てトゥルー・バイパス仕様のエフェクターなので使わない時の音質劣化はさほど気にならないし、ループセレクターを使うと意外とシールドの長さが必要になっちゃうので意外と劣化するんですよね。

ボリュームペダルも実はボードには入れない予定です。ボードの外で使う予定です。
理由は2つあって、1つはジャズセットの時にボリュームペダルはまず必要が無いのが理由です。
2つ目は、ボリュームペダルを入れる事でボードが横長になってしまいます。
それって凄く足の移動範囲が広くなっちゃうので、ボード自体を少し斜めに置いて、その横にボリュームペダルを置くと移動範囲が多少楽になるんですよね。

ブルースドライバーは引き続きボードには入れる予定です。
MXRとは違うキャラクターの音と言うか、BOSSの音はやはり必要なんですよね。
歪み系のエフェクト2種類入っていると、曲調によって使い分け出来るのが一番のメリットだと思っています。

ライン6の歪みも実は考えたんですが、やはりアナログ回路のエフェクターの歪み世代なのでチョット好みとは違っていました。

チューナーに関してですが、たまにこのブログにコメントを頂いている“りゅーすけさん”と最後にお会いした時に見せて頂いてルックスも気に入りましたし、彼に使い勝手の良さを聞いたのが参考になりました。
私はコルグ以外のチューナーは使った事が無いのでこれから先もコルグにしようと思って決めた次第です。

パワーサプライに関しては随分悩みました。色々なメーカーから色々なタイプが出ているのも原因ですが、使ってみなければ分からないのが正直なところなので雑誌で見て比較的使い易そうな事が書いてあったので決めました。

ライン6のモジュレーションは基本的に専用のACアダプターを使う予定なので、コンセントが付いている事も決め手になりました。

現役当時はエフェクターボックスにしろ、ラックの配線から電源まで全てその手のプロに任せていましたが、今回は自分で自作してペダルボードを作るつもりです。

ただ私はハンダ付けすらやった事の無い不器用人間なので、作る自信は15%を切っています。
ちなみにギターのメンテに関しても弦の交換は出来ますが、他に出来る事といったらストラップピンの交換位だと思います。
2週間経ってもメドが立たなければ、どこかのお店で組み込んでもらう事も今から考えています。

読んで頂いた方で、何処かいいショップがあれば是非紹介して下さい。

どんなペダルボードが出来上がるかは全く見当も付かない状態です。
出来上がりましたら直ぐにアップする予定です。