Ⅱm7-Ⅴ7 の落とし穴。

トニック・コードへの解決法の基本は、なにはなくてもⅡm7-Ⅴ7でしょう。
Key in C ならDm7-G7-C の流れです。この進行では何の問題もなくCへ解決出来る訳です。

ギタリストには、この当たり前の進行にも実践では落とし穴があります。
どこにあるのか、私の経験からひとつの例を書いてみます。

ギタリストはベーシストがいる編成ではベースがルートを弾くので、基本余りルートを強調したコードは、鳴らしません。
ポップス系では、特にそのへんは日常化していますからね。
しかもギタリストのバッキングでは1~4弦を中心としてコードを鳴らします。5弦や6弦でルートを鳴らすのはベースと確実に被るので、ほとんどしません。

ただどうしてもルートを外すポジションでコードを弾く時に、1点注意する点があります。
Ⅱm7-Ⅴ7 進行のⅡm7の時に7th 音は一番下へ持って来ないことです。

Key in C のDm7 の時、C音を一番下持って来ると、他のミュージシャンの耳にはDm7 ではなく、F として認識出来てしまうのです。
なのでコード進行的にはF-G7-C となって聞こえてしまうのです。
確かにDm7 とF はほとんど構成音が同じなので、ギタリストのポジショニングによってはF として聞こえてしまうのです。私もベースがルートに行くのだからと思って弾いていたら、指摘されました。

ジャズでは比較的問題はありませんが、それでもあまり良くありませんね。
ジャズの場合はベースがランニングしているので、どちらかと言えばギタリストは低音弦でルートを鳴らした方がよいかも知れません。

今回は”Ⅱm7-Ⅴ7 の時のⅡm7 で7th の音は一番下へ持って来ない”でした。
スポンサーサイト

トニック・コードの特性

トニック・コードと一口に言っても色々な特性があります。
基本中の基本は曲の最初に出てくるのが、普通はトニックです。スタートのコードとして使われる事が多いのは間違いの無いことだと思います。特にポップス系はほとんどは、そんなかんじです。
ジャズのスタンダード・ナンバーでは意外と6度マイナーから始まる曲も多々ありますが・・・。有名なところでは”Fly me to the moon”です。この曲はアドリブのスタートを、勘違いしてしまうと(トニックとして)何だか違和感のある調性感になりますので、注意しましょう。

トニックの特性の中で大きいのは、次にどんなコードへも進む事が出来ると言うことです。
このことは他のコードには無い特性のひとつです。ですから曲の出だしにトニック・コードが来ることになるのです。
C→C7と進行できる事だって違和感はないのです。
同じようにポップス系の王道の進行C→A7なんてのも何の違和感も無く感じられます。
後者の場合、ペンタトニックスケール1発でアドリブを取るギタリストをよくお見かけしますが、A7の時の構成音にはC#がはいっているので、ペンタ1発で乗り切らない様にすると、アドリブの幅が広がると思いますし、コード感が聞く人に感じられるソロになるはずです。

そんなわけで今回は”トニック・コードは次にどにコードにも行くことが出来る”でした。。。

20才の私。

バンドでB.C.Rich のイーグルを弾いている、カーリーヘアが20才の時の私です。
悲しいくらい懐かし映像です・・・36年前。戻ってもっと練習したかった。。。
ちなみにこの番組では、ほぼ初見での演奏でした。
譜面を見てカウントが出るまで1分位。カメリハが始まって、OKなら即本番でした。

アンプはブギーの50W です。ブラックのモデルでした。
カッティングのコーラスは確かMXR だったと記憶しています。。。


帰る所はトニック。

ジャンルを問わず、世の中に存在する数多の曲は、トニックコードへ解決して終わるはずです。何故か?
なぜトニックでメロディーが終わるのか・・・?
人間の聴く音の繋がりは、トニックに解決した時に”終止感”・・・つまりメロディーが終わった事を感じるわけです。
これはコードが鳴っていなくても、単音のメロディーでも同じことです。100人が聴いて、この感覚を感じない人は1人いれば奇跡的でしょう。

この事を踏まえて音楽(コード進行)を考えると、凄く分かりやすいのです。何しろ終わりが決まっているのですから。
最後が決まっている事を理解すれば、当然どうやって終わらせるかを考えれば良いのです。
この事はアドリブを取るプレーヤーは、”トニックへ帰させる”・・・と考えると随分と楽になるはずです。
途中の道程は全てトニックに向かっているのです。どんなに複雑なコード進行でもです。プレーヤーは解決に向かえばよいのです。行き先はひとつ(トニック)なのです。

コルトレーンが試行錯誤して作った有名な”コルトレーン・チェンジ”ですら、トニックにいかに解決させるか、有りきなのです。やはり終わりは決まっていることが大前提にあるのです。

この先はまた次回の記事で書こうと思います。
のんびりとブログをやって行こうと思って再開したので、ご理解ください。

今回の格言は”帰るべき所はトニック”です。